無い内定…就活を舐めたり優良企業以外お断りの大手病の末路

無い内定…就活を舐めたり優良企業以外お断りの大手病の末路

無い内定

自身の適性や業界の将来性やブラック業界を知ることも大切ですが、何としてでも避けたい最悪的な状況が「無い内定」。

就活を始めるのが遅かったり、資格取得や面接研究を怠っていたり、優良企業をえり好みしていた人達がたどる末路の「無い内定」について、有益な情報を解説します。

スポンサーリンク

ネット上に寄せられる、無い内定になる人にありがちな事

無い内定

  • 自分の学歴・能力を過大評価している。身分相応の業界を受ければ内定が取れるのに、ずっと高望みするから無い内定の末路をたどる
  • 声が小さい・しゃべり方がどこか変・活力が感じられない雰囲気
  • 元気よく行けない人は、本当に落とされまくる
  • 目が泳ぎまくるようなコミュ障・挙動不審だったり、話が面白くない
  • 笑顔ができなかったり、正直すぎて「御社は第二志望です」とかしゃべっちゃったり、話し相手の面接官が気持ちよくなれる嘘がつけない人
  • 悲しいことだけど、「いちじるしく不/細工」はやっぱり落とされる。顔の善し悪しがその人の印象に大きく影響するから…
  • 生まれつきの顔は仕方ないにしても「清潔感」は努力次第で演出できる。髪型・服装・肌は整髪剤や化粧品やファッションの下調べでどうにかなる。その努力を怠って、清潔感が感じられない不潔な見た目の人は落とされまくる
  • 彼女いない歴=年齢。彼女持ちと比較すると、コミュニケーション能力にはっきりとした差を感じる
  • 就活失敗している人達を見ると、企業エントリーをしていない・面接する企業の下調べをしていない・途中で就活を放棄するなど、「当たり前のことができていないだけ」のような感じがする
  • 有名大学に在籍していて学歴は立派だが、プライドも高くて超大手企業ばかりを狙って無い内定で終わる
  • 面接官の質問とは無関係・ずれた答えを延々と話す
  • 面接官の質問・会話の流れを上手くくみ取って、それを自身の発言に逐次反映させる「聞く力」が優れた人はすぐに内定を取っている。こういうフィードバック作業ができずに、おかしな質問・空気が読めない発言ばかりする人は無い内定ばっかり

無い内定の意味

内々定(ないないてい)が無い者を、「無い内定」と皮肉を込めてこう呼ぶ。「NNT」も無い内定と同義である。




内々定者と無い内定者の分岐路

無い内定

内々定者の特徴
4月の内々定ラッシュ時にきちんと内定をもらえる。早めに就職活動を始め、自己分析・業界分析・企業分析もきっちり行い、自己PR文も練り上げ、時には就職課の協力を得て模擬面接までこなしている。

無い内定者の特徴
ライバル大学生達よりも出遅れて、内々定ラッシュ時期を過ぎた5月、6月になっても内定がもらえない。落とされ続けて企業の持ち駒がゼロになり、二次募集に応募したり説明会からやり直し…という一進一退を繰り返しているうちに大学卒業を迎えてしまう。

当ブログでのもう一つの無い内定特集ページは↓をご覧下さい。

無い内定で既卒になったその後の悲惨な人生と正社員就職の方法
えり好みしすぎて身のたけに合った企業を無視していたり、就職にばくぜんとした恐怖感を抱いてまともに就職活動をせずに、内定が決ま...


スポンサーリンク



無い内定に直結する最大要因の「大手病」

無い内定

「大手病(おおてびょう)」とは、TOYOTAやSONYや任天堂といった名だたる大企業、総合商社や出版社やマスコミのような華のある業界、ある商品分野で業界のシェア率のトップに君臨している優良企業ばかりを狙って就職活動をし、中小企業には目も向けない病気。

これらの人気企業・人気業界は、競争倍率が30倍から50倍、ときには100倍以上に達することもあり、周囲のライバル大学生達も有名国立大学・有名私立大学に在籍している優秀な人間なのでたとえ自身が高学歴でも内定を勝ち取るのは至難である。周りの競争相手が自身と同格の学歴では、高学歴というアドバンテージが意味をなさない。

例えば、小説の応募で新人賞を受賞しようとすると、競争倍率はだいたい100倍程度である。堅実にサラリーマンとして生きていこうとしてるのに、大企業に入社しようとすると、小説家や声優などのような夢のある職に就くのと同じくらいに難しいということになる。

勉強ができ、才能がありながら、夢のある職につきものの高い競争倍率ゆえに苦悩の末にサラリーマンの道を選んだ人も多いと考えられる。それなのに、大手病にかかると、一度は避けた悪夢の高倍率とまた戦うはめになってしまう。

それを先に言え!就活で先に知っておきたかった事を全公開します
就活の恐さの本質は、「勉強だけしていれば良かった学生時代とは求められるモノが全然違うのに、その事が大学側や教授や親からほとん...

大手病にかかりやすい人の特徴

  1. MARCHや関関同立の、学歴がかなり高い大学生に多い
  2. 高学歴ゆえに、中小企業・無名企業へ入社することを恥だと考えている
  3. 見栄を張る性格
  4. 自信過剰な性格
  5. 理想の将来設計にこだわる性格

就活生が大手病や理想で大失敗しないために妥協すべき3つの点
大人になって社会へ出れば、自分のやりたいことではなく自分のできることを選択。理想と現実の間の落としどころを常にさぐっていく。...




無い内定を回避し内定を勝ち取るにはどうすればいいのか

名言格言イラスト画像

  1. とにかく、就職活動は早め早めに取りかかる。無い内定になる理由の多くが「就活で出遅れるから」
  2. 「面接官からの質問に、的確で、過不足の無い回答ができる」「清潔感のある容姿」「明るい笑顔やよく通る声や元気さ」が確認できる学生から優先的に採用される。これらの、極めて重大な基本事項をまずきっちり押さえて面接に臨むこと
  3. 「同僚として、共に働きたい」と感じさせる大学生が採用されるので、つたなくても良いので現役会社員のような立ち振る舞いができるかがカギとなる。面接での態度が会社員的に見えるかどうか、就職課の方などに評価してもらって修正していこう
  4. 大企業狙いにこだわらずに自分の学歴・能力に見合った企業を受けることは当然やるとして、それ以外に、早めに「適当なブラック企業」に内定をもらっておくことを推奨。「自分はちゃんと企業に通用する人間なんだ」と自信がわき、さらに「このブラック企業よりももっと良い企業に内定する」と、これまでとは考え方が変わって就活が成功しやすくなる


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ