同窓会で女性が恥も外聞もなく金目的で手のひら返しする行動録

同窓会で女性が恥も外聞もなく金目的で手のひら返しする行動録

同窓会女手のひら返し

女性は相手によってころころ態度を変える現金な性格で、実際に現金も大好きなので、同窓会でお金持ちや大企業勤めだと判明したとたんにすり寄ってくる手のひら返しに絶望する男性が続出。

学生時代と青春の思い出を共有している特別な異性なだけに、幻滅具合は通常よりも大幅に増幅されます。

同窓会での女性の手のひら返しエピソードを調査しました。

スポンサーリンク

中学時代にさげすんでいたくせに、同窓会で手のひら返し

同窓会女手のひら返し

この同窓会話の要約

勤務先があのNTTなので、同窓会で女達にちやほやされる。

去年末に忘年会を兼ねて地元で同窓会があって参加したんだよ。

懐かしい顔ぶれと酒飲みながら談笑してると仕事の話になったのね。
女A「そういえばさー俺君ってどこの会社に勤めてるの?」
俺 「NTTだよ」

場が一瞬凍りつく

女A「マジで?すごくない?」
女B「すっごーい!」

帰り際メアド教えての嵐ちょーーーきもちいいーーーーー!!
中学時代は俺のことさげずんでやがったくせによおおおおおーーーー!!

見下しと嫉妬が激突する同窓会にありがちな全現象が悲しすぎる
社会人になってからの同窓会は、元クラスメイト同士で互いに内心で現状を競い合う、一種の戦場。元は同じ場所にいたのに、時が流れて...




県庁勤めの公務員になって、女性の評価が一変した話



スポンサーリンク



この同窓会話の要約

学生時代はスクールカーストの底辺だった語り手が、大人になって県庁勤めの公務員になったことで、同窓会で女性達からちやほやされまくる。

席に着いて周りを見渡すと、明らかに数年前の同窓会とは様相が異なっていた。
高卒・高校中退で中小零細土方の周りには、面白いほど女子がいない。
奴らだけでわざと固まったのかどうかは分からないが。

一方、女子が集まっている島には、
俺(県庁マン)、男子1(地元銀行マン)、男子2(地元優良建設会社)、男子3(2に同じ)などがいた。
あまりにあからさま過ぎる格差であった。

男子1・2については俺に率先して嫌がらせをし、
女子にも人気があった奴らだったから、まぁ相変わらず女子に人気なのも分かる。
男子3もカースト中位にいた。

そこに最底辺の俺が肩を並べ(いやむしろ俺の方が飛びぬけて高い)、
女子に囲まれているのは、大変心地よかった。

さて、サラダが運ばれてきた。

するとトングめがけて女子3名がスッと手を伸ばす。
3名はお互い顔を見合わせて「ふふっ」と笑い、
1名は皿に手を伸ばし、もう1名はトングでとりわけ、残り1名はつぎわけたサラダを我々に配り始めた。

そう、この俺にも、女子がサラダをつぎわけてくれたのである。
数年前はもちろん中学時代のことを思えばありえない出来事だ。

ところで、女子2が俺の目論見通りの話題を提供した。

女子2「俺くんって県庁に行っとーと?」

きたきたきた。さてめ、LINEを見てそう聞いたのだな。

俺様「うん、まぁね」

サラッとかっこよく答えたつもりである。
中学時代なら「キンモ~~!!」と言われるところであるが、
周りの女子は一様に俺に対して目をギラギラさせている。




スポンサーリンク





そして、口々に褒め称えるではないか。

女子1「すご~い!マジなの?昔から頭良かったもんね!」
女子3「え、てか大学行ってたんやっけ?めっちゃすごかやん」
女子4「県庁ってどんな感じなのー?」

一気に俺の周りの島が女子の黄色い歓声で盛り上がる。

女子3「そういえば男子1くんは銀行やったよね?すごいよねーうちの代って」
女子1「そうだよねー。今どこのお店で働きよると?」
女子2「男子2・3くんも〇〇組だったよね、すっごいやん」

そこへ、向こうの島からDQN男子が席を移動してやってきた。

DQN1「地方公務員やろ?俺なんか国家公務員やったからな(笑)」

ホロ酔い気分の彼は、
相も変わらず俺サゲ発言をして更に周りを盛り上げようと狙ったのであろう。
事実、これまで俺サゲ発言は無条件に受けていた。

ちなみに彼は高卒で自衛隊に入っていたが、
厳しい訓練に耐えられず2年も経たずして辞職し、アルバイト生活をしている。

勿論だが彼の目論見は見事に外れる。
一部女子が「ははは」とつられ笑いをしたものの、
殆どの女子は「ふうん」「あー自衛隊だったよね」「県庁ってチホウ公務員?なの?」と静かな反応。

DQN男子はあまりの受けなさに「え?」という顔をしていた。
向こうのDQN島は「確かに(笑)」という笑い声がしていたが、
すぐにこの島の冷ややかな空気を悟り、違う話題へと移った。

彼は更に続ける。

「でも俺君ってイメージつかんとかなぁ(意味不明だが原文ママ)。
これからAIの時代になるし、公務員なんてあっという間になくなるじゃん。
ちゃんとニュース見たほうがいいんじゃね?」

彼が俺様に「申している」ことも一理あるが、今更AIの心配をしたって仕方がない。



スポンサーリンク



そもそも、高卒アルバイトが、
有名大卒県庁マンにあれこれ「申している」とは、興ざめである。

ここで色々言ったって仕方がない。俺は「はは、そうやなぁ」と返すだけ。
中学時代もそうやって返事していたが、その言葉の意味合い・ニュアンス・重みは、今となっては違う。

周りの女子の反応は全くなく、お互い違う話題に移っていた。
DQN男子は居心地の悪さを感じたからか元の島へ帰っていった。

そこからは俺と銀行マンの男子1のターンであった。

どこから出たか、年収の話題になった。
若年層の公務員は年収が低いのは大卒諸君なら周知の通りだろうが、
ここに鎮座まします女達には知らない話である。

そこで俺は、少し盛った。
銀行マンとは100万円近く年収の差はあったので、それだけ盛ったのである。
ついでに、「40歳になったら650万とか700万とかが平均やけどね。役職ついてもっと歳とったら1000万とかなるっていうし」とも付け加えた。

ところが、盛る必要はなかったことを俺は後々に知る。

ここでは年収300万もあれば十分なのである。
彼女たちの手取りもそれとなく伺ったところ、手取り月13万程度。ボーナスはナシだから年収200万もいかないわけである。

そんな彼女らに俺と男子1の年収話は夢のように聞こえたのだろう。
俺に向ける彼女たちの眼差しは、やや上目遣いのような、好意のこもったように思われた。

その後も俺は食事のつぎわけを受けたり、
焼酎をついでもらったり、果ては「私は家事好きですアピール」まで受けたりした。

さて二次会。カラオケつきの居酒屋に行った。
今度は俺が真っ先に席に着き、女子がどのような行動に出るか伺った。
予想通り、俺の右へ左へ真向かいへと女子がドンドン座ってくる。

「あ~ちょっと酔った~」と俺の肩を触って来る女子もいた。

この二次会は、俺が主役と言っても過言ではなかろう。
俺が何か発すれば周りは大いに笑ってくれた。
俺の発する言葉に「うんうん」と首を大きくして頷いた。
素晴らしか、これがこの世の春か。

二次会の途中、こういう会話があった。

女子1「私さ、俺君のことすごく真面目やなぁって思っとった」
俺君「へえ」
女子1「顔立ちがスッとしとってかっこ良いやん?」
女子2「それ分かるー!よく見たらかっこいいよね?」

俺をメガネザルと嘲笑してきたことをすっかり忘却している女達。

女子3「俺君って彼女おると?」

急に女達の視線がクワッと強張る。

俺君「いや、おらんし、独身ばい」

女子1「うっそだ~!すっごくモテそうやない!?」
女子2「分かる分かる~~!そぎゃんこつ言うてから実はモテとるやろー?」

と、キャーキャーうるさい。
中学時代にはあり得ない人気ぶりに、俺はただただ良い気になっていた。

年収1000万円は要注意!同窓会で雰囲気が悪化する年収自慢
同窓会や飲み会の席で、近況報告に見せかけてさりげなくたずねられるのが「年収どのくらいなの?」。人並み以上に稼いでいる人は嫌み...
上は天国下は地獄…!格差社会を象徴する公立中学の同窓会
学力や家庭の経済力などである程度の区切りがつけられる高校・大学の同級生はある程度似た人生コースを歩みますが、高校・大学の前段...

昔いじめていた男子が弁護士になったとたんにすり寄る

同窓会女手のひら返し



スポンサーリンク



この同窓会話の要約

中学時代に迫害しまくっていた男子が弁護士になると、昔のいじめの事実が無かったように態度を変えて迫る女達。

何故、女性って臆面も無く『手のひら返し』をする事が出来るんですか?

俺の地元は団結力があり、今でも年に1回くらいのペースで同窓会をしています。
皆、基本的に全員仲良しって感じでほとんどの奴が、この同窓会に来ます。
それを前提に話を聞いて下さい。

中学時代、キモいガリ勉として存在してた男子(仮にA君とします。)が今は弁護士になって頑張っています。
そのA君は俺ら男子連中からは認められていたし、仲良くやってたんですが、全学年の女子達から「あいつ、キモい!」「マジでキモい!」と物凄く嫌われていたんです。
むしろ、俺ら男子連中がA君の事を女子達の陰口や嫌がらせから、カバってやっていたくらいでした。

そんなA君を現在、同窓会で結婚適齢期の女性陣は「そんな過去なんか無かったよ??」といわんばかりにチヤホヤし、デートに誘い、隙あらば結婚に持ち込もうと画策しています・・・。




スポンサーリンク





自分達が中学時代、あれだけ迫害してたA君をです。

同窓会が格差社会すぎて昔のリア充達が女に相手にされず

資本主義経済格差

この同窓会話の要約

中学生時代はリア充グループだったのに、大人になったら低学歴・低年収グループになり、同級生の女達に見向きもされない。

俺氏 25 フツメン 無名私大卒
まあ今日、中学の同窓会あったんだよ

公立中学の同窓会だったんだ
男のグループの学歴としては
上位国立・早慶卒
駅弁March卒
ニッコマさんきん卒
無名私大・専門卒
高卒
みたいにかなりバラけてたんだ

そしたらやっぱ上位国立早慶卒の連中はすごい仕事についてんだよ
公務員なってる奴以外は給料もめちゃくちゃいい

中学のときは
上位国立・早慶卒
駅弁March卒
はけっこうオタグループだった、オタじゃなくても控えめな感じ
無名私大・専門卒、高卒グループはリア充グループだった

今じゃ完全に逆転した
上位国立・早慶卒、駅弁March卒はリア充
無名私大・専門卒、高卒はみんな中小や不安定な感じだよ

高学歴チームは中学の頃、散々女子から「きめぇ」とか言われてたのにさ
女に取り囲まれてメアドとかラインとか聞かれまくってんのよ
学校一の美少女だった子も
コンサルやってる元キモオタに
「絶対連絡して」みたいな事言ってやがったよ
低学歴チームは中学の頃はサッカー部やバスケ部でモテまくってた奴が
女からパシりみたいな扱い受けてた

高学歴「いま仕事でこんな事してんだ」
女「すごーい!!すごーい!!」
女「名刺ほしい」
女「アドレス教えて」
低学歴「○○さー中学の頃」
女「今忙しいから」
女「それかたしておいて」

こんな感じ

結局
低学歴チームは男同士で飲んでたが
高学歴チームは女に取り囲まれてハーレム状態だった

そんで極めつけは

幹事「二次会やりまーす」
女「いきたーい」
低学歴チーム「いこうぜ」
高学歴チーム「仕事あるから無理」
女「やっぱ予定あるわ」

ほぼ低学歴チームだけで二次会してきましたよ

二次会では女の悪口大会だった
ジンのロックを五杯も飲んだね

友情って人生って何だろう…同窓会で世の真理が伝わるコピペ
苦楽を共にした同級生達と語り合う同窓会は、思い出話や近況報告などが主な目的ですが、職業や収入で内心で勝ち負けを競ったり、同窓...
同窓会で勝った&負けた瞬間…逆転と転落が交錯する話まとめ
元は同じまなびやで勉学を共にしたクラスメイト同士なのに、大人になってからの同窓会は、学生当時の思い出話プラス、現在の状況を報...

つまり、同窓会の女性達はお金しか頭にないのか?

同窓会女手のひら返し

この同窓会話の要約

勤め先がJRで、高年収なので、同窓会で女達の態度が一変する。

女「俺くん何処に勤めてるの?」
俺「あ、JRだよ」
女「え、凄い!年収いくら位なの!?」
俺「あ、800万くらいだよ」
女「」

こんな感じだったwwwwww

女「え?多すぎない?冗談でしょ?」
俺「あ、ほんとだよ^^」
女「えー、凄い!◯美、俺くん年収800万だって!」
俺「」
女2「え?マジ?ってか俺くん連絡先教えてよ!」
だいたいこんな感じwwwwww

ちなみにビ×チから来たメールなwwwww
女でーすw
今日は楽しかったね~
ところで、俺くんと二人で飲みたいんだけどいつ空いてる?

肉食すぎwwwwwww

農家の跡継ぎとして成功し、たかってくる同級生女を一蹴

この同窓会話の要約

中学生時代は、家が農家というだけでイメージの悪さからバカにされ続けていた。

それから農業の勉強をずっと続けて高年収になり、中学の同窓会で同級生達の女を見返す。

今回の同窓会は中学の同窓会だった。

俺は中学の時にいじめとまではいかないがそこそこひどい仕打ちをされてきた。
俺の家は農家なのだが、それをバカにされたり、ものを隠されたりと色々だ。
今思えばいい思いで話なのだが…

俺はいかせん勉強と言うものが苦手である。だから行ける学校も必然的に決まってくる。
俺は高校の進路を農業高校にした。農業高校はいわゆるアホ高校生の溜まり場だから当然バカにされる。
中学のバカにされながらも高校に進学、そうして高校も無事卒業。高校卒業後は農業の専門学校にいった。その専門学校も卒業し家の仕事に就いた。

俺は高校に入る前に父さんに聞かれた
「農業高校を出て農家として成功者の後輩になるか、失業、失踪したやつの後輩になるか」
と俺はもちろん前者を選んだ。
そうしたら父さんは「なら努力を怠るな。中学でお前をバカにしてきたやつら以上に努力をし、見返してやれ」と言われた。

同窓会が始まりみんなの酒が回りだした頃にお決まりの職業&年収披露が始まった。俺はこれだけのために家の仕事に就いてから頑張ってきた。

最初は俺をいじめてたやつらの職業、なんか土方とか看護師とか専門学校出て普通のサラリーマン、学校の先生もいたな…

で、俺の番になったわけだよ。俺が今、農家やってること言うとやつらは案の定バカにしてくる。「どうせ貧乏農家」「よく潰れないな」「肉体労働乙wwwwww」
なんて言われたよ。大人になってまでガキだなって思った。

実際俺の家の売上高はトータル9千万円ほど。経費を引いても3~4千万くらいは残る。これが俺の家の年収。そこから俺と父さんのやつを分けると俺個人に入る金は700~1000万円ほどだ。
北海道の道南でタマネギ作ってるよ。それで俺氏とパッパボロ儲け
これを話すとほとんどのやつが嘘くせー何て言うけど、幼馴染み(♂)Aが本当だよっていってくれたおかげで信じてくれた。

で、これを話した後に俺をウザがってた女子がテンプレのように引っ付いてきたんだよね…
「本当はあなたのこと気になってたの」だとよ調子もいい加減にしろよ…
俺にキモ貧乏農家って言ってきたのどこのどいつだよ!?
とりあえず、フッって鼻で笑って無視をした。ゴミ虫を無視した。

あ、先日そういえばまた同じ中学の同級生(♀)が金目当て的雰囲気でたかってきたな…
とりあえずレストランでちょこっと話して便所いってくるって言って飯代払って巻いてきたが




おまけ:同窓会以外の女性の手のひら返し例

同窓会女手のひら返し

超お金持ちで、顔もかなりいい男と3年近く付き合ってた。
ある日、大切な話があるといって呼び出され、
「ついにプロポーズかな?」と胸をトキメかせたものの、いつもは高級レストランなのに、
その日はなぜかファミレス。
他愛もない話を少しして、彼が突然こう切り出してきた。
「実は事業が失敗して、かなりの額の借金を抱えてしまったんだ」
幸せ一杯だった私の頭はパニックを起こし、それ以降の彼の言葉を全然覚えてないよ。
帰宅後、彼から電話があり、これからも変わらず付き合っていけるよね?
と聞かれたけど、私はなんだか怖くなって
「今は私のことより事業を立て直すことに専念して欲しい」
と思わず言っちゃった。
それ以降彼とは疎遠になり、結局別れてしまった。それから2年くらいして、友達からその彼が結婚したのを聞いた。それよりショックだったのは、
彼の事業は順調そのもので、失敗などしていないと聞いたことだった。私もしかして試されてたのかな?(つд∩) ウエーン
好きだったのに、どーして支えてあげようと思わなかったんだろ。
でも、こんなのってヒドイよ!

同窓会女手のひら返し

2/26発売の週刊SPA!では『真理「女はカネに汚い」を証明した!』という特集を組んでいる。女の浅ましき一例を紹介しよう。

ほんの10年前まではしがないウェブデザイナーだった立川博昭さん(仮名・38歳)。

友人と始めた飲食店業がトントン拍子で軌道に乗り、いまや都内の一等地に数店舗を抱えるまでになった成功者だが、同時に「女たちの薄汚なさが手に取るように見えてきた」と嘆く。

「人と会うのが好きで、パーティもよく主宰するんですが、自分が表に立つタイプじゃないので、乾杯の音頭なんかは友達に任せてるんです。だから、パーティに来てる女のコの中には、僕のことを知らないコも結構いる。

で、僕は普段から全身ユニ.クロなんですが、女子連中に『どう? 楽しんでる?』って声をかけると、マジで『なんすか?』みたいな扱いなんですよ(苦笑)。

塩対応なんてもんじゃない。僕が飲んでたカク.テルを『うまいからちょっと飲んでみなよ』って手渡そうとしたら『いらないんで持ってって下さい』って、本当にそう言ったんですよ!!」

心の弱い男だったらトラウマレベルだ。ところが、程なくして立川さんが主催者であることを聞きつけた女たち、恥知らずにも「さっきはあまり喋れなかったんで~♪」と擦り寄ってきたんだとか。

「僕が飲んでたシャ.ンパンのグラスを『ちょっといただきますね~』なんて取り上げて『おいしー♪』って。開いた口が塞がりませんよ」

立川さんいわく、金持ちと聞くだけで露骨に目の色を変える女ほど「男性に求める条件は特にない」が口ぐせなので要注意、とか。

「実際にはあれもこれも求めすぎて、単に条件が絞りきれてないだけなんですよ。彼女らは『お金が好き』というのを公言すると嫌われる……くらいの自覚はあるので、

単なる拝金主義を“正義”に持っていこうとするんですが、これがまたイラッとする。『男の人の愛情って、彼女にかける金額で決まると思うの』なんてね。ホント、死んでほしいですよ」





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ