クレジットカードのリボ払いは高金利&金銭感覚麻痺で超危険

クレジットカードリボ払い

ブログ管理人も生活用にクレジットカードを多用していますが、ことある事に「リボ払い」の勧めのメールがクレジットカード会社から送られてきて迷惑しています。リボ払いなら、クレジットカードで大きな買い物をしても月額に支払うお金は5000円ずつ程度になるので、目先の安心感からうっかりリボ払いをしてしまう人もいるかと思われますが、リボ払いは大変危険です。リボ払いの問題点について調べてまとめました。

スポンサーリンク

リボ払いとは?

リボルビング払い(リボルビングばらい)とは消費者金融やクレジットカードの返済方法の一方式である。「リボ払い」「リボ」などと略される。

リボ払いは、毎月あらかじめ指定した一定額を返済してゆく方式である。回数指定の分割払いが各々の件に個別に指定するものであるのに対し、リボ払いでは各々の件に対してではなく残高全体について毎月返済することによって合計残高を減らしてゆく。「リボルビング」の原型動詞 “revolve” は「回転する」意味があるため(回転式拳銃をリボルバーともいう)、回転信用とも呼ばれる。




リボ払いの危険さがひと目で分かるリボ払い例

クレジットカードリボ払い

楽天カードの審査も通らない雑魚野郎に
リボ払いの怖さを説明いたします。
金利18%、毎月10000円のリボ払いで
50万円の商品を買った場合。
支払いは毎月定額の10000円だが、この
10000円は、利息と元金の合計。
毎月の一万円と内訳(利息/元金) 借金残り
1回目 10000(7500/2500) 残り497500
2回目 10000(7462/2538) 残り494962
3回目 10000(7424/2576) 残り492386
4回目 10000(7385/2614) 残り489771
5回目 10000(7346/2653) 残り487117
6回目 10000(7306/2693) 残り484423
7回目 10000(7266/2733) 残り481690
8回目 10000(7225/2775) 残り478915
9回目 10000(7183/2816) 残り476098
10回目 10000(7141/2858) 残り473239
11回目 10000(7098/2901) 残り470337
12回目 10000(7055/2944) 残り467392
だいたいこんな感じ。
一年間で12万支払って、結構返した気に
なるだろうが、まったく違う。
支払った12万のほとんどが利息。
返済された元金はわずか3万ちょっとで
残りの借金は約47万。
来年も再来年も、がんばって
利息を払ってね(^^)/~~~

楽天カード 簡単取得で高還元率!実用性No.1クレジットカード
初心者におすすめのクレジットカードとして楽天カードがあります。 公共料金の支払いでポイント貯まるし、ポイント還元率も悪くな...

リボ払いの問題点

クレジットカードリボ払い

  1. 金利手数料が約『15%』かかり、毎月の支払いに利息が付く
  2. 毎月の支払いが定額なので、買い足すと『返済期間』が長くなる
  3. 毎月支払いが増えないので安心感から『金銭感覚が麻痺』する

リボ払いの問題点は、ついついカードを利用しすぎてしまう事です。
毎月一定の支払い金額で済むため、金銭感覚が麻痺してしまい、ついついカードを使いすぎてしまう場合ことが起こります。カードを使い過ぎてしまった場合、毎月の残金額を増やす事につながり、結果、毎月支払うリボ払い手数料も増えてしまいます。

残金は、捉え方次第では借入金と同じです。
自分の返済能力を超えた借入金額になってしまうと、返済期間が長くなりがちになり、リボ払い手数料総支払い金額が高くなります。

ですので、いくら毎月定額払いとは言え、余裕を持って支払いができる金額を計算して利用する必要があります。

リボ払いの金利は消費者金融とあまり変わらない

クレジットカードリボ払い

まず、消費者金融の金利というのはCMなどでもよく表示されていますが、年利4.5%~18%当たりの金利に設定している業者が多いです。

この消費者金融の金利の範囲というのは、いくらお金を借りるのか?という事や、これまでの利用実績などに応じて変わってくる事になります。

話をわかりやすくするために、初めて消費者金融でのキャッシングやカードローンを利用する人を例にすると、30万円以下の比較的少額な借り入れであるとすれば、大体その上限の年利18%に近いところになります。



スポンサーリンク



そしてこれに対し、リボルビング払いでの金利というのは、年利15%固定という業者の割合が、圧倒的に多いです。

それぞれの業者ごとに、利用金額やこれまでの実績などで、多少の違いはあるかもしれませんが、ほとんどの場合、年利15%固定です。

消費者金融の金利 = 約18%
リボ払いの金利 = 15%

こんな感じで、

消費者金融でのキャッシングやカードローンでお金を借りた場合と、クレジットカードでのリボルビング払いでの金利は、3%程度しか変わらないのです。

支払が遅延してしまった場合の延滞金(利息・損害金)は、消費者金融の場合とほぼ同等です。

このあたりの事を知らなかった方にしてみると、結構衝撃的な内容ではないでしょうか?

読むべし!闇金ウシジマくんの名言に学ぶお金と社会の真実
ルールを決めるのは、強者だ。金と権力のある奴らだ。強者は自分に都合のいいルールを作る。だから、いつも弱者がわりを食う。 ...

リボ払いで地獄を味わった人の体験談

クレジットカードリボ払い

お金を借りる癖っていうのは一度気づかないとどうしようもない感じになることを昨年あたりに経験しまして、それがクレジットカードのリボ払いを使ったものでした。
リボ払いっていうのはポイントバックなどが沢山あって一件便利そうですし、一ヶ月に返済する金額が少なくて済むために、あまり借金という意識がなく、ついつい使ってしまいます。
それが気づかない内に癖みたいになっていったという落とし穴にハマってしまいました。

折しも去年はやっと引っ越しをしてそれで色々なものが入用になってクレジットカードで買い物をしていたのですが、その時に同時にハマっていたスマホのソシャゲでの課金も実はクレジットカードで支払っていまして、それが重なって大きな金額になっていました。
気づいたらなんと借金20万円ほどに膨れていて大変に驚きました。

同様にリボ払いでそれぐらいの金額を長くズルズルと返済すると手数料だけで3万円以上損をするというのが分かりました。
手数料というか、借金の利息ですね。
一応派遣社員になった時期でしたので、なんとか元金を減らすように月に数万円追加で返済をしていました。

現在ではようやくクレジットカードの借金はなくなりましたが、相当な焦り感があったので、今後はそういったことがないように自粛しないとなと反省しました。
リボ払いにはご注意を。
後で必ず苦しみます。

破滅を招く悪い借金の種類と、意外に身近で危険な借金の解説
普段はあまり関わる機会が無くても、急な入り用や商売の失敗、あるいは「ちょっとくらいなら…」という気の緩みからある時突然に目の...



リボ払いはクレジットカード会社にとって大利益

クレジットカードリボ払い

そもそも、クレジットカード会社の収益は大きく「加盟店からの手数料収入」と「カード利用者が分割・リボ払いすることによる金利・手数料収入」の二つからなっています。そのうち、利用者からの金利・手数料収入を最大化するための仕組みが「リボ払い(リボルビング払い)」です。

そのため、リボ払いはクレジットカード会社にとっては「どんどん使ってほしい」支払方法です。テレビCMなどでリボ払いはスマートだ、というような内容のものを作ったり、リボ払いにすればポイントがたくさんもらえるといったような特典をつけたりするのは、金利や手数料で儲かるからです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ