顧客の信頼第一…Amazonがネット通販の王者でいる理由

Amazonアマゾン解説評判

数ある大手ネット通販会社の中でも別格の、王者の風格を匂わせる「Amazon(アマゾン)」。ポイント付与サービス面ではパッとしませんが、品揃えの豊富さと何円からでも送料無料という使いやすさ、そしてネット上での最安価格に近い値段で売っているという特性から、他を圧倒しています。なぜAmazonではこのように安売りができてネット通販界の王者になり得たのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

Amazonとは?

Amazonアマゾン解説評判

Amazon.com Inc(アマゾン・ドット・コム・インク)とは、アメリカのワシントン州シアトルに本拠地を構えるWeb通販サービスである。

日本語版は、 Amazon.co.jp(アマゾン・ドット・シーオー・ジェイピー)である。

通称「尼」「密林」等と呼ばれ、段ボールの存在感が大きい事に定評のある通販業者である。送料無料と幅広い品揃えが特徴である。また、予約をしても発送準備にかかるまではキャンセル可能。

以前は1,500円以上の商品が送料無料であったが、2010年11月1日以降全商品送料無料化された。なお「Amazon.co.jp以外の出品者」(マーケットプレイス)は、多くの場合送料無料ではない。ただし、中古本等の場合、総合的に安くなる場合が多いので、そこは自身の財布と相談して決めて欲しい。

日本、アメリカの他、カナダ、イギリス、ドイツ、フランス、イタリア、中国にWebサイトがある。本家Amazon.comに日本からアクセスすると「日本でお買い物しましょう!」と言う日章旗付きAmazon.co.jpへの誘導バナーが上部に表示される。

また、amazonポイントというポイント制度もあるが、こちらは限りなく対象商品が少ないため、あまり期待しないほうが良い。

実際に↓からAmazon公式サイトを見てみると以下の解説が色々と理解しやすくなります。




Amazonの企業戦略は徹底的に顧客目線

Amazonアマゾン解説評判

グローバル展開すると統一感がなくなりがちですが、アマゾンはどの国のサイトもほぼ作りが同じですし、サービスにも大きな差がありません。これはグループ全体が2つのグローバルビジョンに基づいてサービスを展開しているからです。

1つ目のグローバルビジョンは「地球上で最も豊富な品揃え」。アマゾンは本・洋書から始まったサービスですが、この12年間であらゆるカテゴリーの商品を増やしてきました。お客さまが求めるものすべてがオンラインで、かつその場で買えるということが大きなコンセプトとなっています。

2つ目は「地球上で最もお客さまを大切にする企業であること」。常にお客さまの目線で何ができるかを考え、時にお叱りをいただいた場合にはその一つ一つに耳を傾け、改善に努めてきました。

ジェフ・ベゾス(※Amazon.com の共同創設者でありCEO、取締役会長、社長)はこう言っています。「アマゾンの本質は物を売ることじゃない」。お客さまが「買いたい。でも、どうしよう」と迷っておられる時に、その決断を助けることが本質だと。ですから、私たちの会議ではよくこんな発言が出ます。「その方法、そのスキームは本当にお客さまのためなのかな」。もちろん、 アマゾンも民間企業ですから、利益増加やコスト削減といった企業としての理想とお客さまの利便性の間でバランスに迷うことがあります。そんな時には必ず 「お客さまが何を求めているのか」という原点に立ち返り、判断することにしています。

Amazonの経営理念を象徴するジェフ・ベゾス氏の言葉

Amazonアマゾン解説評判

アマゾンには原動力となる3つの考え方があります。
ひとつは「常に顧客中心に考える」こと。ふたつ目は「発明を続ける」こと。3つ目は「長期的な視野で考える」ことです。
この経営哲学は10年後も変わりません。将来どのようなビジネスをやっていくかを話すのは難しいですが、アマゾンはこの3つに基づいた企業であると自信を持って言えます。

我々は辛抱強い。待つのは平気です。2~3年で上手くいく必要はありません。状況によっても変わりますが、一般的に私たちのタイムラインは、5年から7年です。



スポンサーリンク



会社には2種類ある。高く売るために努力する会社と、安く売るために努力する会社だ。我々は後者になる。

「アマゾンは実店舗に進出するのか」とよく聞かれますが、普通の店であればやりたくありません。従来と異なる優れたサービスを提供できない限り、そのビジネスには進出しません。

神サービス降臨!Amazonで無料で漫画が1冊丸ごと読める
最近、電子書籍漫画に興味津々のブログ管理人ですが、ネットで調べていると、プロの漫画家が出版した漫画(アマチュアによるいまいち...

他社は顧客、顧客と口では言っても、結局ライバルを見て戦略を決めています。それは何も発明していないのと同じです。先駆者とはいえません

顧客との継続的な関係を築くことがアマゾンのビジネスモデルだ。




最大の疑問…なぜAmazonはあれほど安いのか?

Amazonアマゾン解説評判

人件費が安い

amazonは巨大な倉庫で他の小売店とは比べ物にならない品数の商品を管理しています。
また、機械化・効率化され、作業員一人当たりが管理する商品数は一般の小売店とはくらべものになりません。
ここでも商品に対する人件費と言う名のコストがカットされています。

薄利多売で勝負をかけている

取扱商品の多様さ・価格から、非常に利用者数が多いです。そのため、一点一点の利益を少なくしても、トータルでの利益を確保できています。

「○○を検索した人はこんな商品を買っています」で売上を伸ばす

例えば↓をクリックしてみると「○○を検索した人はこんな商品を買っています」と関連商品が大量に表示されることが分かります。

Amazonはキーワードで商品を検索すると、それ以降、個人ページには次々とオススメ商品が表示されます。
「○○を検索した人はこんな商品を買っています」などと表示され実績に即しており、非常に購買意欲をそそられます。
最初は検索した商品だけが欲しかったお客が、自分の知らなかった商品を見つけたり、セット購入したりしてしまう確率は非常に高くなっています。
これは楽天など全く異なる店舗が集合している(=他店の商品は宣伝しない)サイトと異なり、「Amazon」という一つの店に来店し、店員にどんどんオススメ商品を紹介されているかのようなシステムになっています。

店舗を持たない無店舗状態で経費カット

無店舗販売であれだけの売り上げがある店舗に比べると、かかる経費が格段に安いです。
Amazon.co.jp倉庫は千葉県市川の1つのみで在庫を管理し、コストカットしています。

利益のほとんど全てを投資に回してさらなる成長を続けている

aboutamazon2

amazonは現状ではほとんど利益は出てないどころか赤字です。
でも、一方でグラフを見ればすぐに分かりますが、
売上げが右肩あがりで上がっています。
これだけ日本でも普及してるamazonなのに、実は利益出てないんです。

amazonは上げた利益のほとんどを投資に回しています。
amazonは自社で物流も担っているので、大規模で効率的な物流の拠点を設けたりインフラを整える事に大きな投資をしていると思われます。(目先で損をしてでもリピーター客の獲得や企業の信頼度を高めることも投資として扱っている)

そのお陰で、当日配達や送料無料などが実現できているわけですね。
そのほかにも、kindleなどの新しいデバイスの開発にも大きな投資をしています。

今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント