こづかい制…使えるお金が激減&結婚による搾取の象徴的慣習

こづかい制給料結婚

サラリーマン男性が結婚後にほぼ確実に妻から強いられるハメになる「こづかい制」。どれだけ仕事で稼ごうが、稼いだ自分が使える金額は月収の1/10以下という悪夢のような異常な慣習です。このこづかい制がイヤで、結婚を忌避している独身男性は相当の数に上ります。日本独自のこづかい制という慣習について調べてまとめました。

スポンサーリンク

こづかい制とは?

こづかい制給料結婚

日本では夫が家計を管理している割合は2割程度。そこから共同管理を除いた分、すなわちお小遣い制を採っていると思われる家庭は5割近くに達するとのこと。ちなみに、おこづかい制採用の割合は、米国20%、中国20%、イタリア7%、英国6%(出典:週刊東洋経済2010年7月3月号)。

ランチで格安のハンバーガーや牛丼を食べ、部下に奢ることもできず、何か買いたいと思ったら奥さんに頭を下げる、せめて副業をして少しは自由に使えるお金を確保したい・・・。高校生じゃないんですから、日本のお父さんはかわいそう、と直感的に思うことは、こんなところからも裏付けることができそうです。

闇が深すぎる…結婚の実態と本質を明かすネットの言葉まとめ
物語の中ではハッピーエンドとして扱われることの多い「結婚」。現実でも、そう考えている人がかなり多くいます。しかし、いざ結婚し...




こづかい制で縛り上げられている働き手達のなげき

こづかい制給料結婚

夫が汗水垂らして稼いだお金の癖に何で女は恰も自分が稼いで渡してるみたいな感じになってんの?

親父見てると結婚したくないなって思うわ
親父が稼いだ金からお小遣いとか泣けるわ

兄貴はそれを分かって結婚したんだ
それが最初から嫌な人間は結婚なんかしないよ

嫁「私が帳簿管理するから」
俺「経理の資格も持ってないで簡単な現金出納帳の意味すら知らなかったお前がwはw?」
この後実家に帰られました
二週間たっても戻ってきません

やっぱり結婚は人生の墓場だよね

年収1300なのに月3万(飯込み)しかないンゴ
小遣いアップしてくれというとDVと叫ばれるンゴ

なんだよおこづかいって
働いてるのは夫じゃん
ムカつく

お小遣い制なんて非合理的なことやってるのは日本だけ

初めの頃は全額渡してた(45万位)
小遣い制(1.5万)にして足りない時はまたもらう
明らかに足りないし弁当代も自腹になったので
小遣いがなくなると毎日500~1000円づつもらうようになった
そのちょっとの弁当代をケチるので毎朝喧嘩になる
今では家に35万ほど入れるようにして残りは自分で管理するようにした
嫁も威張らなくなり、俺の生産性も上がりかなり円満になった
お金を握るから女は強気になるだけ

そうだよね
小遣い制が基本非合理で間違ってるから
問題になったり、海外からも変な目で見られるわけだ

6名無しさん@おーぷん2015/10/20(火) 23:45:53ID:ub4
なんで既婚者って小遣い制なん?
一人暮らし手取り20万で年200万貯金の俺からしたら、てめえに任せられねえで一蹴できそうだが・・・
40名無しさん@おーぷん2015/10/20(火) 23:47:54ID:lCZ
>>36
まぁ結婚すると嫁が財布握るのが当たり前、みたいな雰囲気でさ、、

お前ら何で結婚したんや…結婚後に猛烈に後悔中の言葉まとめ
運良く気立てが良く、家庭を上手く切り盛りできる女性と結婚できれば結婚は成功。運悪く性格に著しく問題を抱えていたり、ニート気質...


スポンサーリンク



こづかい制を決めている妻達の言い分

サラリーマンは小遣い制でしょ

相場だと給与の1割くらいって聞きますよ。
うちもその程度です♪

3万です。飲み会代は内容に応じて家計から追加分出す事もありますが、飲み会の回数によっては余るので貯金してるみたいです。
お昼は社食で引落、散髪は家計から、服はボーナス時に家計からです。

世界各国では日本のようなこづかい制はほとんど無い

こづかい制給料結婚

まず、ヨーロッパでは「夫婦で稼いできたお金をひとつの口座にまとめて、一緒に管理するのが一般的です」(ベルギー人男性・20歳)と、日本のように妻に家計を任せっきりにしないのが主流とのこと。

「収入は家族のものとして管理するので、個別に財布を持つことは少ない」(デンマーク人男性・29歳)ようで、個人的な趣味などに使うお金は、その都度相談しながら仲良くやりくりするそうだ。

反対に、夫婦関係がドライな国もちらほら。

「フランスでは、家庭に入れるお金の額は月々の話し合いで決める。夫婦で必ず別々の財布を持っているね」(フランス在住経験のある日本人男性・32歳)。これはアメリカも同じで、いかにも契約的な感じ。

そもそも「欧米には子供に与えるものとしての“小遣い”はあるが、夫がもらうものという認識は、まったくない」(アメリカ人女性・47歳)らしい。

そのほかにも「奥さんが夫から小遣いをもらってることが多いですよ」(トルコ人女性・28歳)と、日本とは逆の“夫優位システム”の国もある。

「自分の小遣いは毎月必要な分だけ収入から抜いてます。家に入れるお金はほぼ一定。月の収入によって自分の小遣い額は変わるよ」(ネパール人男性・42歳)という国も多かった。

日本と同じような家計システムをとっているのはお隣の韓国くらいなもので、夫の「小遣い制」は世界的に見るとかなり珍しいようだ。

男性が結婚で後悔する理由をまとめると理想と現実の落差が酷い
結婚は、その制度上や法律面で、男性側に過度に負担がかかるような仕組みになっています。そして脳の仕組みから恋愛感情の賞味期限は...




男性にとっての結婚とは「それまでの個人の人生や人格と決別して夫という型にはめられる現象」

こづかい制給料結婚

かたにはめる
決まった枠にはめて個性や独創性をなくす。「子供を―」

「こづかい制なんて絶対おかしい!!うちは断固、働き手の俺が金の管理をする!!」と奮起する夫の方もいるでしょうが、日本の家庭ではこづかい制が主流。「朱に交われば赤くなる」「郷に入りては郷に従え」ということわざ通り、結婚したからには否応無しに、なあなあ的に嫁にこづかい制を強制される確率が高まります。こづかい制という世間の風潮に反し続けた結果、DVだとして嫁側に脅迫されるパターンも…。

結婚するという事は「とんでもなく流れが速くて川幅も広い川のど真ん中に放り込まれる」ようなもので、必至の努力をして流れにあらがえば川岸にたどり着いて脱出することもできますが、現実的には脱出は至難で、あらがいようのない大きな流れの前に、ほとんどの人が急流に流され続けて同じ道をたどるようなもの…だというイメージをブログ管理人はもっています。

「がっつり稼いでどんどんお金を使う」という独身時代の行動パターンでいるから急に使えるお金が大幅に制限されるこづかい制に嫌悪感を覚えるわけで、「結婚後は稼いだお金は家庭の維持と嫁・子どものために使う」という「良き夫」という型にはめられることを嫁も世間も望みます。

もしもこういう状況を受け入れられないようなら、結婚は決しておすすめできません。

ちなみに、「かたにはめる」という言葉はヤ○ザ系映画でまれに使われる極/道用語でもあり、

「あの野郎、きっちり型にはめたるわい」

という使い方だと「罠にかけてがんじがらめの状態にする」といった意味になり、

「しくじったら、型にはめるぞ」
「おどりゃあ!型に嵌められたいんか!」

といった使い方をするときは、優しく言うと“お仕置きをする” とか “強引に言うことを聞かせる” いうような意味で使われているようです。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ