日常系アニメ難民問題…放送終了で絶望&次の居住作品に困窮

日常系アニメ難民問題キルミーベイベー

争い事や重苦しい競争や格差も無い、ゆる~い作中雰囲気で人気の日常系アニメ。現実とはかけ離れて理想化・モデル化された完璧な日常を堪能できる日常系アニメは、現実世界の日常が上手くいっていないアニメファン達・過酷な日常に疲弊しきっているアニメファン達の心のよりどころとなっているようです。

そこで大問題になるのが、1クールが過ぎ、最終回を迎えることで、心のよりどころを失った日常系アニメファンが大量発生して絶望感を抱えながら次の居住先アニメを求めてさまよう「日常アニメ難民問題」。日常アニメ難民を大量発生させた、中毒性の高い人気の日常系アニメについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

日常系作品とは?

日常系アニメ難民問題

登場人物が各々の性格から成る持ち味を発揮しつつ、「日常」を送る物語のこと。
作品の雰囲気(空気)を楽しむ内容のため、「空気系」とも呼ばれている。
ドラマで言うと、ホームドラマが雰囲気が近い。

キャラクターの「らしさ」が展開に影響する話が多いことから、日常と言ってもその中身は独特な形になることが多い。
SF、ファンタジー、大掛かりなバトルや鬱展開などのわかりやすい起承転結がないため、しばしば「中身がない」と揶揄されるジャンルだが、それゆえに肩の力を抜いて物語を見たいときには適しているとも言える。

日常系アニメ難民問題NEW GAME!

日常系アニメは、我々の日常を侵食し、ついには我々の日常とシンクロする。その最終回(1クールの場合12話目あたり) で多くの視聴者、……否、中毒者は耐え難い喪失感に苛まれるのだ。何故なら日常に明確な終わりなどあってはならないからだ。

もちろん、「卒業と同時に最終回」のような形を取る物語もあるが、アニメの場合、巻数の都合や1クールの都合などもあり、綺麗には終わらないことが非常に多い。だが、必ず終わりは来る。するとどうなるのか。難民が発生する。

日常アニメの他にも、癖の強いアニメなど、中毒性の高いものはたくさんある。そんな場合にも難民は大量に発生する。そしてまた難民達は安住の地を求めて彷徨うのである。

当ブログでの日常系アニメが人気の理由をまとめたページは↓からどうぞ。

なぜ日常系アニメ作品が好まれるのか?お手軽さがキーワード
ハデな事件も激しい感情の起伏もミステリーもファンタジー要素も無い「日常系」。普通に考えれば退屈そのものの漫画・アニメ分野なの...




ちなみに現実世界での極めて深刻な難民問題

日常系アニメ難民問題

難民は、対外戦争、民族紛争、人種差別、宗教的迫害、思想的弾圧、政治的迫害、経済的困窮、自然災害、飢餓、伝染病などの理由によって居住区域(自国)を逃れた、あるいは強制的に追われた人々を指す。その多くは自身の生命を守るため、陸路、海路、河路、空路のいずれかで国外に脱し、他国の庇護と援助を求める。現在の国際法では、狭義の「政治難民(Political Refugee)」を一般に難民と呼び、弾圧や迫害を受けて難民化した者に対する救済・支援が国際社会に義務付けられている。

彼らが渡った他国で定住化や集団化、集落化することが多いが、その地域でスラム化・犯罪の増加・地元住民と対立などの新たな社会問題や紛争を起こすことも多い。

可愛いキャラと正統派日常で大人気「きんいろモザイク」

きんいろモザイク日常系アニメ難民問題

芳文社『まんがタイムきららMAX』で2010年2 – 3月号掲載の後、2010年6月号より連載中。略称は『きんモザ』。

イギリスでホームステイを通じて友人となった日英両国の少女達が成長後、日本で再会して繰り広げる物語をコメディタッチで描く。



スポンサーリンク



2012年12月にテレビアニメ化が発表され、2013年7月から9月まで放送された。また、続編としてテレビアニメ第2期が2015年4月から6月まで放送された。

イギリスでホームステイをしていた大宮忍に、帰国からしばらく経った高校1年生のある日1通のエアメールが届く。差出人はイギリスで出会った少女、アリス・カータレット。なんと今度はアリスが日本に来るという。アリスと忍、クラスメイトの日本少女、小路綾と猪熊陽子、さらにもう1人のイギリス少女、九条カレンも加わり、5人は金色に輝く日々を過ごしていく。

きらら原作の日常系として多くの難民を救済することとなる。可愛らしいキャラ達に加え、鬼畜ネタや百合要素などの緩いシナリオで日常系の中でも特にスタンダードな作風であったことから、多くの難民を生み出すこととなった。

日常系色が強いが過激な百合「桜Trick」

桜Trick日常系アニメ難民問題

芳文社の『まんがタイムきららミラク』Vol.1より連載中。2013年8月号において、テレビアニメ化が発表され、2014年1月より3月まで放送された。各話とも必ず女の子同士のキスシーンが描かれているのが同作品の特徴。

3年後に他校と合併し廃校になることになっている美里西高校。そこに入学した親友同士である高山春香と園田優。優が大好きな春香は、優が他の生徒とさっそく仲良くしている様子を見て嫉妬してしまう。春香は自分だけが優の「特別」な友達でありたいと願っていた。それに対して優が「他の子たちとは絶対にしないことをしよう」と提案する。それに対して春香が答えた他の友達とはしない「特別」なこととは「キス」だった…。そんななか、2人は南しずくとしずくの家に居候している野田コトネがキスをしているのを見かける。コトネには婚約者がいるが、それを嫌がってしずくの家に住んでいた。そんな4人を不審に思う池野楓だったが、楓の親友の飯塚ゆずは4人を普通の友達だとみなし、楓から呆れられる。その後優の姉で美里西高校生徒会長の園田美月は春香と優の関係に疑問を抱く。偶然2人のキスを目撃してしまった美月は2人をたしなめるが、自分の本当の気持ちに気づき、自身の卒業式で春香に告白する。

人気日常アニメ「のんのんびより」の放送終了により発生した大量の日常系アニメ難民が次の居住先として選んだ「桜Trick」。日常系ジャンルに強いきらら系列の作品で、女子高校生同士の日常生活を描いた作品という事で難民の移住先にはうってつけと思われ、多くの者が移住を表明した。
しかし桜Trickはこれまでの日常アニメに比べて遥かに百合要素が強い上、その実態は日常アニメではなく女の子同士のラブコメディーであった。
視聴した結果ガチ百合に目覚める者が多く出現する一方で、一部の者からは受け入れられないという声も上がった。

百合とは?漫画やアニメに出てくる女子同士の淡い恋愛感情
女の子同士の恋愛一歩手前の関係や心情をリリカル・もしくは現実的な事情に合わせてリアルに描く百合(ゆり)の世界。百合分野が確立...

可愛さと癒しをぎゅっと凝縮「ご注文はうさぎですか?」

ご注文はうさぎですか?日常系アニメ難民問題

まんがタイムきららMAX』(芳文社)にて連載中。略称は「ごちうさ」。

高校入学を機に木組みの家と石畳の街に引っ越してきたココアは、下宿先を探して道に迷う途中、ラビットハウスという名の喫茶店を発見する。その名前からうさぎだらけの喫茶店に違いないと思ったココアであったが、そこにいたのはチノという小さな少女と、ティッピーというモフモフとしたうさぎだった。そこでコーヒーを飲みながら下宿先の場所を知らないか尋ねると、なんとラビットハウスこそが自分の探す下宿先であることが判明。お世話になる家に奉仕をするという高校の方針から、ココアはラビットハウスの店員として、そしてチノの“自称”姉として働くことになるのだった。

この漫画の登場人物は、それぞれ年も、通う学校も、働いている喫茶店も割とバラバラではあるが、ココアのいる「ラビットハウス」を軸に交流が生まれ、お互いの喫茶店を訪れたり、各々の家に集まったり、一緒にお出かけしたりといったように仲良く過ごす日常風景が描かれる。

「のんのんびより」や「きんいろモザイク」終了であふれた日常系アニメ難民が困窮の旅路の果てに流れ着いた約束の地。本作は掲載誌できんいろモザイクと並び圧倒的人気作として放送前から話題となっており、放送後はかわいい女の子たちが、かわいいことをするだけのかわいい日常アニメであるといえ、全編あらゆる癒しと萌え要素を余すことなく詰め込んだその高い救済力で「難民キャンプ」としての地位をすぐに確立した。




何者!?人気日常系作品を安定して輩出する「まんがタイムきらら系列雑誌」

まんがタイムきらら系列雑誌

まんがタイムきららは芳文社から発刊されている雑誌で、2002年に創刊、翌2003年に独立創刊。

1990年代末頃から脚光を浴び始めた「萌え系4コマ」を初めて専門的に扱った雑誌として登場した。アニメなどを好む10代~30代をターゲットとした雑誌であるため、「萌え」に特化した編集方針が取られている。

本雑誌の姉妹誌として、『まんがタイムきららキャラット』、『まんがタイムきららMAX』、『まんがタイムきららフォワード』『まんがタイムきららミラク』が刊行されている。2012年6月には『まんがタイムきらら☆マギカ』(『キャラット』増刊扱い)を創刊し、2015年8月現在、定期刊行されているまんがタイムきらら系雑誌は6誌になっている。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ