地獄の新概念?ネットの怖い漫画の5億年ボタンの情報まとめ

5億年ボタンストーリートラウマ

知る人ぞ知る、ネット上で語り継がれる非常に恐い話「5億年ボタン」。100万円と引き替えに、真っ暗な何も無い空間で5億年の時を過ごさなければならないという想像を絶する恐怖と絶望…。

5億年ボタンについての情報と議論をまとめました。

スポンサーリンク

5億年ボタンとは?

5億年ボタンストーリートラウマ

菅原そうたのCGマンガ作品『みんなのトニオちゃん』に登場するエピソード。

正式なタイトルは「アルバイト(BUTTON)」。5億年という時間のインパクトから、ネット上では「5億年ボタン」と呼ばれている。




5億年ボタンのストーリーとルール

5億年ボタンストーリートラウマ

楽に稼/げるバイトを探しているジャイ太とスネ郎に、トニオが「一瞬で100万円稼.げるバイト」の話を持ちかける。

  • ボタンを押す
  • 瞬時に「なにもない空間」にワープして、そこで5億年間、ただ生きる
  • 白いタイル張り、タイルは歯で傷が付けられる程度の硬さ
    周りは体と白いタイルが見える程度の薄暗い空間
    3日間走り続けても出口はない

    • 意識はハッキリしていて、眠ることも死ぬこともできない
    • お腹も減らない、特に苦しくもない
      精神崩壊、病気になる、体が5億年間で老化することもないようだ
  • 5億年が経過した段階で、ボタンを押した瞬間の状態に戻り、100万円が支払われる
    • 体は元通り
    • 5億年間の記憶はすべて消去される
  • 結果として、「ボタンを押しただけで一瞬で100万円を得る」(と感じる)

話を聞いて、ジャイ太はボタンを押す。直後、瞬時に100万円を手にした(ように周りからも見えるし、本人もそう感じている)ジャイ太を見て、スネ郎もボタンを押す。かくしてスネ郎の5億年が始まる。

5億年ボタン漫画の簡単なストーリー内容

5億年ボタンストーリートラウマ

最初はうろついたり走ったり出口を探したりする

3日目、まる3日走ったところで出口などないことを悟る

半年後、ひとりじゃんけん、抜いた歯を投げ探しに行くという一人でできることをコンセプトとした遊びを始める。
ある時はタイルの溝からはみ出さないように歩く
溝を指でなぞり続ける

1年、女の子とイチャついていることを妄想するスネ郎がいた。妄想ワールドに逃避

40年、100年、スネ郎はなにもしなくなっていた

12066年、スネ郎はもはや考えるのを辞めていた。
時間を一秒一秒じっくり認識させられながら生きていた

504万9272年、本当はこっちが現実なんじゃないかと哲学的な疑問がよぎる。真理を追究すべく、抜いた歯でタイルになにかを書き始める。

1億2316万9649年、宇宙を理解し何かを悟る

3億7683万351年、スネ郎は空間と調和

5億年、現代に帰る。

ネット上に寄せられる「5億年ボタンのココが恐い」

でも意識は五億年を感じるんだぜ?

最後には忘れることができるが
現在の自分は五億年を体感することになる
それを考えると怖くないかい

はっきりとした意識の中で5億年だからな
想像がつかない

5億年16往復コースはゾッとした

娯楽も刺激も誰もない空間でしっかり意識保ったまま五億年だぞ?
バス停で30分待たされるだけであんな苦痛なのに嬉しい訳ない

五億年地球の成り行きを見守っていられるならまだしも五億年暗い空間の中なんて絶対無理



スポンサーリンク



何も刺激もない誰もいない寝る事も飯食う楽しさもない
そんな世界で5億楽しいか?

そもそも5億年に対して100万って少なすぎるよね
時給0.00000023円って

基本的に生きるってのは楽しいことがなきゃツマランって考えが多い
楽しい事ってのは食べる事やネットゲームなどの趣味があり人が居て暇じゃない事
五億年つまらない時間を過ごしても無意味どころか苦痛なんだよ

試しに娯楽品取っ払った部屋で何時間か過ごしてみればいいよ
それが何億年もつづくんだってプレッシャーの中で楽しい妄想なんて出来る訳がない

5億年だよ
ここには20歳前後の人間が多いだろうが今まで生きてきた20年を2500万往復してやっとこさ5億年だよ

あーだこーだ言ってるが実際押したら1年と経たずに後悔するんだろうな

100万って。
時給800円のパートを5時間×週5日×1年頑張る方を選びます。

こういう思考実験みたいな話好きだよ。
人間に寿命がある意味を考えさせられる。たとえ物理的に数万年とか生きられたとしても、精神的にはもう人間性は崩壊するんだろうね。

五億年待つという結果を知ってたら、押さないだろ。
あの短編はボタンの存在理由が「五億年分の知識を回収するためにあるのかな」と考えられるところが好きだわ。
理由が推測できることでボタンの不気味さが増してる。

地獄の新概念

個人的にはボタン押したやつが、あの空間で5億年耐える代わりに、
よく似た平行世界の自分に100万円あげるような感覚だと感じわ・・・
こんなボタン絶対押さんわw

苦しむのは自分金を受け取るのは別人ともとれる

五億年も一人の人間が思考を続ければ無限の可能性があるのに
それが消えてしまうこと




5億年ボタンと似た性質の恐い話

5億年ボタンストーリートラウマ

懲役30日という判決が下り、主人公は「ゆるゲーやん」とほくそ笑む。
しかし、刑務所に着くといきなり変な薬を投与されたりしてそりゃあもう酷い目にあう。
それでも、これがたった30日なら……と考え観念する。
そして。30日目。連れてこられた先は、なんと電気椅/子の上。
「んな甘い話あるわけないやん」
そう言われ、処刑される

……と、ここで主人公が目が覚める。
しかも、変な薬を投与されてから5分と経っていない。
その薬というのが前述の30日分の地獄を味わう薬。
そして、主人公の声を無視してさらなる薬が投下され……

で、30日後。主人公はすっかり廃人と化してしまうのであった

怖い話ではないけど、仏教の世界なんかには「劫」という時間の単位がある
未来永劫の劫がそれ
これは超超超超絶長~い時間の単位で
一応数字でも計算できるんだけど
それ以外に、劫とはどんな時間かを説明する話がある

それによれば劫とは・・・
400平方kmの岩がある
400平方kmといえば一つの山や島レベルのバカデカさ
そして100年に1度、天女が舞い降りて
その向こうが透けて見えるようなうっす~い羽衣で
その岩を一回だけなでる
これを繰り返して岩が磨り減っていき、やがてその岩がなくなるまでの時間
それが劫

何かこう、ちょっと気が遠くなるような気分が味わえるかもしれない話

リプレイ!と叫ぶと好きな時間に戻れる能力をてに入れた主人公が能力使いまくってバラ色生活
ある日友達と廃墟に遊びにいってハシゴ上ってると落ちたら死ぬような高いところでハシゴが壊れる
余裕の表情でリプレイ!と叫ぶも、ハシゴが壊れる寸前までしか戻れない

リプレイ!バキッ!リプレイ!バキッ!リプレイ!バキッ!リプレイ!

って永遠繰り返す

火の鳥未来編で、自分以外滅ぶ→冷凍睡眠の人の目覚めを待ったりロボットで彼女作る→うまくいかない
→火の鳥の血を飲んでるから死ねない→タンパク質とかを海に流して生物の誕生を待つ
→体は朽ち果てるが精神体として意識を持ち続ける
ってのが5億年ボタンのふいんきと似てたな

一日と一日の間に実は何千年もの間があって
その世界を一人で孤独に生きる少女の話
一日の終わりなると少女しか見えない雪が降り出して世界が千年止まっちゃう
少女はクラスメイトの好きな男の子との「来週の週末遊びに行こう」みたいな約束を糧に
孤独にひたすら生きていく


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ