個人主義…個の幸福と尊厳と自立を重視し全体主義と対をなす

個人主義…個の幸福と尊厳と自立を重視し全体主義と対をなす

日本個人主義

各種娯楽も充実していて、国民健康保険や生活保護のようなセーフティーネットもきちんとあって、世界最高レベルに安全で、食事もまた最高レベルに美味しい日本のネックは、同調圧力が過度に強いというところ。なので、同調圧力に影響を受けない「個人主義者」にとっては日本は天国のような国、だという見解があります。個人主義とは何なのか?どのようなメリットデメリットがあるのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

個人主義とは?

日本個人主義

個人主義とは、個人の尊厳とその自己決定を最優位とする立場をいう。国家・社会の権威に対して個人の意義と価値を重視し、その権利と自由を尊重することを主張する立場や理論。




個人主義者と集団主義者の違い

日本個人主義

最優先事項が「人間関係を築くこと」か「仕事・目的達成・問題解決」かで、思考・興味・言葉の使い方などに違いが生まれる。

「仕事・目的達成・問題解決」を最優先に考えると、思考に個人主義の特徴が出る。これも個人の資質との関係はない。個人主義は「集団が発展しより高いレベルで安定するためには、個人が自活・自立して成長していくことが必要不可欠である」という法則が前提となっている。

「人間関係を築くこと」を最優先に考えると、個人がどういう性格であるかなど個人の資質に関係なく、思考に集団主義の特徴が出る。集団主義は「個人がいくら優秀でも周囲とうまくやれなければ、その能力は活かされない」という法則が前提となっている。

集団主義は「人間関係を先に築き、和を土台にして仕事・目的達成・問題解決に取り掛かろう」という現象である。個人主義は「脇目を振らず一目散に仕事・目的達成・問題解決に取り掛かり、個々の成績の合によって集団を形成しよう」という現象である。集団主義者は個人主義者を「独り善がりで協調性がなく利己的だ」と見るし、個人主義者は集団主義者を「考え方が甘く、ダラダラしていて意欲・やる気・自主性がない」と見る。

日本は現代でも集団主義者用の社会

日本人根性論精神論

日本人論の殆んどは、「欧米人は個人主義だが、日本人は集団主義」という主張を基礎にしている。「個人主義」とは、集団よりも個人を優先させる傾向で、「集団主義」とは、自分よりも集団を優先させる傾向をさしている。実際、心理学では、1980年代、集団主義・個人主義について実証的な国際比較研究が盛んに行われるようになり、「日本人と欧米人の間に差はない」ということが示されている。

しかし、様々な言説があるが、「日本人には個性がない」「日本人は人と同じである事を好む」「日本人は互いにもたれあった集団としてしか行動がとれない」など、これらが欧米人とは逆である。こうした「集団主義」の日本人論への批判も登場しているが、現在でも世界では、「日本人=集団主義」説が支持されている。

日本では個人主義者は生きづらいとするネット上の意見

日本個人主義



スポンサーリンク



日本は同調圧力が酷いからな
海外にでたいわ

合ってないのにアメリカに被れて個人の尊重ではなく自分勝手に自分本位に生きて結局自分も他の人も誰も得しない
調和を重んじるべきなんだよ、現に若者はそうなっている
中途半端な中年や年寄りばかりが自分の権利を主張する

自分は個人主義で行こうとしたって、社会の仕組みが違うんだから無理がくる。
これ単に不幸とかそういう次元越えてて社会に歪みが生じてるんだよね。
会社の中だけみても矛盾だらけだから。都合いいとこだけ個人主義(笑)だもん。

外国じゃ神との契約を個人でやるから個人主義ができるとか
日本人は世間が神なんだから個人主義は無理なんでわ?

日本は理屈や整合性はなく場当たり主義。
日本では個人主義と全体主義は為政者の都合で使い分けられるただの方便。
一方で自己責任論を説き片一方では社会的責務をほざく。
人を使う側に寄与することだけが絶対ルールの封建社会。

個人主義だったら神風なんてできんだろ
昔から日本は全体主義だよ

欧米は最終的には信仰が個人を規律するから個人主義でもいいが、
日本は個人を最終的に規律するのは場の空気とか世間体だからな、他人とのかかわり合いを薄くすると糸が切れた凧みたいに野放図になるからな、やはり日本では個人主義はダメだと思うな




日本の個人主義者は幸福度が低いと調査で判明

日本個人主義

京都大学(京大)は2014年3月19日、日本とアメリカの大学生を対象に調査を行った結果、アメリカにおいては個人主義傾向と親しい友人の数や幸福感には関連が見られなかったものの、日本においては個人主義傾向が高い人は、親しい友人の数が少なく、幸福感が低いことが判明したこと、ならびにこの関係は、日本において個人主義的で競争的な制度を導入している企業で働く成人にも見出されたと発表した。

今回の研究は、日本とアメリカの大学生を対象に調査を行ったもので、参加者は、個人主義傾向、親しい友人の数、幸福感を報告。個人主義傾向を測定する指標として、「課題や技術において他の人よりもうまくやると、自分に価値があると感じる」、「自分をどう思うかは、私が学校や職場でどれだけ優秀であるかということとは結びついていない(逆転項目)」などの項目が用いられたほか、親しい友人の数は、「ソシオグラム」と呼ばれる人間関係図を10分間以内に作成し、その後に指摘された「一緒にいて居心地の良いと思える友人」の数を採用した。また、幸福感は、「人生満足感尺度(「だいたいにおいて私の人生は理 想に近いものである」など)」、「快感情(幸せ、喜びなど)・不快感情(不安、憂うつなど)」を日頃どの程度頻繁に感じるか、「協調的な幸福感(「自分だけでなく、身近な周りの人も楽しい気持ちでいると思う」など)」、「身体的健康(頭痛、食欲がないなど)」を合成した変数を用いて導き出したという。

これらの調査の結果、アメリカにおいては、個人主義傾向は親しい友人の数や幸福感と関連していないことが示されたが、日本においては、個人主義傾向が高い人ほど、親しい友人の数が少なく、幸福感が低いことが示されることとなった。

この結果を受けて研究グループでは、さらに日本でて個人主義的な制度を実際に導入している企業で働く成人を対象に同様の調査を実施。その結果、個人主義が推奨されている制度下においても、個人主義傾向が高い人ほど、親しい友人の数が少なく、幸福感が低いことが判明したとする。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ