なぜ先進国で少子化が進むのか?の疑問に答える4つの有力仮説

少子化原因対策

ゆっくりとではあるが少しずつ確実に国を衰退へと進めている「少子化」。少子化対策に成功した外国は存在していますが、日本はコレといった打開策ができていないのが実情です。

少子化の根本的な原因ははっきりとしていませんが、仮説はいくつかあります。少子化の原因説を調べてまとめました。

スポンサーリンク

先進国ではほぼ必ず少子化が起きるようになっている

少子化原因対策

高所得で経済成長が恒常的にある社会では、子供の育成に膨大なコストがかかり、それと親の消費水準とのバランスという合理的選択で子供の数が決まるとされる。高所得で経済成長する社会では、労働者の資本装備率、すなわち労働者一人当たりの機械設備などが高くならなければならない。

そうなると将来の子供の消費水準を維持・向上させるためには、高度な資本装備を操作・利用できるようにするための教育に、膨大な金銭的および時間的コストがかからざるを得ない。そうなると、現在の親の生活水準を維持する必要から出生率が下がる。

要するに、子供は数ではなくて質が問題となる。高度な教育を必要としない単純労働と、それを必要とする頭脳労働では付加価値がどんどん開き、賃金水準に大きな格差ができるため、親にとって子供の教育が最重要課題になるからだ。

統計では、世界各国の一人当たり所得が高いと出生率が低いという逆相関関係は明確であり、一人当たりの経済成長率が高いと、人口増加率が低くなるという緩い逆相関関係も認められる。

発展途上国では
・女性は結婚するのが当たり前、生きていくにも有利
・労働力に期待して子供を生む
・教育にお金はかけない、小さい頃から働いてもらうだけ

先進国では
・女性が結婚する必要がない
・子供の教育にお金をかけるようになる
・自分の趣味を優先するようになる

育児休暇の充実や婚外子の容認…少子化対策が成功した外国例
「少子高齢化問題」は、日本にとっては絶対に避けては通れない宿命の問題であり、じわじわと国をむしばむ死の病とでも評すべきもので...



少子化仮説.1 不景気によって結婚や子育てが無理

少子化原因対策

簡単に言うと子育ては昔に比べて格段に費用がかかる割にはその保障制度は少ないといった理由があると思います。

ついでに言うなら最近は出会いの場にさえお金が必要になってきていることからも男女の出会い自体が少なくなってきていることも原因かもしれません。その理由は昔と違って1日中室内で仕事、生活することが可能になってしまっていることが原因かと思います。今や1日中家で過ごしても暇にはなりませんし、仕事も営業以外はほとんど同じ場所で仕事をするので出会う場所はこちらから動かないとありませんし、「個人」への認識が他人への関心を薄くしている のでしょう。そうすると出会いさえもお金をかけることになり、結局資金不足になるかやりたいものを優先するかになってしまうのでしょう。

この説を支持するネットのコメント

  • 子育てにお金がかかる。
  • 単純に金がない貧乏人が増えたからやで
  • 昔よりも金がかかることが増えた。
    その割りに不景気。
  • 裕福な家族が計画的に殖やす
    貧しい家庭が無計画に殖やす
    中間層は家族.計画を持てない
    子供の貧富差は凄いと思うよ

恋愛至上主義や個人主義が進んだ結果ついに結婚制度が崩壊へ
「進化を続けた終局には死が待っている」という言葉はSFや生物学などでまれに用いられますが、人間が賢くなりすぎた結果、子どもを...


スポンサーリンク



少子化仮説.2 女性の社会進出で晩婚化&非婚化

少子化原因対策

仕事をしながら子育てをするというのには現在十分な環境が整っているとはいえない状態ですね。そのような状況下で女性の晩婚化が進み、少子化の原因となっているとも言われています。ちなみに最近のデーターでは、初婚の平均年齢は夫30.8歳。妻29.2歳。初産の平均年齢は30.3歳と過去最高を更新し続けています。

この説を支持するネットのコメント

  • 女も働けるようにするのは男にとっても出会いが増えるからありがたいが、女が増えたことで男が追いやられたらアカン
    男も働いて、女も働く
    逆に働いてない男が馬鹿にされてたように、働いてない女も同じように馬鹿にされるべきだし攻撃されるべき
    女だからと優遇されるのは、大勢の男がいる中に女が少数しかいないからや
    男女五分五分なら女は同性の目が気になって自制するようになる
  • 女は働け
    女は出産しろ
    税金増やして手取り減らします
    物価は上げます
    そりゃ少子化進みますわ
    50年後日本人半減してるらしいからな
  • 統計学的には
    メディアの発達と女性の学力の向上に伴って
    結婚率と出生率が減少してるみたいやね
  • 女性の社会進出が進み、結婚しなくても生活出来るようになった。
    元来、女性は、自分よりも高収入、高学歴の男との婚姻を望む傾向があるが、女性の高収入化、高学歴化により、対象となる男が制限される結果となった。
  • 出産育児って人生でそう何度もない女性にとって、ひいては人類存続にとって極めて重要な仕事なんだよね
    それを軽視して後回し、社会進出を優先するとか
    明らかにおかしいんだよ
    人類の長い歴史のなかで培ってきた価値観やシステムを急激に変えようとするから社会がおかしくなる

闇が深すぎる…結婚の実態と本質を明かすネットの言葉まとめ
物語の中ではハッピーエンドとして扱われることの多い「結婚」。現実でも、そう考えている人がかなり多くいます。しかし、いざ結婚し...

少子化仮説.3 情報化社会により結婚のデメリットがあらわになった

結婚制度崩壊破綻

■家ってくつろぐところじゃないの?
サラリーマンとして働く僕は、日曜日、家でゴロ寝しながらただただテレビを眺めています。すると「も~いつも ダラダラしてっ! 少しはちゃんとしてよ」と妻に毎回怒られます。だって僕の休みは? 休みの時くらい好きにさせてよ。それに、家ってダラダラくつろぐところじゃないの? じゃあ、いつくつろぐの? 「今でしょ!」

■やりたいことや夢が犠牲になるかどうか?
既婚未婚の良し悪しはやりたいことや夢中になれることがあるかないか、それができるかできないか……だと思います。既婚者が結婚生活を後悔したり独身者が結婚への否定的な見方をするのは『やりたいこと』とか『好きなことや趣味』があってそれが抑えられないからなんだと思います。

上記のような「結婚したくなくなる」情報がネット上で拡散・スマートホンやPCで簡単に確認できるようになった結果、多くの人が結婚したくなくなる。

こんなはずは…結婚後の各種後悔の原因を指摘する激辛な言葉
ネット上には結婚を否定する意見があふれかえっています。その全てが正しい、などということはありませんが、現行の結婚制度が抱える...



少子化仮説.4 娯楽の多様化で恋愛や結婚の価値が相対的に落ちた

少子化原因対策

■恋より楽しいことがいっぱい!

・「恋愛にうつつを抜かすよりも、自分の時間を大切にしたい人が増えているからだと思う」(男性/22歳/食品・飲料)

・「娯楽の多様化。恋愛以外にも楽しいことがたくさんあるので」(男性/22歳/食品・飲料)

・「一人で遊べるモノが増えた。まわりの人は『恋人いない歴=年齢』が多い。今は趣味に全力を注ぎたいらしいので、告白されても『興味がない』で振っているらしい」(女性/23歳/金属・鉄鋼・化学)

アフターファイブや休日は、とにかく趣味に費やしたい。そんな若者も多いようですね。

この説を支持するネットのコメント

  • 付き合ったり結婚したりがめんどくさい。
  • 男女ともに異性に求めるハードルが上がってるんやろなぁ…
  • 結婚の具体的なメリットを示せない以上今の若者は賢いからこれから少子化はどんどん進むよ
すごーい!いつでもフレンズたちに会えるー!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. […] なぜ先進国で少子化が進むのか?の疑問に答える4つの有力仮説ゆっくりとではあるが少しずつ確実に国を衰退へと進めている「少子化」。少子化対策に成功した外国は存在していますが、日本はコレといった打開策ができていないのが実情です。少子化の根本的な原因ははっきりとしていませんが、仮説はいくつかあります。少子iitokoronet.com […]