博士課程卒の末路…多くは進路不明や失踪者多発の闇の世界へ

っつーか、元より「博士後期に進む」ってことが「進路」の一つとして認識された時代があったこと自体おかしい。

博士前期への進学などと博士後期への進学は次元が違う。

「博士後期へ進む」って言うのは、「就職する」とか「進学する」なんて意味での「進路」ではなくて、「小説家になる」だの「スポーツ選手になる」だの「ミュージシャンになる」ってのと同じく「研究者になる」って選択肢へ進むためのルートであって。(続きは本記事下)

大学院へ進学すると、修士課程の先にひっそりと存在している「博士課程」。「博士課程は民間企業への就職がとても難しくなる」「その後、博士課程卒の進路を知る者は誰もいない…」などと何かと危険視されることが多い博士課程卒。博士課程卒の進路や末路について調べてまとめました。

スポンサーリンク

博士課程に進んだ時点で「まともな人生」からは大きく遠ざかる

博士課程卒末路悲惨

今から博士後期まで進もう、って輩については、もうそういう現状があるってわかっちゃってるわけだから、「こんなことになるなんて思わなかった」とは言えないわけですよ。

っつーか、元より「博士後期に進む」ってことが「進路」の一つとして認識された時代があったこと自体おかしい。

博士前期への進学などと博士後期への進学は次元が違う。

「博士後期へ進む」って言うのは、「就職する」とか「進学する」なんて意味での「進路」ではなくて、「小説家になる」だの「スポーツ選手になる」だの「ミュージシャンになる」ってのと同じく「研究者になる」って選択肢へ進むためのルートであって。

そのリスクの高さも、ここにあげたような選択肢と大して変わらない。

「就職しようかな、それとも進学しようかな・・・」ってレベルで視野に入れていいような選択肢じゃない。

っつーか、結婚して、子ども作って、家を建てて幸福な家庭を築いて・・・っていうような、人並の人生とか人並の幸福を得たい人は博士後期には進むべきではない。

もちろん中には人並の幸せを得られている人もいるんだろうけど、それは限られた幸運なケースだと最初から割り切っておけるくらいの覚悟がないと・・・そこが割り切れないなら、普通に学部卒や修士卒の段階で就職活動して、仕事に就いた方がいいだろうと思うし、その方がたぶんまともな人生を歩めるんじゃないかと思う。

じゃあなんで自分は博士後期に進みたいか、と言えば・・・

そりゃ、ハイリスクは承知の上でそれでも進みたいと思うくらいにこっちの世界が楽しそうだったから、ってことであり。

そしてこっちの世界でなしとげたい夢があるからでもあり。

「夢」なんて言葉の出てくる将来の選択肢がまともなものになりえるわけがない(苦笑)ので、してみると、やっぱまともな人生歩みたいなら博士後期は行かない方がいいかもなー。

ま、元より博士後期進みたい、って親に言った時点で人並の人生歩んだり幸福が得られるなんて期待してないけどね。

金払って教授にコキ使われて不安定な博士課程の危険度がやばい
ごく一部のずば抜けて優秀な人を除いて、残りはまとめてポスドク・フリーター・無職のような地獄逝きの「博士課程」。調べれば調べる...




ネット上に寄せられる恐怖の博士課程卒の末路情報

博士課程卒末路悲惨

文系で院はやめとけって言われてるのに
平気で進学する奴は自信過剰の自業自得だろ

文系…遊んでいるイメージ&就職で理系に敗れしかも文系廃止
文系「うぇーいwww」→営業職、年収400万円 理系「勉強!研究!」→開発職、年収700万円 なぜなのか 日本社会の闇は深...

理系国立大学院博士卒業
現在29歳コンビニフリーター昼勤週5給料11万
マジでどうすればいいの?
正直、就職活動の時期を遅らせたかった。てかB4(※学部生の4年時の事)の時にまだまだ遊びたいと思ってた

博士課程の末路見て失踪率の高さにビビった

俺の知人は博士行ったらみんな死ぬ気で公務員試験受けてたな
ちなみに農学・環境系

大学院増えすぎたからな
趣味で研究職についていいのは金持ちだけにしないと悲惨だと思う

大学院…自主的な研究課程&博士課程は人生捨てる覚悟が必要
昔よりも大学進学率が大きく上がり、多くの人達が4年制の大学へ行くようになりました。大学に4年間在籍して卒論を書いて卒業し、学...


スポンサーリンク



大学院卒は産業界は不要で就職できない事は予想していたが、
不詳・死亡が多いとは思わなかった!
大学院卒で肉体労働はダメだろうね!

理系の院も中々なもんだぞ
正職についたとしてもほとんど貧乏人生一直線
うちの会社の院卒は入社年の早い年下にガミガミ言われてるし
「電話の受け答えも出来ねーのかよ。これだから院卒はよお!」とか

文系の院はほんと悲惨だな

院に進む理由
1.研究者目指してる ← わかる
2.モラトリアム ← まぁ、わかる
3.就職出来なかった ← 仕方がない、わかる
4.就職に有利だから ← 馬鹿

大学ってどんなところ?講義やゼミの大学生活の中身を完全公開
中学生・高校生の方や、高卒・専門学校生の方で、大学という場所や講義がどんなものかが気になっている人が多いと思われます。 ...

文系は学部卒で就職しないとダメ
会社にもコネ入社の文系院卒の人がいたけど、
結局課長代理でリーマン人生を閉じた

30過ぎだけど、周りを見渡すと、ドクター行った奴の大体が
・どっかの准教授
・ポスドク生活に見きりをつけて就職
んで一握りが嫁に食わして貰いつつポスドク生活
って感じだな
ロースクールと一緒で周りが思ってる以上に高学歴と思っててプライド高すぎな奴も多いよね

司法浪人…司法試験難易度や五振制の決まりから容易に浪人化
弁護士といえば高収入・高ステータスといったイメージが強く、しかも法律の力で我が身を守れるために暴力や不当な行為もされないとい...

大学院生は年食ってるのと、プライドが高くて扱いにくいから
大卒の人間採用して仕込んだ方がいいって話もあるな

政策で在る時期を境に博士が急増したからね…。
確か政策後は倍以上の在籍数になってたはず。そりゃ受け皿無いわ…。
もともと企業に行く人は少なかったのに。




ごく少数の大学教員ポストを勝ち取れた者以外は地獄逝き

博士課程卒末路悲惨

(1)学部を卒業→博士課程に進学して博士号を取得→ポスドク研究員→助教→准教授→教授と出世していくタイプ
(2)学部卒業→大学院で修士号を取得→企業に勤める→企業に勤めつつ博士号を取得→企業を退社し准教授もしくは教授に転職するタイプ

大学のどの教員にも共通して言えるのは「全員が博士号持ち」ということでした。大学教員になったパターンは、大きく分けて以上の2通りでした。

(2)は企業で研究職に携わり、優秀な成果を残さなくてはなりません。(2)はともかく、気になったのは(1)のパターンです。

色々と調べた結果、(1)は大体悲惨な道を辿ることが多いようです・・・。

博士課程を卒業した人の多くは研究を続けたいという人が多いそうです。それを実現するために最も適した花形の職業は教員です。この職業に就けば社会的な地位 も得ることができますし、給与面も安定しています。自分が情熱を注いで勉強してきたことを学生に教えつつ、自分のやりたい研究に没頭できるという最高の職業です。

しかし、博士課程を卒業した人に対して、大学教員のポストがあまりにも少なくほとんどの人がなることができません。ほとんどの人が悲惨な末路を迎えてしまいます。

博士課程まで浪人なし留年なしのストレートで卒業した人の年齢は27歳です。こんなにも若く教員になれるわけもなく、多くの人がポスドク(博士研究員)になるそうです。

ポスドクとは「ポストドクター」の略で最長5年の任期付きの研究者のことです。まず、若い研究者はこのポジションに一度ついて、研究しつつ、教員への道を探るのがメジャーです。しかし、任期の5年を迎えても新しい居場所が見つからないなどの社会的な問題を抱えています。

運の良いポスドクが見つけられる次のポジションは助教授です。が、これは常任教員ではなく任期付きの役職である場合がほとんどです。収入はポスドクに比べて上がりますが、任期付きなのでまだまだ不安が付きまといます。

本当に運の良い助教授は准教授のポジションを手にいれることができます。ここまでくれば安泰です。この役職は任期なしです。給与も当然アップします。安定した生活を送ることができます。あとは努力次第で教授に昇格・・・

という道のりだそうです。

この途中でドロップアウトした人は高確率で高学歴ワーキングプアーになります。

高学歴ワーキングプア…ポスドクや需要の無さからニートにも
社会を知らない中高生の中の世界では、「学歴が一番大事!!」となりがちですし、親や教師や塾講師もそう教えがちです。高学歴は大企...

やはり問題点は「教員の希望者に対してポストがあまりにも少ない」という点でしょう。

ポスドク問題…高学歴ワーキングプアの典型例&不安定な年収
4年制の大学を卒業するときに、就職するか、それとも大学院に進むか、大学生の多くは悩みます。 大学院の博士課程を就職しな...
すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. 要修正 より:

    助教授w