自己実現…自己肯定感で満ちた状態で精神的欲求の最終段階

マズロー自己実現欲求

自己啓発書などを読んでいるとほぼ必ずお目にかかる「自己実現」という言葉。それは「夢を叶える」という考えとはまた別の、個人の心の深部にある欲求と個性を実現する、個人が個人であるための行動です。自己実現について調べてまとめました。

スポンサーリンク

自己実現とは?

アメリカ合衆国の心理学者・アブラハム・マズローが、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである」と仮定し、人間の欲求を5段階の階層で理論化したものである。また、これは、「マズローの欲求段階説」とも称される。




マズローの欲求段階説

マズロー自己実現欲求

生理的欲求 (Physiological needs)

生命維持のための食事・睡眠・排.泄等の本能的・根源的な欲求。間にとってこの欲求しか見られないほどの状況は一般的ではないため、通常の健康な人間は即座に次のレベルである安全の欲求が出現する。

安全の欲求 (Safety needs)

安全性・経済的安定性・良い健康状態の維持・良い暮らしの水準、事故防止、保障の強固さなど、予測可能で秩序だった状態を得ようとする欲求。

社会欲求と愛の欲求 (Social needs / Love and belonging)

生理的欲求と安全欲求が十分に満たされると、この欲求が現れる。自分が社会に必要とされている、果たせる社会的役割があるという感覚。

承認(尊重)の欲求 (Esteem)

自分が集団から価値ある存在と認められ、尊重されることを求める欲求。尊重のレベルには二つある。低いレベルの尊重欲求は、他者からの尊敬、地位への渇望、名声、利権、注目などを得ることによって満たすことができる。マズローは、この低い尊重のレベルにとどまり続けることは危険だとしている。高いレベルの尊重欲求は、自己尊重感、技術や能力の習得、自己信頼感、自立性などを得ることで満たされ、他人からの評価よりも、自分自身の評価が重視される。この欲求が妨害されると、劣等感や無力感などの感情が生じる。

自己実現の欲求 (Self-actualization)

自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、具現化して自分がなりえるものにならなければならないという欲求。すべての行動の動機が、この欲求に帰結されるようになる。



スポンサーリンク



自己実現の欲求段階にいる者に見られる特徴

マズロー自己実現欲求

  1. 現実をより有効に知覚し、より快適な関係を保つ
  2. 自己、他者、自然に対する受容
  3. 自発性、素朴さ、自然さ
  4. 課題中心的
  5. プライバシーの欲求からの超越
  6. 文化と環境からの独立、能動的人間、自律性
  7. 認識が絶えず新鮮である
  8. 至高なものに触れる神秘的体験がある
  9. 共同社会感情
  10. 対人関係において心が広くて深い
  11. 民主主義的な性格構造
  12. 手段と目的、善悪の判断の区別
  13. 哲学的で悪意のないユーモアセンス
  14. 創造性
  15. 文化に組み込まれることに対する抵抗、文化の超越

分かりやすくかみ砕くと、以下の11種類の性格的特徴をもつようになる。

・現実を効果的にとらえ、あいまいさに耐えることができる
・自分や他者を、あるがままに受容できる
・思考や行動が自発的である
・自己中心的であるよりも、むしろ問題中心的である
・ユーモアのセンスがある
・非常に創造的である
・無理に型を破ろうとはしていないが、文化に順応させようとする力には抵抗する
・人類の幸福には関心がある
・人生の基本的な経験に対して、深い理解を持つことができる
・多くの人とよりは、むしろ少数の人と深く充実した人間関係を築いている
・人生を客観的な見地からみることができる

自己実現の欲求段階に到達した人間は、もはや他人や世間の評価に左右されなくなり、孤高の哲学者のように、個人が関心がある問題について黙々と取り組むようになり、さらに人類の抱える問題の改善に貢献しようとするようになる。




自己実現の欲求とは「本来の自分になろうという欲求」

マズロー自己実現欲求

第三・四段階では、他社との関係性に対しての欲求でしたが、最後は「自分自身」に戻ってきます。

こちらは、自分の持つ能力や可能性を最大限発揮し、「あるべき自分」になりたいという欲求になります。

これまでの4つの欲求がすべて満たされていたとしても、人は自分に適していることをしていない限り、すぐに新しい不満が生じてきます。

このような不満から、「あるべき自分になりたい」という欲求が生まれるわけですね。

例えば、自分の描きたい絵画に集中する芸術家は、「自己実現の欲求」によって、行動しているといえます。

この段階では、ある種の無償性を含んでいるのも特徴です。
「人から賞賛されたい」という気持ちがあるのであれば、それは単に「承認欲求」になってしまいますからね。

人間の心理状態で最も高度な最後の「自己実現の欲求」に到達するためには、第4段階の承認の欲求の高いレベルの尊重欲求である、自己尊重感、技術や能力の習得、自己信頼感、自立性などを満たし、他人からの評価よりも、自分自身の評価が重視する、という関門をクリアするのが不可欠になります。

自分の能力を磨き上げていき、自信が身に付けば、いずれこの高いレベルの尊重欲求の関門をクリアできます。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ