ノルマ&激務&ストレス…高給の代償に銀行業界は超ブラック

銀行激務ブラック業界

就活生の間でも毎年人気の高い「銀行」。やはり、高給であることと、お金に囲まれた仕事であることからリッチで華やかで世間のイメージも良い、という理由からでしょうか?

しかし、よく調べてみると、銀行業界はかなりのブラック業界であることが分かりました。高偏差値の大学から「俺なら勝てる!」と意気揚々と入行した人でさえも、エリート同士の過酷すぎる出世レースに心を病んで退職する始末。銀行のブラックな点を調べてまとめました。

スポンサーリンク

銀行員の仕事内容とは?

銀行激務ブラック業界

銀行の主な仕事は、大きく分けて3つ。「預金業務」、「貸付業務」、「為替業務」である。

「預金業務」は私たちも想像しやすいかもしれない。私たちは銀行口座を通してお金を預けたり引き出したりしている。それを管理する仕事だ。

次に、「貸付業務」。貸付とは、文字通り人や企業にお金を融資すること。

例えば、企業が事業拡大するときや、個人が住宅を建てるなど、まとまった大金が必要となった場合に、その資金繰りを助ける役割を果たしている。融資を受けた側が払う「支払利息」によって、銀行は利益を得る。

銀行を舞台とした大ヒットドラマ「半沢直樹」でも、貸付業務のシーンは何度も出てきている。




スポンサーリンク





この貸付業務、もし融資先が倒産したり破産したりして資金を返せなくなれば、銀行は大損害を被ることになる。よって、融資を行う際には慎重な調査や審査が必要となる。

最後に「為替業務」。為替業務というのは、債権や債務の決済をするために振り込みや送金を行う業務のこと。もう少しわかりやすく言えば、電気料金やガス料金、水道料金や電話料金など公共料金の口座振替などを担当する仕事のことだ。

そのほか、貸金庫の管理、手形の引き受けなども銀行員の業務の範囲内だ。




とあるメガバンク支店の日常

銀行激務ブラック業界

課長:おいアホ!いつになったら稟議(※(所定の重要事項について)主管者が案を作って関係者にまわし、文書で決裁・承認を得ること)まわすんだ?この程度の社数で仕事回らねえなら担当外すか?
それとも仕事してる振りしてんのか?月曜日から客サ行くか?それともローンやりたいのか?
代理:だめですよ課長、コイツには客サすら任せられませんってw宝くじの呼び込み位しか出来ませんよw
課長:そうだな、じゃあ今日1日外立っとけ。声出さなかったらうちの課クビな。それが嫌なら辞めてくれ。
あととりあえずお前その机空けろ、一年生に使わせた方がまだましだからな。パソコンの中身も消せ。検査怖いし。
代理:おい、宝くじやってたから数字行きませんでしたは通用しないからな!てめえ、自分でやるって言ったんだから数字はやれよ!
先輩:呼び込みのあとコピーとファイル整理あるからダラダラしてんじゃねえぞ。課長も俺も昼飯食ってないからお前にも休憩なんて絶対とらせねえぞ。
あと忘れずにパソコン切れよ、お前には時間外つけさせねえからな。

代理:おい…さっきから何だてめえそのふてくされたツラはよ?!自分が不遇だと思ってんのか?
今のてめえにはこれが相応の扱いなんだよ。認められたかったら這い上がれるよう努力しろよ?
課長:お前にはもうそういう気持ちもないんだろ?どうせ甘やかされて育ったんだろうな。
やる気ないんなら辞めてくれ。お前なんかと一緒に仕事したくないからよ。どうなんだ?あ?

高給の銀行員が激務ノルマで潰れて公務員を目指すお約束ルート
高偏差値の有名大学を卒業して、高給取りと言われる銀行員に採用されたまでは良かったものの、ノルマ地獄や、「晴れの日に無理矢理傘...
楽天銀行 ATM手数料をすぐ無料化できて楽天ポイントも大量
今の時代はなんでもネットで済ませるのが当たり前です。ネットに即座につながるスマートホンの国民的普及で、友達とのLINEやSk...

ネット上の「銀行はブラック」情報

銀行激務ブラック業界

俺も今年入行
業界自体ブラックだよな
仕事開始の50分前には職場来て建物のそうじ
昼休みは飯食べる10分だけ
夕方6時とかに退行扱いにしてから外回り
休日は地元の川掃除やボランティアに駆り出され、他の休みは外回り勿論サービス出勤
ノルマの為に家族・友達動員し友人が減っていく
有給休暇は勿論使えず、有給の強制消化制度ではとったことにして外回り
取引先の商品をやたら買わされ、支店の飲み会では店員の様に働きピエロの様に盛り上げ役に徹して普通に一人分払う
そしてなぜか次の日昨日はありがとうございました。と朝の挨拶
く/そ過ぎる。もう辞める

高学歴エリート達を食い潰す銀行証券保険の金融業界という魔境
小中高と受験戦争を勝ち抜いて有名大学へと入り、誇らしい人生を歩んでいたのに、高学歴しか採用されない「銀行・証券・保険の金融業...



スポンサーリンク



28、32、35の先輩も毎日殴られてる
2、3年目の人はやめた
4年目の人は今鬱で休んでる

仕事やめたい
銀行員ですが、ノルマこなせなくて毎日泣きそうになっています。
最近は今までやさしくしてくれていた方も冷たくなり、居場所がなくなりました。
仕事が遅く客からクレームが絶えないし、僕の仕事に上司はかなり疑心暗鬼になっており、
なかなか稟議も通らないし、報告を求めてくる。
実は3年前、診断書をもらい、支店の移動となった経緯があります。
今回も診断書は出るかもしれないけど、2回も会社に迷惑かけることは出来ません。
また、妻は妊/娠しており、仕事をやめる勇気もないです…しかも、もうすぐ出産予定。
どうしたらいいでしょうか。
真剣に悩んでいます。
もう発狂しそうです。。。

ソルジャー…最もキツい最前線の営業や販売をするのみの仕事
本物の戦争では、銃弾の飛び交う最前線に立って敵軍と直接戦う兵士というものは最も死亡率が高く、軍隊の中では貧乏くじ、不幸な役回...

保険商品や何やら大学の時の友人にだいぶ売ってノルマ処理した
たぶん嫌われた、嫌われても仕方ない

体育会系だから優遇されるわけではなく体育会系の先輩のむちゃぶりに慣れているから優遇されるって感じ
特に飲み会でのむちゃぶりに慣れていないと厳しい
野球部とか人数の多い大学のクラブに入っていれば自然とそういう状況に慣れているから上司にも気に入られる
地頭の良さとかはあんまり関係ないよ

体育会系…モテて就活有利等人生初期から中期で頭脳系を圧倒
なんだかんだいって、最後の最後には体力と精神力がものをいうことが多い…。就職で有利・スクールカーストで上位・恋愛でモテやすい...

やりがいもないよ
結局は数字とるためにじいさんばあさんの相手してるわけだから
あたかも孫になったかのような雰囲気出して回らなきゃいけないし
だましてるわけじゃないが申し訳なさが半端ない

毎回営業で来る人が違ってドン引きしたわ
もちろん聞いてみればみんな辞めていったらしい。
「前任者は残念ながら辞めていったんですよー」とかいってたやつが半年後やめてやがる

そらもう毎年大量に新卒を入社させるのは、そんだけ辞めていくからやん

ノルマあんどノルマ
定期預金だの投資信託だの何千万単位で集めてこんとあかんで

超激務とメンタル破壊の極み…銀行や証券の金融業界コピペ集
金融業界…銀行・証券・保険のような業種は、一般に高給だと言われています。銀行を例に取ってみると、どの銀行も業務は似たり寄ったりで同業...

メガバンなんか配転あるから相手が損しようが売りまくれと言う上司もいるらしいな
畜生じゃないとやってられなそう

金融にかぎらず、営業力を要する職種は
上辺だけで人付き合いできて、他人の人生が
自分の言動で狂おうとも屁とも思わない人間
でないと、絶対に精神バランスが異常をきたすべ。
まじめに良い商品を売ろうとか、客の人生を
自分の仕事で豊かにしたいとか思う良い人は
絶対に就いちゃダメ。




銀行業界がブラックたるゆえん…ノルマと勉強

銀行激務ブラック業界

精神的にキツすぎる大量のノルマ

銀行員が激務だと言われる1番の理由は、ノルマがあることです。銀行員のノルマというと定期預金やローンなどの獲得を思い浮かべますが、実際はその ほかにも投資信託や保険商品、クレジットカードなども含まれます。預ける側からすると、この超低金利の時代、定期預金は魅力的な商品ではありません。

投資信託や保険も、銀行でなくても取り扱っている会社はあります。つまり、銀行側はより積極的に売り込んでいかないと、獲得実績が得られないわけです。特に営業が苦手な人にとってこの激務はつらいものです。

また、メガバンクともなればノルマの件数、金額も大きくなり、負担は大きくなります。ノルマが達成できなければ即クビ、ということはありませんが、ボーナス査定や人事考査に影響してきます。数字のみで判断されるため、とてもシビアです。

激務の合間に資格勉強

試験勉強に苦労するは学生の間だけではありません。銀行員も試験を受けるため、日々の激務に加えて、勉強もしています。銀行業務検定試験が代表的なものです。法務、税務、財務、融資、外為・・・と科目はさまざま。
試験の階級が進んでいくと難易度が高くなるので、勉強時間もかかります。たいていこの試験に合格しないと階級が上がることはなく、結果が給与や人事に反映されますから、みんな必死です。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ