成果重視で自己防衛も忘れない!仕事ができる人の6大特徴

仕事できる人有能特徴

入社してある程度の時間が経つと、同期社員の間でも「仕事のできる人」と「仕事のできない人」の2種類にはっきり分かれていきます。「仕事のできる人」は実力によって実績を上げ、人望を集め、職場に活力を吹き込み、そして「仕事のできない人」の上司となっていきます。仕事のできる人はどんな特徴をもっているのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

とにかく「反応」が早い

仕事できる人有能特徴

会社ではレスポンスが遅いほど致命的です。また完璧主義ほどレスポンスが遅いです。仕事が出来る人はお客さまの質問や打ち合わせ後のフォローメー ル、今後の対応、どういった形で動いていくのかなど、内容を即時に整理し当日にメールや電話で連絡を入れています。先延ばしはしません。

メールや電話の内容も結論を先に伝えるので分かりやすいです。また抽象的な言い回しはせずに具体的に回答します。抽象的な伝え方は「いざとなったら責任逃れしたい」という表れでもあります。

抽象的な伝え方をする人がいたら、具体的な内容になるように自ら導きましょう。




常にゴール地点を意識している

成功者特徴法則行動性格

仕事ができる人は、どのような仕事でもタスクを単一的に解釈しないで、「なぜ」「何のために」ということを認識しながら行っています。

よく「石切り」の例に例えられますが、単に石を切り出しているのか、この切り出した石がどのように活用されていくのか(この石は美術館に使用され、利用者の感性を高めることになる建物の土台を支える)のイメージの違いで仕事は大きく変わってしまいます。

タスクの本質をつかむと目標を設定しやすくなり、目標が定まっていますから行動に迷いが生じません。

迷いがないので他人の協力を得やすくなり、ひいては目的を達成しやすくなるという好循環で仕事をまわしていけるのです。

仕事ができる人は、この意識を仕事をする場合のみならず、やめる時にも意識することができるのです。

自己メンテナンスを心がけている

仕事できる人有能特徴

人は誰しも仕事に対して何らかのストレスを感じているものです。人は、うつ傾向になると先の事が考えられず、目の前の仕事をこなすことのみに集中してしまいやすくなります。

集中していますので当然ながら自分のことも眼中にありません。

ですから症状はどんどん悪化してしまい、無意識からのストップサイン(完全なうつ状態)が出るまでその状況から抜け出ることができません。

仕事の出来る人は自己対峙していますので、自分にリフレッシュが必要かどうか。そのリフレッシュが効果的に作用したかどうかを見極めることができます。

つまり、自分で自分を癒す仕組みを持っている。ということになります。



スポンサーリンク



自分の力量をオーバーしそうな量の仕事は他の人へ振る

コミュニケーション能力

自分で出来ない仕事や、時間の掛かる仕事は他の人に回せるのも仕事のできる人の特徴です。

これは仕事の優先度とリンクしていて、自分が作業すると他の人より遅くなる、自分より適合者がいると判断すると、しっかり対応できるほかの人に仕事を割り振ります。

この判断が非常に重要になるのですが、周りを見る観察眼が必要で、普段から部下や同僚、上司とコミュニケーションを取っているかどうかが試されます。

明確な判断と根拠があれば仕事を振られた側にも良い評価を与えられるでしょう。

「学ぼう」という姿勢と意識を持っている

大学生活失敗パターンありがち

学びの姿勢とは学問の事ではありません。

普段の生活の中でどういった視点で物事を見ているかという点です。

例えば、過去のニュースで過去最高の気温41度と言う記録が出たというのがやっていました。

このニュースを見た時に、『誰が得をするのか?』または『誰が損をするのか?』などを考えるわけです。

当然、飲料水の売上は確実に上がりますよね。また、ビー.ル業界も盛り上がっているようです。

そうです。『暑い日』という現象だけで経済は大きく影響を受けるわけです。『暑いーーーっ!!!!』と言ってるだけではダメなのです。

そこから何を学び何を知り何を得る事ができるのかが重要なのです。こうした視点で物事を見ていると非常に多くの学びを得る事ができます。

また、こういった事を他の人と話したりすると更に知見が広がっていくのです。

仕事ができる人は新しい知識や概念を取り入れようとします。




「時間」を大事に考えている

成功者特徴法則行動性格

仕事ができる人物は、時間を「とても」大切にします。つまり1分1秒の大切さを心底理解出来ている人物がそのまま優秀な人材、仕事が出来る人に当てはまると言っても良いでしょう。

会社員の生産性とは月給、年俸といった具合に時間軸が基準となってその報酬が決まりますので、時間単位でどれだけの仕事が出来たか、或いは生み出したかで決まると言えます。つまり、優秀な人材はそうした認識やロイヤルティーが大変高いのです。従って、優秀だと言われている人にとって無駄に出来る時間は1秒たりともないのです。

但し誤解してはならないのは、1秒たりとも無駄に出来ないからとずっと走り続けるという意味でもないということです。優秀な人物は、適度な休息がないと良い仕事が出来ないこともちゃんと理解しています。だからこそ、「オン・オフ」の両面で時間を大切に考える人物こそ、優秀な人物の特徴と言えます。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ