自信…精神の安定や自己肯定感をもたらす心理の性質まとめ

自信付け方特徴性質自信がない

心の安定を常時もたらしたり、勝負に出る時に有ると無いとでは大違いの「自信」。自信が無くて自信が欲しい人はたくさんいると思われます。自信の性質や、自信の身につけ方について調べてまとめました。

スポンサーリンク

自信とは?

自信付け方特徴性質

人間が自らの能力、知識、信念などを信頼している精神の状態を意味する。自信があればうまくいくと自分を信頼し、未経験の領域に挑戦する場合でも自己不信や戸惑いを克服することができる。自信を獲得するためには家族や他人との人間関係、社会の中での生活などを通じて、経験を蓄積しながらそこから得られた知識や教訓を建設的に活用しなければならない。つまり自分がうまく物事を進める力量の結果として自信は内面化される。洗脳や催眠といった手法でも自信は獲得できるとされるが、実際の行動で問題となる可能性が高まる。

自信の影響力は大きく、それは人生観や生き方を方向付けることがある。スポーツ選手などの身体能力も自信によって引き出される可能性がある。一方で自信過剰は慢心や驕りになる危険がある。逆に自信喪失すると、思考は停滞して行動は消極的となるか、自信喪失の反動からしばしば虚栄心が頭をもたげて自分自身を虚飾し、実際の自分よりも良く見せようとする、完璧主義に走ったり何かに依存するといった状況に陥ることがある。

自分に自信がない人のための少しずつの成功で自信をもつ方法
瞬間瞬間は大事さを実感できなくても、人生の要所要所、踏ん張りどころで必要不可欠なのが「自信」。自信がある人と無い人では、成功...



ネット上の、自信の重要性を訴える人達の言葉

自信付け方特徴性質

成功者を見てると、自信のあとに結果がついてきてる気がするからな
成功後の発言とかを見ててもいかに根拠のない自信が常に根底にあるかがよくわかる
見当違いな主張をドヤ顔で自信満々に言ってるやつとか多いしな

無根拠に自信がある奴は自信が無い奴より迷惑

自信喪失して何事も怖くなって精神病患った奴はどう生きていけばいいんだ

自信が全てだよな
多少勘違いでも良いから自信欲しい

成長物語の軌道に乗るのに必要な程度の自信すらなかったんだよね
無理だ無理だで毎日が憂鬱でいつの間にかやる気ゼロ
周りにも恵まれてなかったとも思うけど
周りからのやんややんやから身を守ってくれるのも自信だったりするし
だから学生のうちに何事にも挑戦して 失敗成功するべき

動かないことが疑いと恐れを生み出す。行動は自信と勇気を生み出す。もしあなたが恐れを克服したいと思うのなら、家の中で座って考えたりしてはいけない。外に出て、忙しくするのだ。

能力の低い人から自信まで奪ったら何が残るんだ。
たまには蛮勇も役に立つ。役職を与えてはいけないが。

根拠のない自信があるからな。
根拠のない自信ってのは実は鬱とかにならない為にはとても大事
アメちゃんは割と本気でホー.ムレスでIT土方のバイトとかしてたり、
失業してストリートバスケぐらいしかしてなくても
「自分はなぜか成功する」とかいう根拠のない自信を持ってたりする
日本人の自信って学歴とか年収とか容姿とか運動能力とか成績とか何かで賞をとったとか
自分に付随するステータスに対する自信が多いじゃん。
そういうのは自分より上の年収とか成績とか学歴とか勉強や運動での挫折するとポッキリ折れちゃうんだよね
実は結構真面目に日本人に自.殺が多い理由の1つと言われている

自信がないやつって自信付けるために何か大きな成功をしようとして失敗し、自信を失うってループに陥ってることが多い
まずは小さな成功から積み重ねていくのが大事
今確実にできると言えるのを100とするなら、まずは101のことをやっていこう
101をいくつかやったら102をやってみよう
そうやって110まで行ったとすると、元々自信があったものより10大きなことができたと言うこと
その時には110までは確実に出来ると思っているはずなので、それより10大きな120までは出来るんじゃないかという自信になってる

自信が無いことと無気力は無関係じゃない
周りと自分を比べて自信をなくす事から始まり、日々の小さな所で劣等感を感じるようになり、毎日を生きる事自体が次第に辛くなってくる
そうすると思考が常に卑屈になり、挑戦する事が怖くなり、辛い事を我慢する根性もなくなり、諦めるのが当たり前になる
全部自分が悪いとわかっているのに、努力する気力がないやる気が起きない

自信は何によって増減するのか全部知れば自信を持つのは簡単!
これまでの人生が負け続きで、自信は皆無・自己評価も最悪……という人でも、仮に突然10億円を手にしてしまったら、誰にどんな罵倒...




自信の性質

自分自身と交わした約束を守っていくと自信がプラスされる

自信付け方方法

あなたは人を信用することができますか?



スポンサーリンク



たとえば、どんな人なら信じられますか?

嘘をつかない人。

正直な人。

裏切らない人。

約束を守る人。

誠実な人。

裏表がない人。

言動が一致してる人。

大事な時に逃げない人。

などなど。。。

信用するための条件がいろいろ出てきますよね。では聞きますが、あなたは自分自身を信用していますか?はたして自分にとって自分は、信じるに値する人間でしょうか?

自信って、自分を信じるって書きますよね。

自信がない人は、自分を信じることが出来ないともいえます。

それは、自分の気持ちに嘘をついてきたからかもしれません。

自分の決めたことを守ってこなかったからかもしれません。

人に対して隠し事が多いからかもしれません。

他人だったらば信用できないようなことをしている自分を、信用できるわけがありませんよね。

ということは、自分を信用できるようになるには、自分に対して上記の条件を満たせばいいってことですよね。

自分の気持ちや考えに嘘をつかない。

自分に正直になる。

自分を裏切らない。

自分との約束、決め事を守る。

自分に誠実である。

裏表を作らない。

有言実行する。

逃げないで向き合う。

などなど。

一時的なものではダメですよね。

信用って、コツコツと積み重なって得られるものですから。今までできてなかったとしたら、これからやればいいんです。

成功体験や他者(特に親)に肯定された回数が少ないと自信がマイナスされる

喪女特徴ありがち

自信を持つのに不可欠な自己肯定感(「あるがままの自分でいいんだ」、「あるがままの自分でも愛される資格がある」)という感覚は、子どものころに土台が形成されていきます。

この自己肯定感が育まれるためには、子どものころに関わる周囲の人たち、とりわけ親が重要な役割を果たします。親が自分を無条件で愛し、認めてくれたと感じることができたり、失敗しても受け入れてくれたりした経験のある子どもは、大人になってからも揺るぎない自己肯定感を抱くことができ、それが自信へとつながっていきます。

その一方で、親から無条件で愛情を受けることができなかった子どもは自己肯定感が育たず、自己嫌悪を植え付けられて成長することになることも多く、大人になってからもなかなか自信を持つことができなくなります。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ