スマートホン普及による社会と人間関係の変化の光と影まとめ

スマートホン社会人間関係変化

ブログ管理人は、SNSの流動的な状況変化に逐一対応するのはイヤだ(プライベートの時間が無くなる)・携帯端末上で確認・発信できる情報量はたかが知れている・そもそも仕事で四六時中オンライン状態のパソコンに触れているので必要性がほとんど無い、という理由でスマートホンを所持していません。しかし、今やスマートホンは所持するのが当たり前という時代で、それにともなって社会や人々の意識も変わってきました。スマートホンによって変わった事を調べてまとめました。

スポンサーリンク

スマートホンの特徴&機能概説

スマートホン社会人間関係変化

携帯電話に電話機としての使い勝手を求める利用者よりは、インターネットアクセス(メール・Web等)やファイル閲覧、音楽・動画再生などの多機能さ・自由度を求める利用者に特に適した端末である。スマートフォンの「スマート」とは、「賢い」という意味で用いられている。

ハードウェア的に電話機が主要となっている従来の携帯電話に対し、スマートフォンはPDA(≒小型コンピューター)にワイヤレス通信・通話機能を加えたものが主要となって発展したものが主流である。
現在市場に出ているスマートフォンの多くが幅広ストレート端末の形をしているのは、元をたどればPDA時代の名残といっても過言ではない。

従来の携帯電話の利用者からは、通話機能やメール機能だけでなく、ワードなどのオフィスソフトの閲覧や編集、パソコン向けサイトの閲覧、スケジュール管理を得意とする携帯端末、と見られることが多い。それゆえ現在のマスメディアにはスマートフォンを「多機能携帯電話」と説明するものもある。ただし、元々多機能であることはスマートフォンの直接の基準ではない(むしろ日本の携帯電話の方がスマートフォンより多機能であることもある)ので注意が必要である。

黎明期のスマートフォンの多くが、小型のキーボードを組み込んだものが多かったが、iPhoneの登場でタッチパネルとソフトウェアキーボードを組み込んだ形状へと変化している。この形状の変化が、スマートフォンの普及を加速させることとなった。

また、バッテリー持続時間の短さ、サイズの大きさ(日本の携帯電話市場で一般的であった幅50mm程度の細い端末は少ない)などのデメリットも未だ無視できない要素である。小型さやバッテリー持続時間などを重視する利用者にとっては、従来型の携帯電話・PHS(フィーチャーフォン、ガラケー)を使い続けたほうが良い場合があり、逆に画面の見やすさや操作性を重視した場合、スマートフォンよりもタブレットPC(iPad,Nexusなど)を用いた方が良いこともあるため、自分にあった端末をよく考えて選ぶか、知識の豊富な店員などに相談した上で選択する方がよい。


音楽プレーヤーにデジカメ…スマホ普及で駆逐され衰退した物
時代の移り変わりによって、旧い物は新しくて便利な物に取って代わられるのが歴史の常。小型PCと呼んでも差し支えのない、あまりに...




スマホとSNSが社会を変えた4ポイント

スマートホン社会人間関係変化

SNSがなければ絶対に出会えなかった人との接点ができた

共通の趣味や好きなことを持った「誰か」とネットの世界でSNSを通じて仲良くなったりネットからリアルの人間関係へと移行したりと、SNSの発達によってどんな人とでも接点を作ろうと思えば不可能ではない環境が整えられました。



スポンサーリンク



疎遠だった昔の友人との関係を再構築できるようになった

これは主に「Facebook」の特徴とも言えますが、実名登録が必須ということもありピンポイントに特定の人の名前を検索できるようになったわけですね。共通の友人を表示してくれる機能もあるのでそこから芋づる式に昔の知り合いと繋がることができるようになりました。

無名の人間でも自分のスキルを発信して仕事を作れる時代

これまでは名前の知られた有名人しか発言力を持たなかったわけです。つまり今現時点でそこそこ名の知られている人でないと何を言おうが何を作ろうが相手にされなかった。でもSNSの発達でその壁が完全に壊されました。
分かりやすく言えば、プロとアマチュアの距離が縮まったというイメージでしょうか。今現時点では何の影響力も持たないアマチュアでも、自分のスキルや能力を世の中に発信してそれを多くの人の目に止めてもらう環境が整ったわけです。ニコニコ動画の歌い手さん、Youtubeでおもしろ動画を投稿している人、ただの個人ブロガー、そんな無名な人たちが自己発信を駆使して名乗りを上げることができるわけですね。


http://iitokoronet.com/2016/07/30/post-12750/

情報収集という意味で伝達力や即時生にとても優れている

日常生活の中で必要な情報、例えば天気予報だったり渋滞情報だったり電車の遅延情報などもSNSを通じてすぐに受け取ることができ、一般の人たちにとっても「いち早く情報を手に入れる」という意味で広く活用されています。新しいゲームの発売情報や芸能人のニュースなどもSNSで一気に広がりますね。




スマホ普及の光と影…LINEにその特徴が表れている

スマートホン社会人間関係変化

リサーチバンクは4日、「LINE」に関する調査結果を公表した。調査期間は2013年8月21日~8月26日で、スマートフォン(iPhone,Android)利用者2000名から回答を得た。

まずスマートフォンユーザーに対し、LINEの利用状況を尋ねたところ、63%が「使っている」と回答。認知率では98%が認知していた。特に10代・ 20代の女性の支持が高く、8割以上が使っていると回答している。 LINEを使っていない人に対し、使わない理由を尋ねたところ、「自分には不要なアプリだから(55%)」がトップ。以下「プライバシー面で不安があるから(40%)」「セキュリティ面で不安があるから(35%)」と不安要因があげられた。

また、LINEを使っている人に、LINEの便利だと思う点を尋ねたところ、「簡単にトークが送れる(75%)」「音声通話が無料(63%)」「グループ トークができる(50%)」が上位になった。一方でLINEを使っている人に、LINEの不便に思う点を尋ねたところ、「音声通話の音質が悪い (44%)」「電話帳に登録している人に情報が出てしまう(33%)」が上位になった。

具体的なエピソードを尋ねると、不満点としては、「メッセージにいちいち既読とかプライバシーを覗かれる様で嫌です。メールで十分用事は足りますし、すぐに読まないと私の事無視してるみたいな風に思われるのが嫌ですね(50代女性)」「部活やクラスの連絡にLINEが使われることがあり、使っていない私に対してはメールで連絡することがあるなど、学生のなかでは使っていないと迷惑みたいな雰囲気があります(10代男性)」「無料通話で声が相手に届くのにかなり時間がかかり、会話にならなくて困った(10代女性)」「ブロックしても、相手の友だちリストには自分が表示されてしまうこと。 そのような相手にプロフィールの写真が見えてしまうのが不快に感じる(20代女性)」といった声が寄せられた。

すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ