集中力を高める5つの方法…睡眠や環境改善で万全の状態を!

集中力出し方高める方法

2015年の現在は、LINEや各種SNSやネットの更新情報をこまめにチェックせずにはいられないスマートホンが手元にあるせいで、非常に集中しにくい環境が形成されてしまっていると聞きます。集中しにくい現代の中で、集中力を獲得するにはどうすればいいのか?集中力を高める基本的な方法を調べてまとめました。

スポンサーリンク

十分な睡眠時間でまず脳を万全の状態にするのが最も大事

集中力出し方高める方法

集中できなくて全然仕事がはかどらないと思っている方!

それはもしかすると睡眠が足りていないことが原因の一つかもしれません。

睡眠は体と脳を休める大切な行為です。睡眠が不足すると脳が十分休まりませんので、
結果的に脳の効率が落ちてしまい、集中力が低下してしまいます。

良い集中力を持続させるためには、最低6時間の睡眠が必要といわれています。

なお、6時間以上の睡眠時間を確保するだけでは良い集中力が持続されるわけではありません。

読書、音楽、アロマやストレッチなど、自分にあった方法で、心身ともにリラックスするよう心がけて、眠たくなってから寝るようにする必要があります。

そうすれば無理やり寝た6時間よりも質の良い睡眠ができ、より集中力を高めることができます。




同時に複数の事を進める事は絶対に避ける

集中力出し方高める方法

映画を観ながら音楽を聴き、同時にマンガも読むような真似はできない。そんなことをすれば、3つとも中身を把握することはできなくなってしまう。

集中力も同じことだ。何かをやろうとする時、まったく異なる複数の物事を同時進行させようとすればするほど、集中力は削がれていってしまう。

次にやることを考えながら仕事に取り組んだり、明日の食事のことを考えながらシュートを打ったりするのは賢くないことだ。身体が動こうとしている間、脳の無意識は別のモノゴトに占拠されてしまう。これは自分が何をしようとしているか、イメージするのに非常に邪魔になる。イメージこそが正確な行動の基礎なのだ。取り組むべきことは一つにしよう。

集中力を吸い取るスマホ・ネットは全力で遠ざける

集中力出し方高める方法



スポンサーリンク



仕事の合間に「ちょっと見るだけ」のつもりだったのに、気づいたら1時間近くSNSを見ていた、という経験はありませんか?デスクワークの場合はパソコンが常に目の前にあるわけですし、スマートフォンがポケットに入っていればいつでも見ることができます。現代人の集中を乱すものとして、「パソコン」「スマホ」「インターネット」は代表格です。

常にこれらが気になっている状態では、仕事への集中度は当然下がってしまいますから、そこは自分 なりのルールを作って、インターネットやスマホから距離を置くしかありません。「30分作業したら1分間だけスマホをチェックする」「メールは何時と何時にまとめて返信する」など、自分のスタイルに合わせてルールを作り、それを守るよう心がけてみましょう。

現在身を置いている環境を根本的に変化させる

集中力出し方高める方法

人間が変わる方法は3つしかない。
1番目は時間配分を変える。
2番目は住む場所を変える。
3番目はつきあう人を変える。
この3つの要素でしか人間は変わらない。
最も無意味なのは『決意を新たにする』ことだ。

環境に身を置くのが一番確実
塾や予備校、勉強の意識を高めてくれる人間関係で固める

漫画やテレビやゲームがあふれたままの誘惑だらけの自室で集中しようとしても、そもそも無理な話です。

また、頻繁に遊びに誘ってきたり、だらけたりサボったりすることで連帯感を強めようとする悪友と付き合ったままでも、集中力をそがれてしまいます。

自身が身を置く環境や人間関係そのものを改変させないと、頑張って出した集中力もあっと言う間に誘惑に負けて霧散してしまいます。




奥義!習慣化させることでそもそも集中力が不要な状況にする

集中力出し方高める方法

やっぱ習慣づけることだよな。
習慣は第二の天性。

毎日5分間だけ集中するを繰り返して回数を増やしていけば
自ずと集中力は高まりますよ

順番が間違ってる
やる気が起きる→勉強する じゃなくて
勉強する→やる気出てくる
やる気が起きるのなんか待ってたって一生起きない
やる気と集中力の正体はただの惰性

http://iitokoronet.com/2015/08/28/post-257/

毎日安定的に勉強・仕事をする必要がある場合、なんとか集中力をひねりだそう!と意気込むのではなく、毎日決まった時間に勉強・仕事を始めるようにして決まった時間に終わるようなルーティンワークとして続けていると、そのうち「習慣」として日常に組み込まれ、集中力を出そうと意気込まなくても自然な心理状態で自然に課題に取り組むことができるようになります。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ