活字の海で創られた小宇宙…独創的で魅力的な世界観の小説

漫画アニメ小説世界観良い

前回の「世界観が良いアニメ特集」に続き、独創的で魅力的な世界観をもつ「小説」を調べてまとめました。一般小説も取り扱っていますが、ライトノベル寄りの作風の小説が多いです。

前回のアニメ特集ページは↓からどうぞ。

ずっと世界に浸っていたい…独創的で魅力的な世界観のアニメ
漫画やアニメやゲーム等で真っ先に人々の意識をとらえるのはキャラクターの良し悪しやストーリーの良し悪しだったりしますが、作者が...

長い巻数に渡って丁寧かつ綿密に描写された小説の世界観には圧倒されるものが多いです。

スポンサーリンク

独創的な世界観をもつ「小説」編

キノの旅

漫画アニメ小説世界観良い

旅人のキノが相棒でモトラドのエルメスと旅をしながら、様々な国を巡るという短編、1話完結型のファンタジーである。基本的にはキノら旅人が、毎話、独特の制度や技術、価値観を持つ国家や国民と関わるというストーリーで、そこに寓話の要素を持つ。本作はライトノベルにおける「寓話的異世界物語のさきがけ」という評価もある。

物語の世界は、様々な都市国家が散在する架空の世界である。国はそれぞれまったく異なった文化や文明を持っており、社会体制や技術レベル、国民の価値観など千差万別である。例えば原始的 な国家もあれば、近未来的な技術を保有する国家も存在する。国の大きさも様々であるが、原則として城壁に囲まれていることは共通であり、城壁には堅牢で あったり、形だけの境界線または本来あるべき城壁が無いことで、その国の性質が表されていることもある。また国同士の交友関係も様々であり、友好な国同士もあれば戦争中の国同士もあり、あるいは存在が他国に知られていないという国もある。すでに滅亡し、残骸しか無い国や、比較的新しい国も存在する。

黒星紅白…サモンナイトやキノの旅の進化するイラスト絵
往年の名作シミュレーションRPG「サモンナイトシリーズ」や、大ヒットしている寓話系ライトノベル「キノの旅」のキャラクターデザ...

狼と香辛料

originalworld11

旅の青年行商人クラフト・ロレンスは、商取引のために訪れたパスロエ村を後にした夜、荷馬車の覆いの下に眠る1人の密行者を見付ける。それは「ヨイツの賢狼」ホロと名乗る、狼の耳と尻尾を持つ少女であった。

ホロは遙か北の故郷「ヨイツ」を離れての放浪の中、パスロエ村の麦に宿った狼であった。ホロは神と呼ばれ、長年村の麦の豊作に尽くしていたが、農業技術の進歩によってないがしろにされるのを感じ、望郷の念を募らせていた。そしてついに収穫祭の日、通りかかった荷馬車の麦束に乗り移って村を脱出したのであった。

少女が狼の化身であることを知ったロレンスは、彼女を旅の道連れとした。2人は行商の途中、様々な騒動に巻き込まれながら、ホロの故郷を目指して旅をすることになる。

本作で描かれるのは中世ヨーロッパを思わせる架空世界であり、ここでは超常的現象はいっさい生じない。唯一の例外が知性を持つ獣の存在で、彼らはその正体において同族をはるかに凌ぐ体躯を持つうえに長寿あるいは不死であり、人間へ化身することができる。また、人間との間に子をなすこともできる。作中では狼であるホロ以外に鳥・羊・鹿らが登場するが、彼らは人目に触れることを嫌い、迫害されることを恐れ、人間に姿を変えて人の世にまぎれるか人里から離れて暮らすため、人間の間ではその存在は伝説となりつつある。

おすすめ!ネットで話題になりやすい名作ライトノベルの特集ページは↓からどうぞ。

おすすめ作品だとネットで必ず挙がる面白いライトノベルまとめ
数々のライトノベルを読みあさり、目が肥えた人達がこぞってネット上で推薦する、ライトノベルの誕生から今現在まで続く歴史に名前を...

十二国記

漫画アニメ小説世界観良い

日本で生まれ育った普通の女子高生・中嶋陽子は寝る度に恐ろしい気配に追われ、日を追う毎にその距離が縮まっていくという異様で怖い夢を見ていた。 そんな陽子の前に、突如「ケイキ」と名乗る異装の男が現れる。ケイキは陽子を主と呼んで跪き、一方的に謎の盟約を迫る。突然の出来事に戸惑う陽子を異形の獣が襲撃、それを辛くも退けたケイキは、強引に陽子を月の影の向こうにある地図にない世界へと連れ去った。陽子はケイキから「決して剣と鞘を離さないように」と碧の玉が付いた鞘に収まった剣を渡され、「剣を振るえない」という陽子に自らのしもべの賓満・冗祐を憑依させ、陽子の意に反して陽子に襲い掛かる獣 を体が勝手に動いて撃退するようにして、他のしもべに陽子を託して彼女を異世界に送り出した。

文化、政治形態は古代中国(特に周王朝)に類似しており、官僚の力が強い絶対的な王制である。王とその家族、麒麟、一定以上の位を持つ者は神仙となり、その地位にある限りほぼ不老不死となる。王とそれを選ぶ麒麟、そして天意とは何なのかという問いが、作品全体の主題である。

獣の奏者

漫画アニメ小説世界観良い

「リョザ神王国」と呼ばれる異世界の地を舞台とするファンタジー巨編。運命に翻弄される少女・エリンを軸に人と獣の関わりを描く。『I 闘蛇編』『II 王獣編』『III 探求編』『IV 完結編』の全4巻から構成される。

獣ノ医術師で ある母とともに、闘蛇衆たちの村で暮らす少女エリン。彼女の母ソヨンはその優れた医術の腕を買われ闘蛇のなかでも特に強い<牙>の世話を任せられていた。ある日、村で飼っていた全ての<牙>が突然死んでしまい、母はその責任を問われ処刑されることとなった。エリンは母を助けようと必死に奔走するも失敗、母と引き離され天涯孤独の身の上となってしまう。その後、蜂飼いのジョウンに助け出されたエリンは彼と共に暮らすうち、山奥で天空を翔る野生の王獣と出会う。その姿に魅せられたエリンは母と同じく獣ノ医術師になることを決意し、ジョウンの昔なじみでもあるエサルが教導師長を務めるカ ザルム王獣保護場の学舎へと入舎する。



スポンサーリンク



ロード・オブ・ザ・リング

漫画アニメ小説世界観良い

遠い遠い昔、闇の冥王サウロンは密かに、世界を滅ぼす魔力を秘めた“ひとつの指輪”を作り出した。サウロンは自らの残忍さ、邪悪さ、そして生きるものすべてを支配したいという欲望を、この指輪に注ぎ込んだのだ。

やがて「中つ国(ミドル・アース)」の自由な地は、指輪の力をふるうサウロンの手に落ちていった。激しい戦火の中 勇気ある者たちがサウロンの支配に次々と立ち向かい、ひとりの勇者、イシルドゥアがサウロンの指を切り落とすことに成功した。サウロンが敗れたのだ。しか しイシルドゥアは指輪を破壊せず自らのものとし、悪を永久に滅ぼす唯一の機会を失った。そして指輪はイシルドゥアを裏切り、死に追いやる。

その後、指輪は時と共に所有者を変え、所在を変え、いつしか伝説、そして神話となった。

ハリーポッターシリーズ

漫画アニメ小説世界観良い

1990年代のイギリスを舞台に、魔法使いの少年ハリー・ポッターの学校生活や、ハリーの両親を殺,害した張本人でもある強大な闇の魔法使いヴォルデモートとの、因縁と戦いを描いた物語。1巻で1年が経過する。

孤児で、従兄弟等にいじめられているハリー・ポッター少年は、11歳の誕生日に自分が魔法使いであることを知る。

ホグワーツ魔法魔術学校へ入学し、いままで知らなかった魔法界に触れ、亡き両親の知人をはじめとした多くの人々との出会いを通じて成長する。

そして、両親を殺.害したヴォルデモート卿と自分との不思議な因縁を知り、対決していくこととなる。

ホグワーツ魔法魔術学校は年少の魔女や魔法使いが魔法についての理論や実技を学ぶための7年制かつ、全寮制の教育機関。その年の9月1日時点で11歳である魔女や魔法使いに入学資格が与えられる。進級や卒業についての制度は特に明記がないが、成績不良が目に余る場合は退学もありうることが1巻で示唆されている。

場所はイギリスのスコットランド地方と推測される。最寄駅はホグズミード駅。

世界一安全と評される古代魔法の牙城。ヴォルデモートでさえホグワーツへの侵攻には時間を要した。

史上最も売れたシリーズ!ハリー・ポッターが大人気の3大理由
ファンタジー世界での、魔法を学ぶ学園を舞台にした小説「ハリー・ポッターシリーズ」は驚異的な売上を記録し、たびたび映画化もされ...

境界線上のホライゾン

漫画アニメ小説世界観良い

人類が天上から戻った時代。人々は、唯一人類が地球上で生活可能な土地「神州」で改めて人類が天上へ戻ることを目的として、「聖譜」に従って過去の歴史を再現していた。

しかし、100年ごとに更新されるはずの聖譜記述がなぜか更新されず、世界は終焉へと向かっていた。

そのなか、極東に唯一認められた独立領土、巨大航空都市艦「武蔵で、主人公・トーリは昔死んだはずの少女、ホライゾンに告白すると宣言する。その翌日三河が、地脈炉の暴走により消滅し、ホライゾンが極東が所有を禁止されている大量破.壊兵器「大罪武装」焦がれの全域であることが分かる。

大罪武装の返還と三河消滅の責任をとるため自/害することになったホライゾンを救うための大義名分として挙げた、大罪武装の収集による末世解決を行うため大罪武装を手に入れるための戦争を始める。

この世界は、「流体」からなる「現実世界」に基づいている。

現実世界(げんじつせかい)
作中の舞台。この世に最初からある世界。地脈を通う流体が構成している。
地球(ちきゅう)
人々が住む星。かつて荒廃し、環境神群が苛烈な自然環境へ強化回復した。そのため、ほとんどの土地が開拓し難い強靭な環境となっている。今の人々は、環境神群の拠点で回復が遅れた極東の地でしか生活できない。
天上(てんじょう)
地球外の世界。そこに至れれば、人々は神となる至高の世界。
流体(りゅうたい)
空間の構成要素。どんな矛盾も許容する。流体が物質やエネルギーの“性質”に変化・密集し、万物は在る。無も「無」という性質の流体の密集で、世界に流体がない場所は無いとされる。

続編の世界観が良い「漫画」編は↓からどうぞ。

善の世界も悪の世界も素敵…独創的で魅力的な世界観の漫画
前回の小説特集に引き続き、独創的で魅力的な世界観をもつ漫画特集です。 前回の小説特集ページは↓からどうぞ。 ...


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ