異常な発汗や動悸…仕事のストレスが限界時に心身に起こる異変

異常な発汗や動悸…仕事のストレスが限界時に心身に起こる異変

仕事体心異常

学校を卒業して会社に勤めると、ありとあらゆる理不尽な目に遭うことになります。上司からの無茶な要求や人格否定攻撃、ノルマ達成の義務、過酷すぎる仕事スケジュールなど、仕事のストレスの大半は対人によるものと言われています。

肉体の体積をオーバーするような巨大なストレスを抱え、体にため込んだストレスが限界に達すると、心だけでなく、肉体的にも変調をきたし始めます。

ストレスが限界に達した時の心身の症状を調査しました。

スポンサーリンク

ネットで見つけた、過剰なストレスによる自律神経失調症と思しき症状

成長しない環境

体温が短時間で急激に上下する。

まず指先がしびれ、それが腕に広がり、腕全体が痛くなる。

急に左胸が痛み出す。

首と肩がガチガチにこる。
筋肉が固まっていて、そのせいでズキッと頭痛まで起こる。

腕にじんましんが発生する。

風邪でもないのに、常に微熱状態。
いきなり鼻水が出てくる。

めまいが起こって、足下が揺らぐ感覚がする。

夜も、交感神経が興奮していて眠れない。
そのせいで、昼夜逆転生活を修正できない。

焦燥感・不安感が常にあって、ささいな事にイライラする。



スポンサーリンク



のどが異常に乾き、水を飲みまくる。いくら飲んでもかわきは止まらない。
そして、飲んだ直後にトイレへ行って出すことの繰り返し。




もはや発狂寸前!ストレスが限界時に精神面に表れる異常

体心異常

ささいなことでブチ切れる。

出勤前に、必ず吐く。

血便・血尿。

急に白髪が生えだして、白髪の増加が止まらない。

突然、味覚が消失。
食事をしていても、何の味も感じなくなるのが恐怖。

駅のホームで、電車に吸い込まれるような感覚。

通勤中、降りる駅に近づくと発生する猛烈な腹痛。
身体が会社を拒絶している。
社会人が会社勤めで壊れていく過程でありがちな5つの異変現象
その会社の理不尽なルールや上司の胃が痛くなる命令に従わざるをえない社会人。 同窓会などで久しぶりに再会すると、見る影も...

円形脱毛症で、部分的にハゲる。

脂漏性皮膚炎で、でこや頭皮から液体がどんどん流れ出てくる。

突然、片耳が聞こえなくなる。
一時的な症状だけど、恐い。



スポンサーリンク



汚言症を発症。
口汚い言葉を、独りの時にはきまくる。

睡眠中、自分の叫び声で目が覚める。

仕事で失敗したり、上司に罵倒される悪夢をひんぱんに見るようになる。
寝ても覚めても仕事状態。
会社員が死んだ目で通勤し壊れていく原因の8種類の精神ダメージ
ブラック企業・ホワイト企業の種別を問わず、仕事をするのがあまり好きでない多くの会社員にとっては、「会社の中で働かされる事その...

突然、涙があふれ出てきて驚く。
いたって感情は平坦なのに。

幻聴が聞こえる。

キ○ガイゲージの蓄積速度が、通常時の5倍。
会社行きたくない仕事行きたくない…会社員の憂鬱の声まとめ
どうしてもノルマが達成できない、職場でみんなに嫌われている、上司にコキ使われる、やりがいも面白くもないような作業を延々と続け...

社畜をやっている自分を、遠くからもう1人の自分が眺めている・操っているという謎の感覚が起こる。

身体中にじんましんが起こる。

文章内容が理解できなくなったり、数秒前に聞いた話が記憶から飛んでいたり。
短期記憶が壊れ始めるのは、うつ病の前兆。
気分や行動に表れるうつ病の前兆…サインを見逃さずうつ回避
うつ病は本当に、本当に、恐い病気です。ブラック企業の劣悪な労働環境や、仕事が自分の性格に合わずに毎日思い悩んでいるようだった...



スポンサーリンク



過大なストレスによる、肉体面での様々な異常

  1. 偏頭痛(頭の片側にだけ痛みが起こる頭痛。それまでずっとストレス下で緊張していた血管が、ストレスから解放された場面で血管が緩んで、偏頭痛が起こる)
  2. 眠っている間の歯ぎしり(歯ぎしりをすることで、無意識的にストレスによる不安を発散させている)
  3. 強いかゆみが全身に発生(ストレスで精神的に不安定になると、かゆみを起こす伝達物質の「ヒスタミン」の血中濃度が上がる)
  4. 肌の異常(ストレスによってホルモンバランスが崩れ、皮脂の分泌が高まり、ニキビや脂漏性皮膚炎が発症する)




異常な動悸・発汗・じんましんなど「自律神経」が狂う

仕事体心異常

仕事の人間関係・やりがいの無さ・給与など待遇への不満から大きなストレスを受けたり、仕事が忙しすぎて昼夜逆転になったりして生活リズムが乱れていると、「自律神経」の調子がおかしくなって、いろいろな身体症状がでてきます。

このことを「自律神経失調症」と呼びます。

自律神経失調症の症状

  • 夜、寝付きが悪くて不眠気味。朝、起きた瞬間から身体がだるい
  • 急な動悸・息切れ・胸が締め付けられるような痛み
  • のどがやたら乾いて水が飲みたくなったり、風邪でもないのにせきが出る
  • 不安・焦燥感を感じてそわそわしたりイライラする
  • 下痢・便秘を繰り返す
  • 慢性的に身体がだるい
  • 頭痛・めまい・耳鳴りがする
  • 異常に汗をかく。手足のみ・顔だけに汗をかくことがある

http://iitokoronet.com/2016/05/17/post-9991/

自律神経失調症の治療方法

  • 朝早くに起きて、夜は早めに眠るという規則正しい生活を送り、昼夜逆転生活をしない
  • 夜眠る数時間前は、カフェインを含むコーヒーのような神経を興奮させる飲食物を摂らない
  • 1日3食の栄養バランスが取れた食事
  • ストレスの原因から離れる
  • (規則正しい生活を送っていれば、自然と自律神経失調症は改善していきますが、あまりに症状が酷い場合は心療内科でカウンセリング・投薬治療も必要です)




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ