本当に寿命を削っている!想像を絶する超激務な漫画家生活

comicmakerlife11

クリエイティブな職業の1つとして挙げられることが非常に多い「漫画家」。その特殊性と希少性は、芸能人一歩手前と評しても良いほど。実際、売れっ子の漫画家は雑誌インタビュー等で芸能活動に近い仕事もたくさんこなしています。

しかしその一方、民間のブラック企業のブラック度をはるかに超越した、ガリガリと寿命を削る圧倒的激務生活も漫画家の宿命。漫画家の仕事のキツさについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

平均的な週間漫画家の1日スケジュール

漫画家生活解説

9:00 起床

朝の5時頃まで仕事をしていたため、数時間仮眠して起床。すぐに作業にとりかかります。

13:00 昼食

忙しい時期は、おにぎりやパンなどをほんの5分程度で食べることも。

14:00 資料探し

インターネットや書籍から、ネタ作りのための資料を探します。

19:00 打ち合わせ

担当の編集者と次のストーリーの打ち合わせを行います。貴重な意見をもらえるチャンスです。

21:00 ネーム作り

夜中が最も集中できるため、ここから本格的にペン入れをスタート。

0:00 休憩

集中力が途切れてきたころに、軽い食事と30分程度の仮眠をとります。ここから、再び朝方まで仕事をします。




運動不足と不健康な生活が漫画家の職業病

運動不足

漫画家生活解説

基本的に漫画家の仕事は絵を描く作業になります(そもそも、ネタは原作者の方や編集者の方から提示されていることもあります)。

そのため、漫画家はどうしても運動不足になってしまいがちです。

漫画家を目指す過程でも、すでに机に向かう時間が人一倍多くなるので、漫画家も、漫画家を目指す途中の人でも、運動不足の解決はしっかり考えておきたいところです。

脳を働かせるには、脳の血行をよくすることが必要です。そして、血行というのは、全身でつながっているものなので、体の血行のよさは、脳の血行のよさにもなるのです。

漫画家になるには?漫画の仕事の苦楽を漫画業界人の声から解説
「夢のある仕事」の1つに必ずと言って良いほど挙げられる「漫画家」。漫画家はどのように漫画を制作していて、どのような種類の収入...

不健康生活

漫画家生活解説

漫画家の食生活は不健康になりがちです。売れっ子作家さんでも普通にカップ麺だけで終わることはよくあります。

お金はあっても買いに行く時間がなかったり、アシスタントすらも忙しかったり、いいものは買いに行けても、インスタント食品やパンなどの方が、食べるのが簡単なので、ついそっちに走ってしまいがちなのです。

ご飯は、食べるために茶碗と箸を用意して、食べる間は手を止めないといけませんが、パンなら食べながら作業できるためです。



スポンサーリンク



こうしたことから「ゆっくり食事を楽しむ」という習慣がつい失われがちな仕事なのですが、食と感性はつながっている部分も多いので、できるだけ、豊かな食生活を心がけたいものです。

水木しげる先生の語る「睡眠のチカラ」

漫画家生活解説

漫画家生活解説

『手塚治虫×石ノ森章太郎 マンガのちから』という全国巡回のコラボ展覧会において水木しげるが寄稿した漫画において描かれた『睡眠のチカラ』という作品内で、とある出版社のパーティーに参加した際石ノ森章太郎と手塚治虫が徹夜自慢をする中、水木は『自分はどんなに忙しくても10時間は寝る。睡眠を馬鹿にしてはいけない。幸せなんかも“睡眠力”から沸いてくる。“睡眠力”こそ全ての力の源』と語り、両氏から一笑に付される。
しかし手塚、石ノ森の両氏は60歳の若さでこの世を去っており『・・・というわけで両氏は早死にしてしまったんだなぁ』と水木はオチで語っている。

また、水木氏はこんな漫画も遺している

漫画家生活解説

漫画家生活解説

先日、水木しげる氏が逝去されましたが、不思議と悲しい気持ちはあまり起こらず、ひとえに氏の妖怪的な伝説の数々のたまものだと思われます。向こう側の世界でも元気にやっていってもらいたい方です。


漫画家という仕事が超過酷な4つの理由…同業者との才能の差
オタク系の趣味をもつ人が憧れることの多い「漫画家」という仕事。自分の創り出した世界が何万人・何十万人という読者に愛され、さら...

漫画を描くには数々のコストと経費がかかる

漫画家生活解説

実際にかかった経費の内訳を見てみましょう。
まず原稿料80万円の内、源泉税が10%引かれた額が出版社から僕の口座に振り込まれます。
残りは72万円です。
当時は会社組織化しておらず、作画は一部を外部作画スタッフに委託していたので、その費用が月47万円で残りが25万円。
仕事中のスタッフの食事代は漫画家が支払うのが業界の慣例となっていて、その食費が約10万円で、残りが15万円。
画材代、資料代が約10万円で、残りが5万円。
自宅兼、仕事場として使っていたアパートの家賃が7万円で、残りがマイナス2万円。
さらに光熱費など諸経費が5万円で、残りマイナス7万円。
おおざっぱな数字ですが、なんと原稿料だけでは赤字でした。
この中に僕の生活費は一切含まれていません。
―― 漫画貧乏 より




過酷な仕事生活でボロボロの漫画家達のコメント

漫画家生活解説

自分は漫画家ですがまだ20代なのに腱鞘炎、痔、肩こり、頭痛、すべて慢性化しててボロボロです
睡眠は締切の数だけ取れません
何もかも自己責任、嫌だ嫌だと叫びながら編集の条件に従い描いたとしても
私の名前で出てるわけですから自分の意に沿わない部分だろうが
つまらなければ作家が責められます
諸々精神的にギリギリです
作家になるだけでも一握りなのに、長く続けられる作家は一つまみも居ません

週刊連載は時間との戦いもあります。精神衛生上良い仕事ではないようです。もちろん生涯現役で亡くなる直前まで描かれていた方もいますが、どちらかといえば勇退もしくは連載終了後そのまま消えていく方の方が多いように見えます。
精神を病んだ作家さんも結構いるようです。

漫画家やめたい
子供の頃からの夢だった漫画家。35になった今、ホント割にあわねーなって思う。
好きで選んだ道だけどこんなに割に合わないとは思わなかったよ。
ジャンプですら今や新人単行本初版は3万。短期打ち切りだと3巻で9万。360万だよ、印税。
必死こいてあらゆる新人と戦って勝ち抜いて、1/10000とも言われる連載権勝ち取って。それで360万。
景気の良かった20年前なら3巻打ち切りでも1巻10万、30万部出たから1200万持って帰れた。
最悪でもそれならまぁ、頑張る価値はあったと思う。1000万あれば飲食店だって開ける。でも今や360万。
馬鹿じゃねーの。

なぜ漫画家は漫画家を辞めるのか?…出版社による搾取や困窮
「これほどの才能とオリジナリティーが有ってもダメなのか……」とうなだれてしまうことがブログ管理人にはよくあります。ファンにな...


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ