サービス残業…違法なのにまかりとおる残業代0の時間外労働

サービス残業

生活のために仕方なく自分の時間を切り売りしているサラリーマンの方は大勢いるかと思われますが、そういう方達にとっては特に苦痛の、時給0円のサービス残業。「残業をしている人こそ働き者で偉い」という不合理な風潮から、わざとダラダラ残業をしている人も多いそうです。サービス残業の実情について調べてまとめました。

スポンサーリンク

サービス残業とは?

サービス残業

労働基準法にりっぱに違反する行為でありながら、もはや日本のワークスタイルと言ってもよいほどに労働環境に定着している、悪しき慣習の一つ。

「サビ残なんて中小企業ばかりで、大手企業や公務員には無縁のもの」などと思われがちだが、どの分野においても多かれ少なかれ、サービス残業は必ず発生しているのは間違いない。

公務員とて予算に縛られている以上存在し、代休という名で割増賃金でなく、取れない(取らない)代休でサービス残業にもなっている。

最近では、サービス残業代の払い戻しを求め企業側に裁判を起こし、従業員に対して払い戻しが行われることもあるが、大体の企業では今でも、従業員に対してサービス残業を強いるところが多いようだ。




法のすき間をくぐり抜けるサービス残業のやらせ方

サービス残業

タイムカードを押した後に仕事をする
最も一般的な方法。タイムカードを押すことによって表向きは「退社」になるが、その後も会社に残って仕事をするという単純なもの。
出勤簿の偽装工作
公務員や中小零細企業、サービス業などタイムカードを導入していないところで採られている方法。とはいえ、根本的にはタイムカードと同様、表向きを定時退社にするという至って簡単な方法である。この場合、シフト管理者と呼ばれる人が強権を握るために、サビ残とは逆のカラ残という現象が発生することもある。
「残業するな」という規定を作る
表向きは「残業をしてはいけない」ということになるこの規定。しかし、「絶対、今日中にこの仕事を終わらせなくてはいけない・・・」という状況に追い込まれることはあるだろう。こんな場合は、やむを得ず、残業をすることになってしまう。だが、先にも挙げた通り会社には「残業をしてはいけない」規定がある。つまり、この会社では残業というものは存在しないことになっている。だから残業代などというものも存在しないのだ。要するに「残業するな」=「残業してもいいが、残業賃金は払わない」という言葉のマジックなのである。
職場外で仕事をさせる
簡単に言えば自宅で仕事をすることである。前述のように会社に「残業をしてはいけない」という規定がある以上、会社で残業は出来ない。なら会社の外で残業しようということになるのである。最近は、新幹線や特急列車にPC用のコンセントや、WiMAXなどの無線LAN環境も整ってきており、電車で移動中にも仕事できる=残業できる環境が整いつつある。だが、この方法は情報が外部に漏れる危険性が極めて高く、もしも漏れてしまった場合、サービス残業以上に厳しい仕打ちが待っていることを付け加えておく。
管理職に昇進させる
管理職は労働基準法に定められている労働時間などの規定を受けない。つまり、裏を返せば管理職はいくらでも仕事をしても法的には全く問題にならない。これは小売店や外食チェーンなどでよく用いられている手法であり、店長を管理職と扱うことで、いくらでも働かせているのである(小売店や外食チェーンは従業員のほとんどがアルバイトであるため、店舗内で数少ない正社員は半ば強制的に店長など権限のある地位に就くことになる。つまり、正社員は全員管理職だとも言える)。

ゆとり世代はサービス残業を拒否…この調子でいこう

医学部生勉強内容



スポンサーリンク



俺「おいゆとり!今日仕事が多いから少し残ってくれ!30分くらいですむからさ」

ゆ「分かりましたー、言いにくいんですが残業代とかって出るんですよね?」

俺「え?うちは17時にPCでタイムカード打たれるからでないぞー」

ゆ「え?じゃあ残業とかしないですよww帰ります」

俺「いやいやいや。仕事まだ残ってるだろ?これお前の仕事だから」

ゆ「いやいやいや。仕事残ってても何でも時間なので帰ります。ボランティアじゃないんで」

何を言っても残らなかったゆとり、頭おかしいんじゃないのか?

必要悪…なのか…?サービス残業は士気を下げるが残業代で倒産
やりたいことや人生観が会社の仕事とマッチしている人を除いて、サラリーマンの大半はやりたくもない作業や嫌な人間関係に我慢して会...




サービス残業を止めるには実力行使も必要

サービス残業

サービス残業をなくすためにまず必要なのは、サービス残業をしないという気持ちです。上司や先輩の指示により行われているなど、どうしても解決できない場合には労働基準監督署へ申告するという方法もあります。

サービス残業を強制されている人はどうしたらいいのか。
やはり労働基準監督署への申告が必要になると思います。

会社の所在地を管轄する労基署へ行き、労基法違反申告書をもらって、それにまず必要事項を記入します。また、サービス残業の強制や残業代の不払いについて申告するのであれば、
・給与明細(コピー可)
・タイムカード(同上)
といった添付資料が必要で、他に細かい事実関係について説明した「詳細記述書」も作っておいたほうがいいでしょう。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ