テンプレ異世界ハーレムしかウケず小説家になろう作者が苦悩

テンプレ異世界ハーレムしかウケず小説家になろう作者が苦悩

小説家になろう作者苦労

創作者にとって「作りたいモノと世間ウケするものは違う」というのは生涯向き合わなければならない問題です。自由に小説をネットに投稿できる大手サイトの「小説家になろう」でも、書き手が読者に褒められたり、叩かれたりで、混沌とした雰囲気に包まれています。「小説家になろう」の書き手にありがちな悩みを調べてまとめました。

スポンサーリンク

小説家になろうの基本システム

小説家になろう作者苦労

作品を最大5ポイントで評価できる
累計が高くなると日刊と週間のランキングに載る
固定客が付いたまま連載を続けられると書籍化のイベントが発生
プロイラストレーターと広告部の宣伝のバックアップ込で商業進出できる

読者が随時コメント投稿できるので、コメント内容によって作者のモチベーションが上下する

小説家になろう…異世界転生・チート作品ばかりなのはなぜ?
サイトにユーザー登録すれば、自分用のブログやサイトを持っていなくてもお手軽に自作小説を投稿・公表できる「小説家になろう」。 ...
おすすめ作品だとネットで必ず挙がる面白いライトノベルまとめ
数々のライトノベルを読みあさり、目が肥えた人達がこぞってネット上で推薦する、ライトノベルの誕生から今現在まで続く歴史に名前を...




うっかり読者の神経を逆なですると作者は心を折られる

小説家になろう作者苦労

・主人公が苦戦すると感想欄が苛立ちます
・主人公を罵倒するキャラが出ると、感想欄に殺せコールが巻き上がります
・主人公が負けると作者の人格が非難されます
・ヒロインがセクハラされただけで嫌がらせメールが乱打され、大幅な書き換えに追い込まれたケースもあります
・非S女はおろかヒロインの初恋の相手が出てきただけでボロクソに叩かれます
・なろう民は恋愛に非常にピュアで繊細です
・良作ほどなろう民はヒロインに独占欲を抱きます。
恋慕ではありません、そこを履き違えると感想欄でぶっ叩かれることになるでしょう




スポンサーリンク




一般的に「なろう系」の作品は「オタクの「満たされない」欲望を擬似的(安易に)に「満たして」くれる作品」と定義される。具体的には「現代社会で生活する平凡な主人公がファンタジーな異世界に放り込まれ、活躍する」というタイプの作品を指すことが多い。「なろう系」を好む読者の傾向としては「(主人公が)努力すると感情移入ができない」という意見が多いという。

受賞が至難かつ低収入!ライトノベル作家志望のワナビは危険
会社員として社会の歯車になりたくない人や、行き詰まったニートが目指すことの多い「ライトノベル作家」。たしかにクリエイティブで...

実質的にテンプレ的物語しかウケない

小説家になろう作者苦労

・受ける型の小説はたった二つ
・現実では何をやっても駄目な主人公がたまたま強い力を手にし、
ファンタジー世界で無双してハーレムを築く
・漫画オタの女が乙女ゲー世界の悪役御嬢様に転生し、
主人公の踏み台にされるルートから外れようと足掻いている間に
聖人扱いされて逆ハーレムを築く
・上記の違いは男用か女用
・これから大きく外れたものは累計300位にひとつも存在しない
・嫌がらせを仕掛けて来た相手にねちっこい残酷な復讐をする展開が
大受けしてパターン化している

『なろう』そのものはいかなるジャンルの作品も受け付けているが、現在ランキング上位で人気を博している作品は現代人が異世界に転生または漂流して活躍する「異世界トリップもの」が非常に多い。
また勇者や魔王を題材にしたもの、MMORPGもの、ハーレムものが多いのも特徴である。

中世ヨーロッパ風の異世界ファンタジー作品にありがちな設定集
異世界ファンタジーは昔から根強い人気を持ち、近年ではライトノベル分野を中心にして異世界ファンタジーもの一強状態を築きつつあり...

「小説家になろう」でウケるために踏襲しなければならないパターン一覧

◆▼●今のなろうで受けているもの●▼◆
【ジャンル】
・ファンタジーないし恋愛。ただし恋愛でもファンタジー要素はほぼ必須。このジャンル以外では、ランキング上位はまず確実に不可能です
【設定/世界観】
・世界観で受けるのは、いわゆる中世風ファンタジー世界でほぼ一択。現代ファンタジーはあまり好まれません
・中世風ファンタジー世界を題材に、MMORPG、転生or転移、最初からファンタジー、はお好みで
・いわゆる「ゲーム的な」ものが好まれやすいです。LVやステータス、魔法やスキルが存在し、職業:冒険者や、冒険者ギルドが存在するのがセオリー
【設定/主人公】
・主人公の性格を突飛にするのはいただけません。過剰な性格は嫌われます。クールキャラが無難な線です
・チート能力を最低一つ用意しましょう。現代世界出身の主人公の場合は、チートを得る前は不遇だった設定をつけるとなお良いでしょう。孤児、苛められっこ、引きこもり、ニート、フリーター、ブラック企業勤務、など
・読者の共感を得るためには、ある程度はオタク知識に通じている方がよいでしょう
【展開】
・なろうの読者の大半はストレスを嫌います。これを大前提として認識しましょう。下手をすると感想欄が大荒れし、メンタルの弱い方は最悪の場合更新停止に追い込まれます
・主人公は基本ageで。俺TUEEEも鉄板です
・敵キャラは基本sageで。好敵手な紳士キャラのように、強さも性格も主人公を超えるキャラはいただけません
・主人公敗北の展開は絶対に避けてください。敗北まではいかない逆境程度の軽いものでも、避けたほうが無難です
展開上どうしても必要な場合は、主人公が逆転する展開までを一気に投稿して読者を安心させましょう
・主人公の周囲の男女関係には気をつけましょう。恋愛やハーレムをテーマにしていなくても、最も読者が己の願望を投影する箇所であり、デリケートな部分です。例え主人公に明確な好意を寄せていないキャラでも、読者もそう思ってくれるとは限りません
特に、主人公に近い位置にいるキャラを主人公以外の人物とカップリングさせるのは止めましょう。フリーでいいじゃない
【その他】
・更新頻度は毎日が理想。更新頻度が高ければ、多少内容がしょぼくても読者がつく可能性が高まります

異世界ファンタジー作品群が世界観が似ていて高人気な理由解説
王族・貴族・騎士・平民・盗賊、剣・魔法・魔導書・錬金術・邪教徒・モンスター…アニメやゲームに触れていると、やたら出くわすこと...
悪貨が良貨を駆逐中!近年のライトノベルが叩かれる4つの理由
アニメや漫画が一般的な娯楽として受け入れられてきたのに、同じオタク系文化のライトノベルはネット上で叩かれる事が多いようです。...

小説家になろう作品を読むと抱きがちな感想

スマートホン社会問題

手違いでトラックに跳ねられて死んだのじゃ←はい
ごめん好きな能力持って転生させるわ←は?元の世界かえせや

異世界チート転生したら生前の生活や親、交遊関係のことはあっさり振り切って
その作品世界の生活にどっぷりハマって蹂躙するんだよな
やっぱり現実が辛くて逃げたいんやろな

あのサイト、できて間もない頃に使ってたけど、昔はこんなでも無かったんだけどなあ…
転生ものはあんまりなかったし、ラノベ風のは確かに多かったけど純文とか普通のエンタメ系もランクインしてた

たまに面白いのがあるけど大体はきつい

数年前からある作品には面白いのが多いけど最近のはごく一部のあたりを除いてどれもこれもコピペかと思うほど第一話が似通ってんだよね。

上位は異世界で埋め尽くされてワロタ

やつらにとっての魔法っていうのは西洋魔術の儀式じゃなくて、ドラクエ・FFのまほうコマンドであって、
やつらが好んでるのはファンタジーじゃなくて「ゲームらしさ」なのな
しかもゲームに対する愛すら欠けてね?
たとえば押.井守のWiz愛のようなものとは別の何かだろ

俺TUEE系主人公しか人気出ない時点でレベル低すぎ

最近は
いじめられっ子がクラス丸ごと異世界に行ってそこで得たチート能力でいじめっ子を見返す
パターン多い気がする
本当に学校でいじめられてる高校生が書いてんのかと思うと涙出てくる

ランキングをどれだけ辿っても乙女ゲーネタばかりで何も読んでないのにお腹一杯状態になった。数年前はまだそこまで酷くなかった気がするんだが…しっかりした文章書く人だなぁと贔屓にしている作者ほど途中でフェードアウトして続きが読めなくなる現象

素人創作ってフリーダムなぶっとんだ発想を持ってくるヤツがいるのが面白いんだと思ってたが……
むしろ逆で素人創作のほうがよっぽどテンプレガッチガチにかためないと見向きもされないんだよな。
ここ発の劣等生読んである意味絶望を感じた。「ここまでテンプレ詰め込んだ話じゃなきゃワナビはデビューできねえのか」って。

異世界系なろう系? とか分類されているジャンル、このまえ編集さんから 「あの手も変化無いように見えて明確な推移が一つあって『引きこもり大学生』『26歳ニート』『34歳派遣』――と 『主人公の年齢がどんどんあがってきている』 んですつまり――」 ってのが最近いちばんひぃ!ってなった

なろうは一日に投稿される小説の量が以上に多い
だから新着もすぐに流れてしまう
だから普通のタイトルだと、そもそもクリックすらされないのよ
面倒くさいから、そもそもタイトルで惹かれない限りあらすじすら読まない
基本的に「長文タイトルを嫌う層」よりも「長文タイトルで惹かれて読む層」の方が圧倒的に多いから、タイトルが長文になる
英文タイトルなんか出してみろ。誰もクリックしないぞ
あとなろうは一話、一話更新するという性質上鬱展開は好まれない
本なら一冊に纏まってるから、鬱展開の後もすぐにカルタシスが来るけど、なろうの場合は一週間くらい待たされたりするから
と、まあそう言う事情でこういう独自の進化を遂げている
別に作者はテンプレ転生を書きたいわけでは無い
「こうでもしないとお前ら読まないじゃん」というのが作者の本音

なろうとか見てりゃ、物語を楽しもうとしてる奴なんてほとんどいないことが分かる
ただストレスを感じない自分が気持ちよくなれる話を読みたいだけなんだよな



スポンサーリンク



トラックに轢かれて気がつくと神様が土下座してる
手違いで殺してもうた、チート能力付けて剣と魔法の異なる世界に転生してくれんかのう
能力は魔法無双、鑑定、アイテムボックス、言語翻訳じゃ

気がつくと森にいたぜ
馬車襲われてる、助けるか、魔法つえー、なんだこの盗賊達弱っ
運ばれてた女奴/隷助けたら、えらい感激された
やれやれそんなつもりじゃないんだけどな

街についた
冒険者ギルドいこう
通貨の単位、大陸の知識、ギルドランクの初心者説明聞いたぜ
なんかやたら受付嬢に気に入られたら、むさい冒険者に絡まれたので返り討ちにしたぜ
やれやれ目立ちたくないんだけどなあ

だいたいこんな話が八割

ラノベやアニメの嫌われる主人公の特徴が好感度UPの重大ヒント
アニメやライトノベルや漫画の主人公の中で、多くの人に反感を買う「嫌われる主人公」にありがちな特徴は、上から目線で中身がからっ...

アマチュアが書きたいものを自由に投稿できるサイトだったはずなのに
書籍化作品がポツポツ出始めたあたりから売れ筋作品トレースしただけの
金太郎飴状態になってるのが面白いよな

「中学生が小学生の遊びに混じって無双する」
このレベルなら可愛いもんだよ
オーバーロードなんて「大学生が猛犬連れて園児相手に無双する」レベルの話だぞ
ハーレム要素も凄くて数百人の部下から絶対的に愛されてる状態
こんなもん書く作者とこれが好きな読者ってどんだけ現実から逃げたいんだよって思うわ
闇が深すぎる

お願いだから、なろうファンタジーと、他ラノベのファンタジーを同一しないでほしい
ラノベのファンタジーに詰まっているのは夢と希望で、なろうファンタジーに詰まっているのは欲望と性.欲だ

ライトノベル批判の原因は昔のラノベ黄金期を味わった人の愛憎
内容のマンネリ化・陳腐化・低俗化で叩かれる事の多い近年のライトノベルですが、最近のライトノベルはなぜこれほどまでに忌み嫌われ...
努力要素が消えた漫画やラノベ!若者が努力や苦境に拒絶反応
近年の漫画・ライトノベル・アニメでは、「努力描写はNG、生まれ持った才能や神様に授けてもらったチート能力で苦戦せずに圧勝する...




外部から小説家になろうコミュニティーを酷評した文章

小説家になろう作者苦労

Web漫画って面白いよね。ワンパンマンのバトルは熱いし、オナマスも捻くれてて面白い。

非商業物に限定してもバトルラブコメギャグスポ根といろんなジャンルがあって、いろんな作品が評価されてて、自分がWeb漫画という存在を知った際は本当にいろんな作品を読んだ。

勿論画力や作品全体のクオリティに差はあったけれど、普通の商用誌に載ってる作品と遜色ない

クオリティの作品が無料で読めるWeb漫画を読めば読むほど好きになっていった。

そして自分はWeb小説という存在を知った。

「Web漫画がこれだけ面白いのだからWeb小説はどれだけ面白いんだろう」自分は期待した。

どうやらWeb小説というのは『小説家になろう』という小説投稿サイトに投稿するのが最もスタンダードらしい。

ということで無難にそのサイトのランキングを少し見てみた。

「ニートが異世界転生してチート能力で云々~」

おう、いきなりパンチの効いた作品があるな。

でもこういう作品も需要あるのかな。別の作品にも目を向けてみよう。

「ネトゲ廃人がRPGの世界に転生して美少女ハーレムをかんぬん~」

なんだこれは、よく見たらこんなのばっかじゃないか。




スポンサーリンク





もしかして変なカテゴリのランキングを見てるのか?

とりあえず安全そうな文学カテゴリを見てみよう。

「魔王に異世界転生して美少女勇者が~」

「異世界転生してツンデレお嬢様と~」

いやいや、おかしいだろ、なんで文学カテゴリがこんなエ口漫画みたいな作品で溢れてるんだ。

運営は何も言わないのか?

じゃあもっと安全にこのサイト経由で出版した作品というのを見てみよう。

「オタクがゲームの世界に閉じ込められて~」

「気づいたらネトゲの世界に転生していて~」

「自称劣等生が魔法で~」

なんだこれは、もはやこれは小説家になろうじゃなくて異世界転生小説家になろうじゃないか。

なんでこんなただでさえクラス内ヒエラルキー最下層のオタク向けと非難されやすいラノベの中の更に気持ち悪いところを凝縮したような作品ばかりなんだ。

いや、勿論食わず嫌いはよくないと思いその手のジャンルの作品を読んでみて面白い作品が存在するということは知ってるし、

ランキングの外を探せば異世界転生物以外の普通のミステリーとかもいっぱい存在することは知っている。

しかし、ランキングと出版されてる作品がこの手のジャンルに埋め尽くされてるということはそれ以外の作品が正当に評価される機会がどんどん奪われているということで、

Web漫画の場合は個人的感覚として、一定以上のクオリティの作品を投稿している作者は大体出版社に声をかけられて近いうちにプロになるか、自分がその作者の存在を知ったときにはもう既にプロになっている印象なのだが、

Web小説でこの流れをやるには

「一旦小説家になろうで異世界転生小説を書いて注目を浴びる」

「なろうの運営元?の出版社からお声がかかる」

「異世界転生作品を出版した後に普通のラノベを書く」

という流れになっているようで、Web小説家として注目されてプロになるには

一旦なろうで異世界転生小説を書くというクッションが必要になっているらしい。

これはもう狂気の沙汰じゃないか。

小説家になろうという小説投稿サイトがスタンダードになって、

そしてその中で異世界一辺倒に歯止めがなくなってからはWeb小説という括り

自体がクラス内ヒエラルキー最下層の人間向けになってしまっているようだ。

小説家になろうというサイトにおいて、去年あたりから活動をしていなくもない私であるが、ランキングを見るたびに忌々しく思う。

異世界

ハーレム

勇者

とかとかとか

別にランカーになろうなど考えていない。そもそも、長編を1つも上げていないからお話にもならないのだが。しかしまあよくもここまで逃避と甘えの作品ばかり上位に来るものだと思う。使い古されたネタである異世界への移動も、ここまで使い古されてなおも人気があるとなればもはや呆れさせられる。現実において平凡なものは、どこにいこうと平凡であるというのに。

気持ちはわからなくもない。平凡で冴えない男がいて、彼が現実から離れたことによって大活躍する。出会う女を助けて、それらをことごとく落としていく。その男に自分を重ねて、「自分も・・・」などと思ってしまうのは理解する。しかし、実際にはそんなことはまずありえない。

人間の想像の範疇を超えた世界や、あまりにも捻くれた世界のことは何とも言えないが、少なくとも小説に登場するような人間が想像しうる真っ当な世界において大成するものは、現実でもそれなりに活躍できると私は考える。なぜなら、その世界の多くの原則は現実のものと変わりないからだ。ファンタジーやら異世界やらも、表面の装飾が違うだけであり、内容物は我々が生きている世界と変わらない。ならば、現実で活躍できなかったものが、如何にして異世界で大成するというのか。

このような非現実が受ける背景には、読者側の需要が大きく影響しているように思う。先述した自分との重ね合わせや、キャラクターへの萌えなどがそれであろう。しかしそれで読者を獲得することは、読者を釣っていることにはならないだろうか。ライトノベルの中で名作とされるものの中には、完成度ではなくこれらによって読者を増やしただけのものが数多く潜んでいるように思う。

これまで散々個人的なライトノベルへの反発を書きなぐってきたわけであるが、別にライトノベルが消えてなくなれとか、こんなものは規制されてしかるべきだとは言わない。ただ、ライトノベルが独自のジャンルとして存在・発展するのは構わないが、文学へ侵入してくるは違うと思っている。

私としては、ライトノベルだけを読むのではなく、しっかりとした文章、しっかりとした物語も読んでほしい。こちらをメインにしろとは言わないが、ライトノベルだけを読んで読書をしている気にはならないでほしい。これだけは訴えておきたい。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント

  1. あいうお より:

    でもやっぱりオタクだったら、どこか『反骨精神』というのを持っていると思います。
    そういうテンプレ化した、停滞した状況を打ち砕こうとするのが真のオタクだと思います。