リーダー経験に挫折…経験値大獲得でレベルが上がる人生経験

人生経験上がる行動

明けましておめでとうございます。良い年末年始を過ごすことができましたでしょうか?ブログ管理人はひたすらベッドの上で漫画・ゲームをやっていたり、正月の服のバーゲンセールを狙って新宿へ行っていたりしていました。今年も「いいところネット」をどうぞお楽しみ下さい。

通常、人生経験は、自身の経験や人付き合いによって年相応に少しずつ経験値を貯めていくものですが、ゲームで自身より上のレベルの強敵を倒すと大量の経験値を獲得できるように、人生経験が一気に増えて大幅に成長できるという行動があります。それを調べてまとめました。

スポンサーリンク

対人能力全般が磨かれる「恋愛」

人生経験上がる行動

恋愛は自分自身の経験値を高めてくれる、とてもありがたいものです。さすがにこれは恋愛シミュレーションゲームでは得られないものです。いかに現実に近い 状況をシミュレーションできたとしても、それはバーチャルの世界です。気に入らない展開になってしまったら、PCの電源を切ってしまえばそれで解決です。 しかし、実際の恋愛はそうはいきませんし、想定外の事もたくさん起こるものです。

男女それぞれの深い部分で付き合うことになるので、友だちとしての人間関係では見えなかった部分も見る事になります。「こんな一面が?」という意外な感想を抱く人は実はとても多いのですが、それが必ずしもプラスに向いているものばかりではないと思います。

相手しか知らないお店もあれば、自分しか知らないお店もあるでしょう。また、二人いるという安心感から、二人とも知らないお店や施設に行けたりもします。それは自分自身の見聞を広め、経験値を上げてくれるものとなります。

他にも恋愛にはこんな恩恵がある

  • 自己分析、観察眼、行動力、身なり、セールストーク、忍耐力
    様々な要素が鍛えられるすごい経験なんだ!
  • 恋愛
    仕事じゃ成長しない
  • 恋愛でなくても、親友を作るでもいいけど
    自分以外の人間の存在を肯定して、肯定されるって経験はかなりの経験値になると思うが
  • 恋愛とか合コンは必須だろ、意味ないって言ってる奴キモい
    仕事できるできないじゃなくて成人してコレやってない奴は
    人間としてなんか薄い
  • 圧倒的に恋愛だろ
    人間の行動の理由全てがここに集約されるよ
    キ.モオタって幼稚なヤツ多いだろ?つまりはそういうこと。
  • 結婚
    子供
    これでレベルアップ




思考の幅と知識量が一気に広がる「読書」

人生経験上がる行動

読書は必要です。なぜなら、読書という行為は、一種の人生経験だからです。

もちろん本をたくさん読むことで、結果的に読解力や理解力は養われるでしょう。 しかし、それは当初の目的ではありません。読書の本質は、「読む力」が身につくかどうかということではないのです。むしろ一冊の本を読み終えるという行為を通して別の人生や別の世界を類似体験できるということが大切なのです。書物における活字を媒体とした疑似体験には、論理性ばかりではなく想像力を働かせるための感性も必要とされます。言い換えれば、本の世界を楽しめるか否かは既成のヴィジュアルな世界を受身的に与えられる場合と異なり、自己の想像力を持ちいて、活字の世界を頭の中でヴィジュアルな世界へと構築し直して疑似体験できる力があるかどうかということにかかっているのです。そして、読書を通じて経験される幾多の人生の積み重ねが読み手自信の人間性を深めます。つまり独自のアイディアを生み出す措置を作り上げてゆくのです。

このように、活字を読む 習慣は、想像的感性を持った人間を育てるための欠かせない条件なのです。

他にも読書にはこんな恩恵がある

  • 世の中の奴らは読書の経験値量舐めてる
    バリバリ仕事したり色んな人と人間関係作るのが経験値5とすると読書は経験値3ぐらい得られる
    文字読むの自体が結構脳みそフル回転させてて
    その状態で他人の体験や意見や心情をできる限り叩きこむんだから
    視野の広さとか考え方に関して言えばものすごい量の経験値を叩き込めるぞ

経験上これはおすすめ!お得すぎる、人生でやってよかったこと
「経験上、やってみて良かったこと、正解だったこと」は、昔から語り継がれている定番のものだったり、思いもかけず効果が高かった!...

人間としての質が一変する「意味のある挫折」

人生経験上がる行動

仕事に行き詰る、リストラされて無職になる、試験に落ちる、中々両想いになれない、怪我や病気による断念・・・。世の中には、「挫折」や「苦労」という言葉が存在します。可能であれば避けて通りたいところです。しかし、「挫折」や「苦労すること」はデメリットだらけなのでしょうか?その状況に陥ったときのメリットを模索してみましょう。



スポンサーリンク



次回の修羅場に対応できるようになる

  • 厳しい状態に身を置くと、自分のキャパシティーが広がります。次回、似たような状況に陥ったときでも、すぐにパニックにならず、一度目に経験したときより は落ち着いた行動がとれるようになるでしょう。このキャパシティーを広げるには、2種類の方法しかなく、ひとつは「修羅場に身を置くこと」、もうひとつは 「知識や情報を総動員して想像すること」です。

窮地に身を置く事で敵味方がはっきりと区別できる

  • 人間関係を3つに区分するとすれば、「味方」「敵」「普通(それ以外)」となります。仕事での大失敗、貧乏、人間関係のこじらせ、何らかの理由で将来の可能性が摘まれてしまったなど、人がどん底に突き落とされたとき、この人間関係がはっきりするのです。まず、調子の良い時だけすり寄ってきた人は消えます。 また、多くの普通の人は、積極的なアプローチをしてこなくなり、静観状態になるでしょう。そのとき、身の回りに残った人は、9割は「味方」と考えても良いでしょう。残りの1割は、火事場泥棒とでもいいましょうか、弱っているところに付け込んでくる「敵」です。怪しげな勧誘や一発逆転を狙う投.資話などを持ちかけてきます。




人間の関係性や能力を俯瞰できる「リーダー経験」

クレイモアミリア

リーダーの立場をしていると見えてくるモノ

・リーダーは孤独。

やっぱりリーダーって超孤独。小さなまとめ役でも本当にそう思う。

優しく率先して仕事してくれると本当有り難い。評価上がります。仕事上での。本当に。

・皆が見える

今回のでどんなに普段仲良くしてる社員さんでも、はっきりと仕事に関しては癖、能力、やる気が見えた。

それはもう、本当に。細かく言える。

「レスポンス:早/遅 やる気:ある/なし 能力:高/低」

はっきりいって、本人たちが思っている以上にこれはずーっと同じ状態です。

個人的印象としては「能力:高&レスポンス:早(もちろん)>やる気:ある&レスポンス:早(これ総合すると能力:高に見える)>能力:高&レスポンス:遅(要領いい、でもやっぱり能力:高はありがたい)>これ以下は全員同じ」

・レスポンスのないやつはク/ソ

たとえ仕事をしてくれていても、一切レスポンス、議論に参加しなかった人も何人かいる。

普段から仕事ができるとは思っていなかったがここで評価最底辺に。正直、プロジェクト中もいない人間だと思ってた。

・レスポンスも改善策も言わないくせに、陰口、文句言う奴はもっとく.そ

これうちのプロジェクトにはいなかったけど、本当に日常でよく見る、しかも聞こえるように言うやつもいる(うちの会社やばいわ)。

言われてる人はかわいそうだなぁと思ってたけど、もし自分がされたらそいつの出征街道何があっても潰そうと思うだろうな。

そもそも、上の人はそれができる可能性があるという時点で、文句は心にしまっとく。あるなら本人に直接いうか、改善策考えて合わせて言うべき。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ