育ちの悪さは食事や気遣いに直接表れる!子供のしつけは大事

育ち悪い特徴

親に教育意識が乏しかったり、家庭環境が劣悪だったりで、いつの間にか子どもに染みついてしまう「育ちの悪さ」。他人に不快な印象を与え、社会人同士の仕事の商談では取引失敗の原因にもなりうる育ちの悪さは、できることなら直しておいた方がいいと思われます。育ちの悪さについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

育ちの悪さが表れる代表例

育ち悪い特徴

1.言葉遣いが悪い

「てめぇ!」「ふざけんな!」などといった言葉を遣ってないでしょうか。

2.箸(はし)の持ち方がおかしい

一緒に食事をすると、その人の育ちがわかることがあります。

3.クチャラー

食事をするとき、クチャクチャと音を出してしまうことはないでしょうか。本人は気づいていないことが多いのですが、周囲を不快にさせることも・・・。

4.魚の食べ方が汚い

骨のある魚をきれいに食べることができますか?

5.場の雰囲気をわきまえない声の大きさ

場所や状況に合わせて、声の大きさは調整したいところです。

6. 大きな音を出す鼻のかみ方

ブーッと大きな音を出して鼻をかんではいませんか?

7.咳・くしゃみをする際に手を添えない

エチケットとして、手を添えておきたいですよね。

8.ゴミのポイ捨て・道に唾を吐く

タ.バコの吸い/殻などを道ばたに捨てたり、道に唾を吐くのはマナー違反です。

9.歩きながらの飲食

屋台などでは食べていいケースもありますが、一般的には好ましいものではないかもしれません。

10.人前で化粧をする

電車の車内などで化粧をしている方をよく見ますが、できれば気をつけたいところです。

11.人の悪口を言う

愚痴はほどほどに。



スポンサーリンク



12.店員に対する態度が悪い

店員さんに横柄な態度をとっていないでしょうか?


安全で安心な質の高い中学校で子どもを学ばせる中学受験の魅力
まだ心身共に幼い小学生に受験競争を強いることや、私立中学校の学費の高さなど、たしかにリスクはあるものの、劣悪な学習環境の「公...




育ちの悪さを感じる瞬間…ネット上の意見

育ち悪い特徴

食べ方や箸の持ち方に育ちが出るなーと思います。

基本的な
子供の頃にたたきこまれるはずの
ありがとう
ごめんなさい
↑これ、大人になっても
言えない人。
完全に育ちが悪いと思います

引いた椅子を元に戻さない奴

【育ち悪いわー四天王】
くちゃらー ・・・言わずもがな満場一致の要素
さわらー ・・・断りなく他人の物を触る、弄る、使う、動かす、漁る
うるさー ・・・生活音全般に配慮がない。扱いが乱暴
むしばー ・・・虫歯が多い。特に丸々銀歯や孔開き放置は危険種

興味の対象が主に女と車

何やっても文句が多い

特に女が多いけど「私、こう言う性格だから」
って変にアピしてるやつ。
一般常識教えられずに、相当甘やかされて育てられたんだろうなぁ…
って想像は付く。

口癖が
疲れたー
だりー
ねみー

親が子どもの悪癖を矯正しないから育ちが悪くなる

育ち悪い特徴

育ちが悪いと、親も食べ方が汚い、親がしつけを怠っていた、親が不在だった、などの理由から食べ方が汚い傾向にあります。

がつがつと食べ、食べ終わった後は食べかすが散らかし放題、時には平気で食べ残しもしてしまいます。

箸の持ち方が変わっている、食べる時にくちゃくちゃと音を出す、背中を曲げてだらだらと会話しながら食べる、など、何かしら人を不愉快にさせる食べ方を行いがちです。

また、魚の食べ方でその人の育ちが分かる、と言います。

育ちが悪いと魚の食べ方が汚い傾向にあるのです。

育ちが良い人が魚を食べた後と、育ちの悪い人が魚を食べた後では、雲泥の差があります。




子どものしつけは高度な技術と知識が必要とされる

育ち悪い特徴

しつけ(躾)とは、赤ちゃんを含めた子供が、生きていくために必要な様々なルールを知って、それを自発的に実行できるよう教育することです。そのルールとしては、「生活のルール」、「人と接するときのルール」、「集団のルール」、「社会のルール」があります。ちなみに、人間にとって最も大切な生命の大切さを教えるということは、しつけには含まれません。それは、しつけで教えることとは別次元の価値観の教育に属することです。

「生活のルール」には、トイレで用を足すという最も基本的なことから、箸やスプーンを使う、食べ物をこぼさない、汚したら綺麗にする、物をこわさないように大切に扱う、といった日常生活の様々なマナーや立ち居振る舞いが含まれます。

「人と接するときのルール」は、あいさつすることや他人のものを勝手に使わないといったマナーの外に、人の嫌がることはしない、人が困っているときや怪我をしたときは助けてあげるといった、人への思いやりが必要な行為も含まれます。

「集団のルール」は、皆といっしょに行動する、目上の人の言うことを聞く、授業中は静かにするなど、集団の規律を守ることや協調性をもって行動するためのルールです。

「社会のルール」は、公共心に基づく公衆道徳や法律で定められたルールの外に、お年寄りを大切にする、譲り合いの精神といった、社会の伝統や慣習としてあるマナーなども含まれます。

このように、子供のしつけの中身を具体的に見て分かるように、しつけは単に禁則・禁忌(タブー)などのやってはいけないことを教えるものではありません。また、幼児期のかなり早い時期からしつけが必要となることが分かると思います。しつけの良し悪しは、親の心掛け、特に母親の心掛けにかかっていると 言われます。少なくとも、赤ちゃんの目が見えるようになって、母親の表情が分かるようになり、母親とのコミュニケーションが始まったとき、あるいは、“はいはい”という自発的な行動が始まったとき、その頃にはしつけを意識して実行しなければならないと思われます。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ