白魔道士…可愛い癒しデザインで高人気のFFヒーラー職

女白魔道士特徴解説

やぼったさと可愛さが絶妙に組み合わさったシンプルにして完成されたキャラクターデザイン、癒しの魔法でパーティーを助ける優しさと献身性、エースと役立たずの中間的な微妙なポジションという親しみやすさ。主にゲーム・ファイナルファンジーシリーズに登場する女白魔道士は一定のファン数をキープしていますし、ブログ管理人も好きです。白魔道士の魅力をお伝えしていきます。

スポンサーリンク

白魔道士とは?

女白魔道士特徴解説

FFシリーズの最初から登場している伝統あるジョブ。

回復・治療・味方をサポートする魔法(白魔法)を得意とする。パーティーに一人は必須なジョブ。対となる黒魔道士が攻撃魔法を得意とするのとは好一対である。

一般的に、赤いダンダラ模様(山型のギザギザの模様)のついた白いローブをまとった女性の姿で描かれることが多い。

男性キャラがこのジョブになった場合、フードは被らないことが多い。

ちなみに赤い模様は魔力で織り込んであるらしい。

FF5ではクルルの衣装が導師の衣装であるネコ耳フードのせいか、たまに混同されることがある。

白魔法が回復や補助が大半を占めている為、普通は攻撃に適したジョブではないが、アンデッドの敵に対しては通常は回復魔法が攻撃に転じる為存分に活躍できる。FF1ではアンデッド対策の魔法が存在していたが、後にケアル等にその効力を統合されている。その為、アンデッド以外にもダメージを与える事ができる。ホーリーは白魔道士にとっては唯一の攻撃魔法といえる。




歴代の白魔道士の中から人気どころをピックアップ

ファイナルファンタジータクティクス

女白魔道士特徴解説

攻撃を受けると自動的に白魔法「リジェネ」が掛かるリアクションアビリティ、「リジェネーター」や、装着すると魔法ダメージが軽減されるサポートアビリティ、「魔法防御力UP」を覚える。

ファイナルファンタジーXI

女白魔道士特徴解説

最初から選べるスタンダードジョブの1つ。『FFXI』では白魔法は赤魔道士やナイト、学者にそれぞれ専用の魔法があり、白魔道士のみがすべてを扱えるものではないが最も多くの白魔法を扱うことができる。そのなかでも「回復魔法スキル」と「神聖魔法スキル」が全てのジョブの中で最も数値が高い。「強化魔法 スキル」や「弱体魔法スキル」は他の魔道士よりも数値が低い。戦闘不能時の経験値消失を90%還元する蘇生魔法の「レイズIII」や、味方のMPを回復させる「デヴォーション」などの専用魔法やアビリティが存在する。魔道士の中でも特に物理攻撃が高いジョブであるとされ、一部のそれ専門のジョブを大きく上回る性能の武具が装備できる。




スポンサーリンク




ファイナルファンジー3

女白魔道士特徴解説

導師(どうし)はファイナルファンタジーIIIにおいて、終盤土のクリスタルから手に入るジョブの一つ。
白魔道士の上位職で、クラス8の魔法が使いこなせるのが特徴。
しかし、黒魔法のスペシャリストであるはずの魔人と同じように、その後すぐ手に入る賢者のおかげで使う機会があまりないジョブの一つでもある。

そんないまいち報われないジョブの導師であるが、その最大の特徴はなんといっても猫耳にある。

ファミコンのドットながら、萌え要素を先取りしたようなその愛くるしいデザインは多くのプレイヤーの人気を呼び、2ちゃんねる等でのコミュニティは今も賑わいをみせている。

このデザインを考えたのはサガシリーズの生みの親、河津秋敏氏らしい。

FF3の主人公は4人とも男の子という設定。

各シリーズでの白魔道士の扱い

女白魔道士特徴解説

FF1
初登場作品。白魔術士がクラスチェンジした上位ジョブであり、すべての白魔法を習得できる。ただしおなじみの姿は白魔術士のものであり、白魔道士のグラフィックは別のものであった。

FF2
序盤で仲間に加わるミンウの肩書が白魔道士であり、多数の白魔法を習得している。

FF3
白魔道師表記。
本作でおなじみの姿となる。FF1とは異なり、白魔法ジョブとしては下位の存在となり、上位ジョブ「導師」が登場する。導師は猫耳フードで有名。

FF4
ヒロインであるローザが白魔道士である。またそれ以外にもミシディアに多数の白魔道士が存在しており、仲間キャラであるポロムもその一人である。

女白魔道士特徴解説

FF5
風のクリスタルの元で獲得できるジョブ。本作ではジョブの上位・下位が撤廃されたため、白魔法の専門家となる。導師の猫耳フードは、白魔クルルに受け継がれた。

FF9
仲間キャラのガーネットとエーコが白魔道士的性能を持っている。ちなみに序盤のムービーにおいて、ガーネットが白魔道士的なフードをかぶっている場面がある。

FF10
ジョブが存在するわけではないが、仲間キャラの一人ユウナが初期状態で白魔道士的特徴をもっている。
続編であるFF10-2では、ドレスフィアとして白魔導士が登場。

FF11
キャラ作成時から選択可能なスタンダードジョブとして登場。

FF12
インターナショナル版であるゾディアックジョブシステムにおいて、選択可能なジョブとして登場。

その他作品
チョコボシリーズやマリオバスケ 3on3、MARIO SPORTS MIXなどでは「シロマ」という名称の女性キャラとして登場する。性格や役割などは作品ごとに異なり、外見も作品ごとに差異がある。

回復役の白魔道士と攻撃役の黒魔道士のどっちになりたい?

女白魔道士特徴解説



スポンサーリンク



白魔派!

女白魔道士特徴解説

エスナ(※状態異常回復魔法)が地味に便利そう

白のほうが圧倒的にカネになるな
黒は応用力がなさ過ぎるし、既存のもので代替が効く


ドー.ピングに回復、大抵の敵に通じるホーリー(※白魔法の最大最強の攻撃呪文)
黒とか話にならんわ

白は落ちこぼれても何とか食っていけそう
黒はネタにしかならない

リレイズ(※自動蘇生魔法)があるから白で
事故で死ななくなるのは大きい

日常生活なら白だな
いざとなればHPMP逆転させてホーリー使うし

白→大体すべての魔法が便利、ケアル(※初級回復魔法)ひとつでも覚えれば金になる。
黒→一部の魔法が白と違う用途で便利、攻撃魔法は自衛以外に使い道無し。
まあ、現代だとこういう感じだよな、どう考えても白の方が便利だし、
しかも自衛なんてしなくて済むならそれに越したことないし、その上
いくら自衛でも相手を殺したり大けがさせれば逆に重犯罪になるし、
本当に黒は不遇だな。

その時代の状況によって待遇は変わるだろうけど
戦争時も平和なときも白魔法は欠かせないとおもうんだ
なので白

白魔法は攻撃、防御、回復が揃っていて最強に見える

性別も一緒に変えてくれるなら
ボーイッシュでベリーショートの金髪白魔道師になりたい

ヘイスト(※速度アップ呪文)とプロテス(※物理防御力アップ呪文)の存在が大きい
自分にかければ肉弾戦バトルも対応できる

どう考えても白だろ
戦闘以外使い道がない黒なんてつぶしがきかなすぎる

白派 パーティーには無くてはならない役割だし。

その職はハデだけど死にやすい!RPGのなってみたい職業12選
つい先日から、「世界樹の迷宮Ⅳ」をプレイし始めたブログ管理人。シリーズを通して共通している相変わらずの高難易度に、楽しみつつ...

黒魔派!

女白魔道士特徴解説


攻撃に使う機会はまれだろうけど
電気炎氷使えるって便利

黒だな。顔隠せるし可愛いし

夢がないやつらばかりだな
炎とか雷とか自分で撃ってみたくないのかよ!

攻撃がホーリーだけって燃費悪いわ
ドレイン(※敵のHPを自分のものに吸収する魔法)使えば回復出来るし黒でいい

お前ら、黒にはスリプル(※睡眠魔法)があるぞ

日常ならそりゃ白だけど
モンスターだらけの世界なら白だと単独行動きつい

素材を売ったり相談役で大儲け!RPG世界の13種類のお金の稼ぎ方
人間を襲うモンスターが街の外に生息していたり、一部の人しか使えない魔法という概念があったり、高く売れる植物・鉱物・生物が洞窟...



FF以外のゲームでの白魔道士に相当する回復職

セブンスドラゴン

女白魔道士特徴解説

クリミナルガールズ

女白魔道士特徴解説

世界樹の迷宮2

世界樹の迷宮2



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ