中二病…思春期特有の自己特別感による空想や言動を意味する

中二病

中学生に差し掛かって精神年齢の成長とともに自我が肥大してくると、大抵の人間がかかる「中二病」。一般に痛々しい言動とされ、後年では消し去りたい黒歴史として扱われることが多いのですが、近年では「中二系作品」という呼称が生まれ、「エンターテイメントとしての中二病的要素を含んだ漫画やアニメ作品」というジャンルの1種として肯定的に受け入れられることが多くなってきています。中二病を調べてまとめました。

スポンサーリンク

中二病…貴様はその語源を知りたいというのか…?

中二病

中二病(ちゅうにびょう)とは、「(日本の教育制度における)中学2年生頃の思春期に見られる、背伸びしがちな言動」を自虐する語。転じて、思春期にありがちな自己愛に満ちた空想や嗜好などを揶揄したネットスラング。「病」という表現を含むが、実際に治療の必要とされる医学的な意味での病気、または精神疾患とは無関係である。

伊集院光がラジオ番組『伊集院光のUP’S』の中で用いたのが最初と言われている。伊集院本人が指標として挙げた例は「『因数分解が何の役に立つのか?』『大人は汚い』と言い出す」「本当の親友を探そうとする」など。
表記を変えて「厨二病」「厨弐病」とも称される。




中二病の具体例を知ると心が闇に呑まれるぜ?

中二病

「ヲタク文化研究会」著『オタク用語の基礎知識』の当該項目では、典型的な「症例」として以下6点が紹介されている。

  1. 洋楽を聴き始める。
  2. 旨くもないコーヒーを飲み始める。
  3. 売れたバンドを「売れる前から知っている」とムキになる。
  4. やればできると思っている。
  5. 母親に対して激昂して「プライバシーを尊重してくれ」などと言い出す。
  6. 社会の勉強をある程度して、歴史に詳しくなると「ア/メリカって汚いよな」と急に言い出す。

中二病の3タイプ…その全てが別個に天上を目指す孤高の旅人…

中二病

ライトノベル作家、塞神雹夜(さえがみ ひょうや)の『中二病取扱説明書』によると、中二病には主に以下の3つのタイプがあるとされる。

DQ.N系
反社,会的な行動や不良を演じ、格好いいと思い込んでいる。根は真面目であったり、臆病であったりするので本当の不良にはなりきれない。喧嘩や犯罪行為に対する虚言が多い。「D,QN」とは「反社会的な人」や「迷惑な不良系」を表すネットスラング。
サブカル系
流行に流されずマイナー路線を好み他人とは違う特別な存在であろうとする。別にサブカルが好きなわけではなく他人と違う趣味の自分は格好いいと思い満足している。
邪気眼系
不思議・超自然的な力に憧れ、自分には物の怪に憑かれたことによる発現すると抑えられない隠された力があると思い込み、そのような「凄い力」がある自分を妄想し、悦に入る。また、そういった設定のキャラクター作りをしている。

「無気力系中二病」…? やれやれ…眠いからまた今度な

中二病


とりあえず授業は寝る。たまに起きてても、頬杖をつきながら外を眺めたり……。
話し合い? 勝手にやれ。部活? かったりーよ。どうでもいい。やれやれ。
この手の厨二病は、周囲の人間より、自分はクールなオトナな人間であるであると主張したい傾向にある。
彼のような『クールでかっこいい主人公』に自己投影しているタイプであろう。
勿論そんなのはクールでも何でもなく、周囲から見たらただの根暗野郎にしか見られていない。勉強がそこそこ出来るならともかく、成績が低かったりしたら周囲の評価は下がる一方だろう。

このような要素をもつ作品こそ世界は中二病系作品と呼ぶのだ!

中二病



スポンサーリンク



  • 世界が俺を否定するなら
    俺は世界を否定するッ!!
  • 「○○○」
    それが彼女の二つ名だった
  • 一見何の能力もない主人公・ヒロインが実は最強の力を秘めている
  • ~へと~されし者よ…~より~給え!!
    みたいな表現
  • オッドアイ
  • 銀髪、白髪
  • 長文詠唱とかルビが他言語
  • 火、風、水、雷、大地、光、闇
  • 主人公がやる気なし。しかしいざというときは熱い
  • 黒い炎
  • ─────────嘘だ

ちなみに、中二病時期にある中高生にはこういった要素が「かっこいい」と受け、大人の消費者にもこういった青春期の青臭さが好きな人は一定数いるので、そういった層をターゲットにするために意図的に作品内に中二病要素を盛り込んでくる漫画家・小説家が大勢います。




それが世界の選択か…中二病言動が売りのアニメ系有名人達

シュタインズゲートの岡部倫太郎

シュタインズゲート岡部倫太郎

全てに意味があった。無駄なんて、一つもなかった。俺はもう恐れない。恐れてはいけない。犠牲にしてきたたくさんの想いに報いるためにも。この瞬間に立つことができた俺に、誇りと自信を持つ。そして必ず到達するのだ。未知の世界線『シュタインズゲート』へ

表面的には重度の厨二病で、狂気のマッドサイエンティスト・鳳凰院凶真(ほうおういん きょうま)の二つ名を名乗る。節度のない厨二的振舞いに加え、空気の読めていない言動も嵩むため交友関係は狭い。特に象徴的な厨二的行動のひとつとして、窮地に追いやられたり、深く感銘を受けた場合に、突然繋がっていない携帯電話を片手に架空の同志とエア通話を始めることがあり、その会話内容から鳳凰院こと岡部は「とある機関に狙われている」設定を持つことが伺える。

こうした痛々しい振舞いは、6年前のまゆり絡みの理由から意識的に演じているものであるが、劇中では意識せずとも自然と厨二病的な言動をとれる程になっている。根は善人でお人好し。不測の事態に対してはあっさり動揺するが、ラボメンの危機には率先して対処する仲間思いな青年である。物語の最初と最後とでは、振舞いは同じでも印象が変化していく人物として描かれている。

厨二病をゲームストーリーに取り入れた理由として、シナリオ担当の林は本作のテーマの一つが「中二病ってイイじゃん」であり、「中二病の魂を呼び覚ますストーリーにしたかった」と答えている。実際、岡部倫太郎の言動につきまとう中二病の見え方が前半と後半でがらりと変わるのが本作の大きな見所で、見終わった後には「中二病ってイイじゃん」と感動すること請け合い。

シュタインズゲート SFと恋愛と中二病が融合した面白アニメ
東京の秋葉原を舞台にした人気SFアニメ。一見すると物語設定はオタクっぽいイメージが強いけれど、いざ実際に見てみると、ストーリ...

俺の妹がこんなに可愛いわけがないの黒猫

俺の妹がこんなに可愛いわけがない黒猫五更瑠璃

お願いだから返して頂戴。
……それはね、私たちの努力が報われないからといって、どんなに悔しくてねたましくて気に喰わないからといって、どうにかしていいものではないのよ。
私のことは幾らでも好きに言うがいいわ、だけど、自分がいままでやってきたことを冒涜するのはやめて頂戴。でないと………………本当に呪い殺すわよ

ハンドルネーム「黒猫」。中学3年生。本名は五更瑠璃。
サークルや個人ブログも持っているディープなオタク。
また対戦型格闘ゲームの世界大会で上位入賞する程の凄腕ゲーマーでもある。

美少女ではあるのだが、やや他人を見下すような発言や、 自分をフィクションの登場人物と同一視するかような痛々しい言動が多く (所謂厨二病)、 またかなり人見知りする傾向もあり、交友関係は狭い。

五更日向、五更珠希の、2人の妹がいる。2人とも若干ニュアンスは違うが、姉の瑠璃を尊敬しているようだ。

高坂京介に対しては、初めは人見知りであることから冷たい態度を取っていたが、何度か交流を重ねるにつれ、表向きの態度はあまり変わらないものの、瑠璃の痛々しい言動を馬鹿にせずに付き合い、自分に正面から接してくれる彼に心を開いていく。

俺の妹がこんなに可愛いわけがない 妹と兄の絆の復活アニメ
肉親の妹を愛でる流行は、漫画・アニメ・ライトノベルでもかなり昔からあります。「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」もその流行に...



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ