編集者…漫画など本が売れるように作者を補助する出版業界人

編集者…漫画など本が売れるように作者を補助する出版業界人

編集者仕事内容就職

ネット上に小説・漫画・イラスト・ブログ等を公開している人達に、もしも編集者からメール経由で出版の誘いの声が掛かったら舞い上がるのは必至。創作系に携わる人にとっては一種の憧れである編集者は、本の出版に深く関わる職業人です。編集者の仕事について調べてまとめました。

スポンサーリンク

編集者とは?

編集者仕事内容就職

雑誌の記事や書籍の内容を決め、材料となる原稿、写真等を集めて、商業出版物にふさわしい形態に取りまとめる業務にあたる役職。

多くは出版社や編集プロダクションに勤務しているが、なかにはフリーランスで働いている人もいる。

職業的なライターやカメラマンにとっては、仕事をする上での心強い仲間だが、性急すぎる締め切りの催促や対応が難しい要求によって、ライターやカメラマンを困惑させることがないわけではない。漫画において愛のある揶揄を込めて描かれることがある。

「会社の金で食事をするのも仕事のうち(村上春樹)」と言われるように、接待交際費の自由度は高く、大先生が接待を受けることができるのはもちろん、仲良くしていたら特に業務と関係なくとも、ご飯くらいはごちそうしてくれることもある。




編集者になるには?

編集者仕事内容就職

1.出版社に就職する

大手の出版社の採用倍率は、非常に高いものとなります。出版業界に熱意を持った多くの学生が集まりますが、有名大学の採用者が多いというのが現状です。

何か得意な分野を持っていると採用されやすくなります。例えば、パソコンのホームページを作っていた。ということであれば、パソコンの専門書を任せられますよね。

出版社にもよりますが、何かしらの専門知識があり、それがレアなものであればあるほど出版社は重宝してくれるでしょう。

大卒の学歴が採用条件となっていることも多く、採用試験の倍率は百倍を超えることも少なくありません。有名出版社勤務の編集者は年収も高く、高人気なので、就活で採用されるには有名大学卒はほぼ必須。

2.編集プロダクションに就職する

編集プロダクションは出版社の下請けで、主に出版社から指定された本を作り上げます。ここで有利なのは、出版社に就職するときと同じように専門分野の知識を持っていること。もしくは、出版社と太いパイプがあること。

また、例えば編集プロダクションが地方のラーメン雑誌を発行しているとします。もし自分がその対象となる地方の出身で、しかもラーメン通であれば、編集プロダクションはその人を貴重な人材としてみます。

漫画家になるには?漫画の仕事の苦楽を漫画業界人の声から解説
「夢のある仕事」の1つに必ずと言って良いほど挙げられる「漫画家」。漫画家はどのように漫画を制作していて、どのような種類の収入...



スポンサーリンク



編集者からはどんな風にお声が掛かるのか?

編集者仕事内容就職

ある出版社の編集者から声がかかりました。「書籍を出版しませんか?」というオファーです。しかし、執筆を開始するまで相当な時間がかかりました。

企画を作り、目次を作り、これらの書類をもとに編集者会議が行われます。この会議で「NO」の結論になれば出版はなくなります。

たかが企画や目次といえども気が抜けません。運良く出版が決定すれば、今度は編集者が出版までの日程を作ります。作者はこの決められたスケジュールに沿って、作業を粛々とこなすのみです。

この間、「打ち合わせ」と称する会合が頻繁に行われることがあります。作者が出版社に出向き、書籍の詳細を詰めることになります。相手があることですから、この回数が多くなればなるほど、執筆に支障が出てきます。

ただ、作者が遠方に住んでいる場合は少し事情が異なります。交通費が多額になりますから、会う回数がグッと減ります。その分、メール・FAX・メッセンジャー・スカイプ等がフル活用となり、これはこれでまた面倒な作業になるというわけです。

絵や小説のプロ志望は必見!1000記事書いて判明したウケるコツ
イラスト、漫画、ゲーム、小説、ライター、音楽、アートなどなど、創作者になりたいと思っている人はこの世に数多くいます。各種SN...




例として漫画用編集者の仕事

(※小説家相手や一般書籍執筆者相手でもだいたい同じ内容の仕事をしている)

編集者仕事内容就職

漫画作品編集者

漫画作品の編集を行う者のこと。「○○(出版雑誌名が入る)編集部」に所属するのが通常。漫画単行本編集者がいない場合はあっても、漫画作品編集者がいない場合はない。一口に漫画作品編集者と言っても、作品に関わる度合いは会社や編集部毎に異なり、業務範囲の明確な範囲はない。一般的には作家とプロットの打合せからネームにアドバイスを加えて改善するなど漫画原作者と同等の仕事を行う編集者が多いが、まったく内容に関わらない編集者もいる。

作品内容に関わらない漫画作品編集者でも、漫画家の進捗状況を確認して出版計画が遅れないように原稿を受け取ること、(出版した書籍に問題があるときには出版元にも非難がいくため)出版して問題ない表現か否かは検閲することは最低限行っている。写植を貼ったり、煽り文(主に雑誌連載の最後のページに漫画内に付される文章、単行本化の際は消される)や柱書を考えたりもする。

漫画家志望者の持ち込みや投稿を受け、売れる漫画家を見分けて、方向性をアドバイスをすることも大きな仕事の一つである。

漫画において編集者が締め切りに追われる漫画家に催促されたり、漫画家が逃げて編集者が追いかけたりする表現があるが、これらで描かれる編集者は漫画作品編集者である。

漫画家と編集者の関わり合いは「バクマン。」↓が克明に描いている。

漫画単行本編集者

漫画を単行本化する際に編集を行う者、もしくは漫画を基にした公式ファンブックの編集を行う者のこと。20世紀中盤までに見られた貸本専門漫画は、雑誌を出版する必要がないため、漫画作品編集者と漫画単行本編集者を分ける必要がなかった。20世紀中盤以降、新聞四コマ漫画などの一部を除き、漫画は漫画雑誌に載って後に単行本化することが一般的になった。これにより漫画作品編集者と漫画単行本編集者は区別されるようになった。

週刊誌にあっては、単行本の編集作業を行う余裕がないため、編集プロダクションに制作を委託するときもある。その際においては編集プロダクションの名前が記載されることはほぼなく、編集者が誰なのかは不明なままが多い。公式ファンブックをつくる際は、編集プロダクションや編集者名が奥付に示されることもある。





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ