顧客の信頼が第一!Amazonがネット通販の王者でいる理由解説

Amazon解説

数ある大手ネット通販会社の中でも別格の、王者の風格を匂わせる「Amazon(アマゾン)」。

品揃えの豊富さと、ネット上での最安価格に近い値段で売っているという特性から、他を圧倒しています。

なぜAmazonではこのように安売りができてネット通販界の王者になり得たのか?調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

Amazonの商品があれほど安い3つの理由

Amazon解説

人件費が安い

Amazonでは、在庫の管理で徹底的に機械化・効率化がなされていて、作業員1人当たりが担当する商品数は、一般の小売店のそれよりも、圧倒的に多い、という特色があります。

効率化された管理システムのおかげで、少ない人数で大量の商品をさばくことができ、人件費を安くおさえることができます。

実際に↓からAmazon公式サイトを見てみると以下の解説が色々と理解しやすくなります。

無店舗経営でネット通販用に特化している




スポンサーリンク





小売店の場合は、店舗用の土地代・テナント代が高くつくので経営を圧迫するのが常です。また、店舗に配置する人材の人件費・照明やエアコンのような電気代も高くつきます。

しかし、Amazonは店舗を持たず、郊外のような土地代が安い場所に大規模倉庫を構えるという「無店舗経営」なので、ビジネス経費全体に対する土地代がとても安い、というコストカットを実現できています。

神サービス降臨!Amazonで無料で漫画が1冊丸ごと読める
最近、電子書籍漫画に興味津々のブログ管理人ですが、ネットで調べていると、プロの漫画家が出版した漫画(アマチュアによるいまいち...

余計な中抜き業者をはさませない

普通の小売店だと、メーカー→卸売り業者→小売店→消費者、という販売経路をとるため、小売店は卸売り業者から買い取った時の買値よりも高値で販売しなければ儲けが出ません。そのため、店舗に並べる商品の値段は高めに設定せざるを得ません。

しかし、Amazonは、メーカー→Amazon→消費者、という販売経路をとっており、卸売り業者という中抜き業者をはさまないので、メーカーと交渉して安くまとめ買いした商品を格安で消費者に届けることが可能となります。

「Amazon」の解説

Amazon解説

アメリカのワシントン州シアトルに本拠地を構える、ネット通販サービスを提供する企業。

非常に幅広い品揃えと、各種ネット通販店中で最安値に近い価格で販売することがAmazonの魅力である。

「長期的視野」を重視する企業であり、目先の利益や売上高を目標とせず、たとえ金銭的に損をしてでもリピーター客の獲得や、収益のほぼ全てを設備投資に回すことを優先する。

こうした投資的行為の効果が出るのは、それを行った4~5年後とAmazon側は予測しており、実際に継続的に売上高を伸ばしている。



スポンサーリンク






Amazonの企業戦略は「徹底的に顧客目線」

Amazon解説

Amazonの企業理念

「地球上で最もお客様を大切にする企業であること」

ひたすら顧客の利便性を追求していくのがAmazonという企業の最大の特徴です。企業戦略を打ち立てたり、変更する際には必ず「お客さまが何を求めているのか」を第一に考えて、顧客目線で決定していきます。

Amazonは最初、本・洋書を売るネット通販サイトとしてスタートを切りましたが、現在では、建築物や飛行機といった通販が物理的に不可能な物を除いて、ほとんど全ての商品ジャンルを網羅しています。

「地球上で最も豊富な品揃え」を企業コンセプトとして、商品の種類と数の拡充を日々続けています。

現在Amazonが最も力を注いでいる、アニメやドラマが存分に視聴できてさらに各種サービス満載の「Amazonプライム」の無料体験↓

Amazonの経営理念を象徴するジェフ・ベゾス氏の言葉

Amazon解説

(ジェフ・ベゾス氏は、Amazonの共同創設者で、CEO・社長・取締役会長)

私はひとつの企業のためだけでなく、より大きな使命感を持っている会社が好きです。私はアマゾンを地球上で最も顧客中心の会社にして、多くの組織のロールモデル(お手本)になりたい。

アマゾンには原動力となる3つの考え方があります。ひとつは「常に顧客中心に考える」こと。ふたつ目は「発明を続ける」こと。3つ目は「長期的な視野で考える」ことです。この経営哲学は10年後も変わりません。将来どのようなビジネスをやっていくかを話すのは難しいですが、アマゾンはこの3つに基づいた企業であると自信を持って言えます。

私たちの哲学は非常に明確で、長期的な視点に立っています。長年にわたって継続的にコスト構造を改革してきました。コスト構造の改革で、節約したお金を、商品を低価格にするということで顧客に還元してきました。こうしたことは、短期的には一部の投資家の不興を買うかもしれませんが、顧客にとって正しいことなのです。長期的に見れば、顧客の利益と株主の利益は必ず一致するはずなのですから。

「アマゾンは実店舗に進出するのか」とよく聞かれますが、普通の店であればやりたくありません。従来と異なる優れたサービスを提供できない限り、そのビジネスには進出しません。

私の個人的な意見ですが、ただデバイスをつくっただけで顧客が関心を持つとは思えない。顧客が求めていること、顧客がしようとしていることは何か。それは書籍を買い、音楽を買い、映画やテレビ番組、アプリを買うことです。デバイスとサービスをシームレスに融合させたのがキンドル・ファイアなのです。

私たちがやろうとしているのは、デバイスを消すことなんです。デバイスそのものがカッコイイとか機能が豊富とかではありません。まるで紙の本のように、作者の世界や物語に読書の中で没頭してしまうようにしたい。本の装丁、紙、インク、そういったものがすべて消えて没頭してしまう読書体験を実現したいと思っています。

我々は辛抱強い。待つのは平気です。2~3年で上手くいく必要はありません。状況によっても変わりますが、一般的に私たちのタイムラインは、5年から7年です。

顧客のニーズから逆算せよ。

顧客との継続的な関係を築くことがアマゾンのビジネスモデルだ。




利益のほ全てを投資に回してさらなる成長を続けている

aboutamazon2

上のグラフを見れば一目瞭然、売上高(Revenueの折れ線グラフ)は右肩上がりで伸びているのに対して、利益(Net income)はずっとゼロに近い値を保っています。

それでは、売上高と利益の差額のお金はどこへ消えたのか?答えは「設備投資」です。

2011年では、売上で得たお金の75%をITと物流の投資に回し、Amazonのインフラの整備と拡充に使用しています。

ITへの投資の代表例は「Kindle(キンドル)」という電子書籍リーダーの開発と普及で、Kindleを購入することによりAmazonが発売する電子書籍を快適に読むことができます。Kindleの普及率を上げていくことで、ゆくゆくは電子書籍販売の世界でもAmazonが覇者になることができるでしょう。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント