本部からの買い付け義務など搾取されまくるフランチャイズ契約

フランチャイズ契約問題

脱サラして独立を夢見る人が手を出しがちなのが、全国規模の有名チェーン店の「フランチャイズ契約」。

開店当初から、みんなに知れ渡っているネームバリューの力を借りられるのでお客は獲得できますが、実は、契約の名の下に本部からリスクばかりを押しつけられて、その反面で利益だけはきっちり持って行かれる、という極めて不平等な契約です。

フランチャイズの危険さについて調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

一見すると良いことずくめのフランチャイズ契約の利点

フランチャイズ契約問題

  • フランチャイザー(本部のこと)のブランド力によって容易に集客ができる
  • 本部がつちかってきた商売のノウハウを教えてもらうことができる
  • 本部が行ったマーケティングリサーチの結果を受け取ることで、売れ筋の商品を容易に把握し、売り上げを伸ばすことができる

このような複数の利点から、経営開始した初期から商売が軌道に乗りやすい、という効果がある。

 

「フランチャイズ契約」の解説

フランチャイズ契約リスク

フランチャイザー(本部)

自己のブランド・商標・開発したサービス・営業のノウハウなどを提供する側。業界大手の企業であることがほとんど。

フライチャイジー(加盟店)

上記の、フランチャイザーが提供するものを受ける側。すでにブランドとして人気が確立している商標やサービスを利用できる代わりに、売上純利益の大部分をロイヤリティーとして支払う義務がある。




フランチャイズ経営におけるリスクと、契約の不平等さ

フランチャイズ契約問題

リスクは加盟店に押しつけ、本部だけが得をするという契約

  • たとえ加盟店が赤字経営であっても、売上純利益の大半をロイヤリティー(商標権・特許権などの使用料)として本部に納める義務がある
  • 大手ならではのバイイング・パワー(大きな購買力)で、メーカー・物流業者に価格面で大幅な譲歩を迫り、安く仕入れる。安く仕入れた商品を、フランチャイズ店に割高で売りつけるので、本部は大きな儲けが出る
  • 「賞味期限が迫った食品を、加盟店側の独自の判断で値下げして売りさばく」といった方法は禁止されていて、本部からの制限で加盟店側が被った金銭的損害は、全て加盟店側に押しつけられる
  • フランチャイズ店のオーナーを「独立事業者」として契約することで、労働基準法に反する長時間労働をしても法的には問題無いとしている。そのうえ、本部が各種保険や残業時間代を負担することも回避している

「フランチャイズ契約」によって本部が得をすること

  • 本部が有するノウハウを加盟店側に教え、そのブランドの店を経営させることにより、ブランド店の全国展開が短時間で効率的に進む
  • 加盟店からは、安定的にロイヤリティーを受け取ることができる
  • 加盟店に一方的に商的リスクを押しつけることで、本部は商的リスクを回避し、安全圏から利益を吸い上げ続けることができる
セブンイレブンは便利だけど…?コンビニ経営の裏側事情解説
美味しそうで魅力的な食品がずらりと並んだ棚に、雑誌、便利なATM、見た目がそそるデザインの各種電子マネーカードがたくさん並び...



スポンサーリンク



フランチャイズ契約という形態は、ラーメンや弁当のような外食産業や学習塾のようないろいろな業界に普及しているが、フランチャイズ契約の問題が最も凝縮されているのは「コンビニエンスストア」の分野といえる。

人気が高くない「恵方巻き」を、加盟店が本部から強制的に買わされる→当然、大量の恵方巻きが売れ残り、大量廃棄で加盟店側は大損害。本部側は恵方巻きを加盟店に買わせたのでノーリスクで大きな利益

という、フランチャイズ契約の問題点が浮き彫りになる事件が頻出することになる。

競合店や立地条件や高額な賃貸代で2年で半数が潰れる飲食店
「あっ、ここ潰れたんだ」と思うことが珍しくないほど、飲食店は入れ替わり立ち替わり消えていくことが多々。ラーメン店や喫茶店など...
コーヒーは危険な薫り?潰れやすいカフェ経営に学ぶ起業失敗例
会社を辞めて、自分のお店を出したい!と思っている人は多いと思います。雑貨店や、飲食店や、お店の種類は様々ですが、ロマン要素が...




コンビニのフランチャイズ店が閉店するまでの悲惨な流れ

フランチャイズ契約問題

開店費用と、開店時に本部からかかる制限

開店費用は数百万円かかり、たいていは本部に借金をする。

開店時には、「チェーンイメージ」の名のもとに本部から厳しい指導が入るため、独自色を出すことは許されない。

店の経営中に本部からかかる制限

売上純利益の半分程度を、「ロイヤリティー」として本部に納めなければならない。

売れ行きが悪い状況や、売れない商品でも、本部から「義務」として一定量の商品を買わされるので、売れずに大量廃棄で加盟店側は大損、売れても売れなくても買わせた利益はすでに得ているので本部側は利益ががっぽり、という状況になる。

仮に、その立地にたくさん客が入ると判明した場合は、すぐ近場に本部直営のコンビニ店が建つ。

フランチャイズ店と本部直営店では、商品の仕入れルートや値段が違うため、たいていはフランチャイズ店の方が競争に押し負けて潰される。

閉店するときに本部からかかる制限

赤字経営のために店をたたみたくなっても、契約途中で店を辞めようとすると、違約金が1000万円以上発生する。

また、たとえ経営が順調であっても、契約期間の節目である5年・10年目で、突然「契約延長の意志は本部には無い」ことを告げられ、一方的にフランチャイズ契約を打ち切られることもある。

自己破産か借金返済生活か?起業して失敗し倒産した先の末路
「もう雇われの身なんてウンザリ!自分で考えて自分で稼ぐ起業だ!」と奮い立つ方はいつの世も一定数いるものですが、リスクを取って...



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ