どーでもいい情報に自慢合戦…SNS中毒が現代人を不幸にする

SNS比較不幸

「他人との比較に一喜一憂する事が人間の不幸の源泉」というのは当ブログで繰り返し解説してきましたが、多くの人が「幸福自慢」を競い合っているSNSに足を突っ込むということは、自分から不幸になりに行っているようなもの。SNSでの人間関係が不幸を招いている側面を調べてまとめました。

スポンサーリンク

研究の結果、SNSを無視できる人の方が幸福度が高い

SNS比較不幸

携帯やスマフォが生活に深く浸透し、いつでもどこでも周囲の人と繋がれる環境が当たり前になっています。ですが、SNS疲れという言葉もあるように、そのあまりに近すぎる人間関係に絡め取られると、実は幸福になれないという結果が出されました。

オハイオ州のケント大学の研究者たちは、500人の学生に対して日々の携帯電話の使用状況と、それが学生たちの生活にもたらす影響について研究しました。

その結果、携帯電話は友人たちとの距離を縮めるのではなく、ただ彼らの不安を高め、多くは常に連絡を取っていなければならないという義務感を感じていました。また、FacebookなどのSNSから離れることに困難を感じるケースも少なくありません。

研究の中で、とある学生は

「SNSの存在は、携帯電話に向かうのを疲れさせる。まるで人生に別の義務が生じてしまっているような気分になるんだ」

と答えています。他にも「携帯電話を持つということは常時接続していることを意味してしまっている」との回答も。

研究に携わったAndrew Leppさんは

「これらの学生には生活の中で自分自身のための時間、独りで放っておいてもらえる時間がない。人間の精神的な健康のためには多少の考え事をしたり、内面を顧みたり、人生の出来事を勧めたり、もしくは日々のストレスから回復するための独りの時間が必要だと考えます」

電話やメールに加えてFacebook、LINE、Twitter、SkypeといったSNSに取り囲まれ、常に投稿、コメント、いいね!といったコミュニケーションを休みなく続けることを「義務」と感じてしまっては幸福を感じなくなるのも当たり前かもしれません。

SNS疲れ…SNS上での人気取りや人間関係維持で精神疲労
いつでもどこでもネットをスムーズに活用できるスマートホンの爆発的普及で、スマホ購入時に「みんなやってるし、とりあえず自分も…...
SNSアカウントやブログ焼滅の危機!炎上の原因と防止方法まとめ
ネット上で不用意なコメントや記事公開をしてしまったために、ネットのあらゆるコミュニティーから人々が大挙して押し寄せ、通報や誹...
SNSで他人に認められたい承認欲求中毒者が自爆する悲しい現象
各種のSNSや動画投稿サイトを使って手軽に情報発信できるようになった現代では、「みんなに認められたい!!」と...




SNSが嫌いだという人達の理由がかなり納得できる

SNS比較不幸

嫌いな理由(1)他人の自慢にイライラ

「私はこんなに幸せなのよ」
「こんなに素敵なプレゼントをもらえちゃう女なのよ」
「人気のカフェでお茶する私って素敵でしょ」
「私の休日ってこんなにセレブなのよ」という自己満足と自慢だらけ。

嫌いな理由(2)知らなくていいことまで知ってしまう

「Facebook見たら、あけおめ+結婚することになったとか載ってて追い打ちをかけるようにイライラする その子好きだったからダメージ限界突破よ」

「フェイスブック気持ち悪くなってきた。大学のやめたサークルの後輩の名前が出てきて、たどっていったら「この人とこの人がなぜ結婚?」状態に。なにより苦手なタイプの人ほど友達多いぞこれ。」

嫌いな理由(3)みんながリア充で嫌になる

「Facebook見ると結婚式したとか出席してきたとか幸せ報告ばっかでクリスマスにカップルが街に溢れている時以上にストレスを感じるわ(´・ω・`)」

「Facebookってリア充自慢するだけの場所にしか思えん…」

嫌いな理由(4)希薄で独特な人間関係

「ちょっと話しただけでFacebookでつながる、っていうのに抵抗がある。いわゆる『とりあえず友だち』って文化が苦手。同じ話題で盛り上がれて、同じ時間を共有できるなら、そりゃ素晴らしいけど、友だちってなんか違うよなぁ。」

「FBのあのペラペラの人間関係が嫌い」



スポンサーリンク



嫌いな理由(5)偽りの自分を作ってしまう

「自分を大きく魅せよう魅せようとついしてしまい、何かを投稿しなくちゃ!って気分にさせる。
休日とかも写真を撮りせっせとupして記事書いて、こんなに友達と遊んでるだよー こんなに楽しい事してるんだよー
…と言うのがもう無理です(笑)」

弱い人がSNS&ネットで承認欲求を満たす快感でより堕落する問題
インターネットとSNSがスマホで手軽に使えるようになった現代では、ネット掲示板やSNSを利用して人目を引く写真やコメントをア...
まだ他人との比較で不幸になってるの?幸福とは主観で決まる
個人の幸不幸を決定づける物は、とことんまで原因を突き詰めていってみると、「本人が満足するかしないか」。たったこれだけです。そ...
ネットは広大だわ…10年以上利用した経験則のネットの蜜と毒
ブログ管理人は10代前半くらいからインターネットにどっぷりハマってきましたが、10年以上もほぼ毎日、中毒者のようにネットを利...




SNSの利用そのものが利用者を不幸にしやすい

SNS疲れ対策

■1:仕事の生産性が落ちる

複数の作業を同時並行で進めるのは難しいので、仕事をしながらTwitterやFacebookなどをチェックしていると、注意力が散漫に。その結果、仕事の効率が落ちたり、ミスが発生しやすくなったりします。

■2:時間の無駄になる

ソーシャルメディアでは、友人の晩御飯の内容やペットの写真など、取るに足らない情報があふれています。そういう情報まで、いちいちチェックしていると、ネット以外の実生活での時間がどんどん奪われることになりかねません。

■3:人づきあいが悪くなる

SNSは本来、人と人とをつなぐ役割を果たすもの。ところが、Facebookでの友達が多すぎると、“いいね!”したり、誕生日にお祝いメッセージを送ったりするだけでヘトヘト。リアル友達とカフェに行ったり、電話でおしゃべりしたりする余裕がなくなります。

■4:劣等感が強くなる

Facebookにログインすると、友達の結婚、出産、昇給など、おめでたい情報の嵐。

もちろん、祝福すべきことではあるのですが、ただ、自分が落ち込んでいるときに吉報ラッシュに見舞われると、「私だけが何でこんなに不幸なの……」と凹んでしまうこともしばしばです。

■5:周囲の動きが気になって仕方がなくなる

ソーシャルメディアは、友人の近況・現況を知るのに便利。ところが、簡単に情報が手に入るあまり、「誰がどこで何をしているのか」「自分だけが楽しいイベントから取り残されていないか」と不安になり、強迫的に友人の動向をチェックしてしまう人もいます。

■6:運動不足になる

SNSをチェックしているうちに、いつのまにか何時間も経っていた……なんてこともありますが、余暇をネットに費やす時間が増えれば増えるほど、運度不足が深刻になり、心身に悪影響を及ぼします。

■7:ひとりの時間が持てなくなる

SNSでは、自分の愚痴などを撒き散らして、優しい言葉をかけてもらいたがる“かまってちゃん”が少なくありません。自分自身が“かまってちゃん”になる、あるいは、そういう人のお相手をしていると、ひとりで過ごす時間が持てなくなります。

■8:ネガティブな感情が募る

これまでに多くの研究結果が示しているように、ソーシャルメディアにどっぷり浸かると、抑うつ気分や悲しみなど、ネガティブな感情が強まるおそれがあります。また、ソーシャルメディアに依存すると、現実世界からどんどん遊離してしまうこともあるので注意が必要です。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ