コミュニケーション能力…社会人には交渉能力として必須能力

学生この世真実

海外では「日本人の思いやり・譲り合い・助け合いの精神」が賛美され、民度の高さがたびたびもてはやされますが、それは裏を返せば日本人同士の非言語での高度な察し合い・和の重要視・空気の読み合いという高水準のコミュニケーション能力のたまものであるわけで、そういったコミュニケーション能力にとぼしい人にとっては、同調圧力の強い日本社会は地獄と言っても過言ではありません。コミュニケーション能力…略してコミュ力(こみゅりょく)の事について調べてまとめました。

スポンサーリンク

コミュ力とは?

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力communication ability)とは、一般的に「他者とコミュニケーションを上手に図ることができる能力」を意味する。

  • 言語による意志疎通能力。「コミュニケーション能力」という言葉は、元々は言語学の分野で用いられた学術的な用語であった。
  • 感情を互いに理解しあい、意味を互いに理解しあう能力。感情面に気を配って、意味をわかちあい、信頼関係を築いてゆく能力。
  • 非言語的な要素(相手の表情、眼の動き、沈黙、場の空気など)に十分に注意を払うことで、相手の気持ちを推察する能力(非言語コミュニケーション)
  • 上記の非言語的な要素により知った相手の気持ちを尊重して、相手に不快感を与えないタイミングや表現で、自分の感情や意思を相手に伝える能力
  • 意思疎通、協調性、自己表現能力(厚生労働省による就職基礎能力の定義)
  • 社会技能(ソーシャルスキル)。暗黙知。
  • 上手にコミュニケーションを行うための体系づけられた知識、技術(コミュニケーションスキル)
  • 合意(コンセンサス)形成能力
  • 「論理的コミュニケーション能力」(自己の考えを論理的に明確に、相手に表現する能力)
  • 会話のキャッチボールを上手く行える能力
  • 企業が求人広告等で応募者に要求している「コミュニケーション能力」は、ビジネスシーンにおいて発揮が期待される精選された「折衝能力」「交渉能力」「説得能力」を指しており、必ずしも対人コミュニケーション一般を円滑におこなうスキルをもって満足するものではない

コミュニケーション能力

当ブログでのコミュニケーション能力の無い人「コミュ障」特集ページは↓からどうぞ。

コミュ障…コミュ力不足で人間関係や仕事に難アリの症状解説
オタクやぼっちの人にありがちな特徴のコミュ障(コミュニケーション障害の略)。日常生活でも対人関係で色々な不利益をこうむります...




学生時と社会人のコミュ力の質の違い

コミュニケーション能力

大学生の人付き合いなんて、気の合う学生同士、はしゃぐだけだろ?
サークルやら遊びの集団、バイト仲間なんかの人間関係を築くくらい
誰でもできるし、そんなの全く自慢にならねーんだよ。

そういう付き合いしてるからって
営業経験もない、ノルマに追われたこともないのに、
人が好きです!営業として働きたいです!
って言っても営業の俺からしたら最大のミスマッチだと思うね。

まあそういう子たちは、入社してから想像と現実のギャップに苦しむだろう。
ノルマに追われながら精神削って働く大変さを。
人が好きというが、営業マンなんて上司や他部署の人間からしたら奴/隷以外の何物でもない。
売れなければ会社からは全く必要のない人間。
しかし、働かざるを得ず、上司からのノルマ叱責、取引先からのクレームや我がまま。
確実に人付き合いを煩わしく感じるだろう。

営業は人付き合い とは思えないね。
こんなの周りからみればただの パシリ、奴/隷、使い捨ての駒。

人付き合いっていうのは、事務職や技術職の連中の日常生活のことを言う。
この世界に入ってきたら、もう大学生活の人付き合いは忘れろ。
営業としてスーツの奴/隷になる覚悟で来い。

文系大学生の就職がヤバい!専門性の無さでほとんどが営業へ
「文系は遊んでばかり」「文系には専門性が無い」などとだんだん世論でも叩かれ始め、国立大学での文系学部廃止が推し進められるなど...



スポンサーリンク



社会人に求められるコミュ力はいわゆる「うぇーいwww系」ではない

コミュニケーション能力

「学生のコミュニケーション」と、「社会人のコミュニケーション」の本質的なちがいは、というと、それは次の3つに集約される。

  1. 上下関係が存在するコミュニケーション
  2. 受け手が支配するコミュニケーション
  3. 要求を含むコミュニケーション

まず1.について。学生同士のコミュニケーションは対等な関係であることが多い。だが、会社においては「上下関係」に基づくコミュニケーションが基本である。たとえば上司と自分、場合によっては顧客と自分などである。

次に2.について。学生同士のコミュニケーションは基本的に「発信者」が主であり、「受け手」は従である。つまり、「自分が言いたいことを言い合う、話が合えばコミュニケーションが成立。合わなければ友人にならなければ良い。」というコミュニケーションである。

しかし、会社においてはそうはいかない。「相手が誰であろうと、受け手に合わせるコミュニケーション」、すなわち受け手が支配するコミュニケーションの技術が必要とされる。

最後に3.について。学生同士のコミュニケーションは「相手に対する要求」を含まずともよい。要するに人間関係を円滑にしさえすればよいのである。

しかし社会人のコミュニケーションはそれだけでは足りない。それは「相手に何らかの行動を起こしてもらうこと」を暗黙的に含む。

・もっとやる気を出してほしい

・すぐに取り掛かってほしい

・状況を報告してほしい

そういった要求を常に含むのが、社会人のコミュニケーションである。




「コミュ力の高い人」になるための3つのコツ

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力を身につけ、人から必要とされる振る舞いをする人のタイプは3つに分けられる。

1つは「自分のことを認めてくれる人」だ。どんな人間も承認欲求を抱えている。私のことを理解して欲しいという根源的な欲求に応えよう。自分のいいところをわかってくれている、自分のことを理解してくれる人を頭に思い浮かべてみよう。誰だってそんな人を失うのは 惜しいと思うし、そんな人にはいつまでも元気でいて欲しいと思うはずだ。

また人間のルールとして「世話を焼いてくれる人」にもあなたが必要だという声が届けられることになっている。お世話になった人へ感謝の気持ちを持つのは、その人が自分にとって素晴らしい振る舞いで関わりを持ってくれたからだ。

最後に「面白い人」というのも挙げなければならない。面白い=コミュニケーション能力が高いというと、ナンパや接客やおべんちゃらに通じる軽薄な印象を受けるが、面白い人というのは相手を笑わせて楽しい時間をプレゼントしている。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ