ポイント付与や値段引き等特典ありで便利なクレジットカード

クレジットカード解説メリット

買い物の会計時に小銭を探して財布をごそごそまさぐる必要が無くなり、購入金額の1%程度が現金値引きされるような特典もある、「クレジットカード」。ブログ管理人ももはや生活の必需品として愛用しています。金銭感覚が麻痺しそう…と忌避する人もいる一方、正しく理解してしっかり活用できれば非常に便利なアイテムです。クレジットカードの発展の歴史や、豆知識を調べてまとめました。

スポンサーリンク

クレジットカードとは?

クレジットカード解説メリット

クレジットカード(英語: Credit card)とは、商品を購入する際の決済(支払)手段の一つ。又は、契約者の番号その他が記載され、及び記録されたカードである。英語: creditとは、後払い、つけ払いのこと。分割払い機能をもつものを、クレジットカード、一回払いのものをチャージカードと呼ぶこともある。 それに対して、即時払いのカードは、デビットカードと呼ばれる。 クレジットカードは、その前身も含めて、アメリカではほぼ150年の歴史がある。




クレジットカードの誕生と発展の歴史

クレジットカード解説メリット

世界で最初のクレジットカードが誕生したのは、1950(昭和25)年のアメリカです。そのきっかけは、ある実業家の“忘れ物”でした。

ニューヨークのレストランで食事を済ませた実業家が、支払いの時に財布を忘れてきたことに気づいたのです。家族に財布を届けてもらって事なきを得たものの、到着を待つ間の恥ずかしさは彼を新しい事業に駆り立てるほど屈辱的でした。

そして後日、この件を相談した弁護士の友人と出資し、現金がなくても食事ができるクラブを設立しました。クラブ名は「食事をする人」=ダイナース。世界初のクレジットカード会社、それがダイナースクラブです。

当初、支払いの時に使われたのはカードではなくて紙製のチケットでした。従って、正確には「クレジットの誕生」といえるでしょう。

ダイナースクラブのこの画期的な事業に、大手銀行が目を付けました。1951(昭和26)年、フランクリン・ナショナル銀行がクレジットカードを発行したのです。

大量消費社会に突入した豊かなアメリカで、現金を持たずにモノやサービスが購入できるクレジットカードは大歓迎されました。特に浸透したのが旅行・エンターテインメント業界です。ホテルやレンタカー会社などが自社カードを次々と発行し、バカンス客の囲い込みに活用し始めたのです。

そして1958(昭和33)年、アメリカン・エキスプレス、通称アメックスがクレジットカード事業に参入しました。この頃からフランクリン・ナショナル銀行以外の銀行もクレジットカード事業へ続々と参入し始めます。アメックスと同年にVISAの前身であるバンク・オブ・アメリカカードを発行したのも、その名の通り、大手銀行のバンク・オブ・アメリカでした。

1960年代に入ると、アメリカン・エキスプレスはアメリカ組合が発行していたクレジットカードを買収し、アメックスカードの普及率を一気に高めました。また、バンク・オブ・アメリカカードの発行数も順調に伸び続けており、両者が頭角を現し始めました。

この事態に危機感を覚えたのが、アメリカの他の銀行です。1966(昭和41)年、複数の銀行がインターバンク・カード・アソシエーションを設立しました。この協会の加盟銀行が発行するクレジットカードが、マスターチャージカード、現在のMasterCardの前身です。

このように、クレジットカードはアメリカ経済とともに歩み、発展してきました。


審査に優劣比較!クレジットカード愛好者達にありがちな修行
現金として使えるポイントが還元されたり、カードの絵柄が渋かったり可愛かったりアニメ絵だったり、取得難易度がバラバラなゆえに収...

クレジットカードの利用方法

クレジットカード解説メリット

  1. ショッピング、または食事などの支払い時にクレジットカードを提示する。
  2. お店の人から支払方法を聞かれたら、一括、分割払いなど、そのカードで可能な支払方法を伝える。
  3. 支払金額が記載された伝票にサインを記入する。
    このときに利用金額・支払方法が正しいかチェックする。
    小額決済はサインレスの場合もある。
    ICカードの場合は、サインの代わりに暗証番号を入力する。
  4. 利用控を受け取る。
    後で利用明細書が届いたときに過りがないか照合する。それまで大切に保管する。
  5. カード会社から利用明細書が届く。利用控の金額と間違いがないか確認する。
  6. カード会社指定日に銀行引き落し(またはコンビニ支払い)で引き落し(支払い)になる。

クレジットカードを持つメリットは、数多くあります。
例えば、現金払いの場合には商品を購入したら、それで終わりですが、カード払いだと利用金額に応じてポイントが付与され、それを貯めるとマイルやカタログから自分の気に入った商品と交換をすることができます。
また購入したものが壊れたときなども保険が適応され、新しいものと交換することもできます。

何より手持ちのお金がなくともショッピング、食事、宿泊などサービスが受けられます。
欲しいものを手に入れるタイミングを逃すことがないのが一番のメリットなのかもしれません。

クレジットカードを利用された店は、カード会社に対してカードでの売上額の3~5%を手数料として支払わなければならないのです。これがクレジットカード会社の収入となり、利用者は便利なクレジットカードを使うことができます。



スポンサーリンク



実は学生のうちにクレジットカードを作った方が良い

クレジットカード解説メリット

クレジットカードやローンなど初めて申込みをする場合、当然あなたの信用履歴は真っ白です。カード会社が「審査」を行う際、必ずこの「クレジットヒストリー」を基準にします。

では、初めて申込みをする場合はどうなのでしょうか。

初めてクレジットカードの申込みをする場合、「審査に落ちる」という事はないでしょう。ですが、「ある程度の年齢」がいっていて、「信用履歴がない」場合は審査に落ちる可能性もあります。

なぜ、落ちるかというと信用履歴は「5年」で更新されてしまい、一切履歴が残らないためカード会社は過去に遅れがあった場合でも5年経過してしまえば履歴を見ることができないのです。

そのためカード会社は「記録が消えてしまうのを待っていたのではないか」と疑いをかけるのです。

クレジットカードは学生又は若いうちから持ち、信用履歴をコツコツ育てた方が利用者にとってはとても有利になるのです。

社会人がクレジットカードを持とうとすると、定職に就いているか、年収はどれほどか、以前にクレジットカードの使用歴があるかなどで値踏みされ、審査に落ちることが多くなります。しかし「学生」は社会的な信用が高く、(バックに親がついているから)まず審査に落ちることがありません。学生のうちにクレジットカードを作っておいた方が、カードを確実に持てて、さらにクレジットヒストリーを育てることができ、お得です。

クレジットカード解説メリット

おすすめは「楽天カード」。審査が緩く、学生はもちろん、無職や自営業の方でも簡単にカード発行してもらえます。

カード発行無料!楽天カード公式サイトは↓からどうぞ!

ネット上のクレカマニア達が語るあれこれポイント

クレジットカード解説メリット

積極的に使えばいいんだよ
公共料金とか携帯料金とか全部カードにしておいたり、割り勘時にカードで払ってあとで精算ってことで現.金化したりして家賃やローンにあてたり
支払い額が月間100万近くなるとポイントも馬鹿にならない
俺はANAアメゴールドと漢方の二刀流
あとカードの枠は大体、二ヶ月で使うものと考えた方がいいよ
ゴールドの方が枠は大きいからポイントを溜めやすい
他にもゴールドカードならではのサービスあるからね
ネットショッピングの保障があったり、空港ラウンジが無料だったり
空港ラウンジについては楽天ゴールドも無料だけど
サービス的にメインは年会費高くても良いカード使った方がいい
サブで別の還元率の高いカード

ゆうちょとかみずほで作れば良いやん
キャッシュクレジット一体型は管理楽でええぞ
給与口座にすれば年会費もかからんし
見た目どうでもいいなら楽天
ちょっと見た目きにするならセゾンアメックス
かっこいいの欲しけりゃVISAゴールドorプライムゴールド

プラチナカードとかブラックカードをもつ奴は金持ち
アメックスとかマジで神

たとえばアメックスのブラックは年会費だけで40万円ぐらいかかる
これだけでもすごさがわかるだろ???
普通の会社いんではむり




おまけ:クレジットカードの最上位のブラックカード

クレジットカード解説メリット

クレジットカードにはただのクレジットカード、ゴールドカード、プラチナカード、ブラックカード、といった序列があり、後者ほどサービス待遇が良くなり、レア度が増す。(年会費も増す)クレジットカードの「カード1枚で現金抜きで買い物ができる」という基本的機能はどれも変わらないが、かっこよさ、ステータス欲しさにブラックカードを求めるお金持ちは多い。ブラックカードは、年間に何百万円分もカード利用をした人のみが、カード会社から「招待」を受ける形でのみ所持することができ、年会費は40万円程度らしい。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ