ソシャゲのガチャが危険!あの手この手で快感を増幅して搾取

socialgameprob5

片手に収まるほど小型で、ありとあらゆることができる「スマートホン」の爆発的普及に目を付け、急激に成長してきたソーシャルゲーム業界。

ソーシャルゲーム…略してソシャゲでも問題視されることの多い「ガチャ商法」はいい年をした大人でもまんまとハマってしまうので、まだ自制心が弱い子どもならなおさらの、恐るべき搾取システムといえます。ガチャ商法の何が怖くて問題なのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

ガチャ商法とは?

socialgameprob6

「ガチャ商法」 とは、一部のオンラインゲーム・ネットワークゲーム (ネトゲ)、ソーシャルゲームなどで導入されている、アイテムを賞品・景品とした仮想ガシャポンサービス (ネットガチャ/ アイテムくじ)を批判的に指すための言葉です。

ガシャポン (ガチャガチャ) とは、昔から存在する子供向けのカプセルトイを販売する自動販売機のことですが (外れても必ず商品がでてくるので、ランダム販売方式であってプライズゲームマシンではない)、これと似たようなサービスをゲームのシステムに組み入れ、1回参加ごとに費用を負担させ、ゲーム内で使うアイテムや特殊なアバター性などを一定の確率によりランダムで出現させてプレイヤーに賞品・景品として与えます。




ソシャゲの課金は快感を安易に金で買っているだけ

socialgameprob1

socialgameprob2

法に抵触する疑いがあると認定されたコンプガチャ商法

socialgameprob3

2012年5月に消費者庁がコンプリートガチャ(コンプガチャ)と呼ばれるソーシャルゲームの販売手法が景品表示法に違反する疑いがあるとの判断を示し、直後にソーシャルゲーム運営会社の株価が暴落するという現象が起きて、この問題が大きく報じられました。

ソーシャルゲームでは、ガチャと呼ばれるカードやアイテムの「くじ引き」システムがあり、これを課金制にすることで運営会社は大きな利益を出しています。
対価を支払ってカードを購入するガチャは現状では規制の対象ではありませんが、コンプリートガチャ(コンプガチャ)と呼ばれる複数の特定のカードをそろえることを条件としてレアカードを配布する手法は、利用者の射.幸心を煽って課金をさせるものとして不適切と判断されました。

消費者庁は2012年5月18日に「カード合わせに関する景品表示法(景品規制)上の考え方の公表 及び 景品表示法の運用基準の改正に関するパブリックコメントについて」というガイドラインを示し、コンプガチャについては違法との解釈を明示しました。

この流れを受けて、DeNAとグリーを含むソーシャルゲームのプラットフォームを提供する6社がコンプガチャを5月末までに廃止するとの声明を出しました。

無料ゲームを始めたはずが…ソシャゲでありがちな現象と用語
パソコンでプレイするオンラインゲームの簡易版にして、オンラインゲームの課金システムを徹底的に強化したのが、スマートホンでプレ...

ネット上のガチャ商法の本質を言い表した言葉

電子貯金を崩させるからお金を使ってる感覚がない
ハズレの中にちょいちょい当たりがあり射.幸性が強い
すぐに結果が出るからどんどん手を出してしまいやすい心理状態を作り出す

YouTubeでガチャ回してる動画見たけどあいつら金使ってる自覚無いな 感覚が麻痺してる

ソシャゲは小売店の商法を取り入れている
チラシで格安(無料)をあおって来店させて高いものを売るビジネス



スポンサーリンク



金を払って対価を得る実感が、脳内物質のせいで増幅されている
お前らも「自分だけは大丈夫」とか思ってると危ないぞ

馬鹿だな、大吉のおみくじを一万円で買うような行為のモバゲーに課金してどうする
必要性を説明できない浪費は、価値観の問題というより、判断力の問題

スタミナ消化と限定イベントによる『やらなきゃ』という強迫観念は異常だな
課金すると余計それが強まる
課金してソシャゲやってる奴はいきなりアンインストールしろとまでは言わんが一度離れてみたほうがいい

ソシャゲの搾取システムって本当によく出来てるよな
馬鹿にしてた側だったけどパズドラにどっぷりハマって沢山諭吉が飛んでったよ
最初の1カ月は無課金ユーザーだったけど
少しだけって課金してガチャ回したらハイ洗脳完了だもんな
結局その月だけで3万飛んでった

ガチャのギャンブル性と中毒性の高さで気がつかないうちに大金を浪費してしまう

socialgameprob7

ガチャを回した事がある人はこういった気持ちになった事があるハズ。

「さあ 今日は10回分(3000円分)回しちゃうぞーー!」
「SRが一個も出なかった!クッソー もう1回回すぞー!」
「またハズレた! クッソー!もう1回!」

ガチャ回す→当たらない→熱くなる→また回す→当たらない

これってギャンブルで熱くなってるオジサンオバサンとなんら変わりないんです。

たまに当たって興奮しますが これも同じですね。

隣が大当たりしようものなら さらにヒートアップ!

ツイッターで当たり報告なんか見てしまうと「自分も当ててやる!」となってしまったこと ありませんか?

これで 我慢していたお金を使ってしまい後悔・・・ギャンブル性が招いてしまう状態なのです。




ソーシャルゲーム会社からすればとんでもない利益率と商売効率

socialgameprob4

おもちゃ屋やスーパーの店先で5枚1組で100円のカードを引ける、人気漫画モノのガチャがはやっていた時、製作会社が「お札を刷っているようなもの」と豪語していたのをよく覚えています。カードの原価が1枚20円をはるかに下回るのに、飛ぶように売れ続けるため、まさに20円をどんどん刷っているのと変わらない状況だったようです。

ソーシャルゲーム会社のガチャも、新カードを登場させるだけで多くのプレイヤーが大量のハズレカードが混ざった課金ガチャをこぞって回し、こちらもお金を刷っているのと変わらない状況といえます。新カードを作って売るためのイラストレーターへの外注代や広報代はかかりますが、実体の無い電子データなので紙を刷る必要さえなく、あっと言う間に経費を回収して莫大な利益を上げることができます。だからこそ「10回ガチャを引くと1回無料!」や「今回のガチャはSR出現確定!」のようなキャンペーンで、あの手この手でユーザー達にガチャを回させようとするのです。

ソーシャルゲーム会社は利益団体であり、教育機関でも何でもないので、自社の利潤を追求する姿勢は当然といえますが、せめてソーシャルゲーム会社側の意図を読み取らないと、どんどんお金を失う事になってしまいます。

続編のソーシャルゲーム会社がユーザーに課金させようとする各種手法を解説した特集ページは↓からどうぞ。

えげつねェな…ソシャゲがユーザーに課金させる容赦ない手法
スマホユーザーの各種欲望をあの手この手で刺激し、ありとあらゆる手段で課金させてお金をガンガン吸い上げようとするソーシャルゲー...


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント