大きな買い物が今すぐできる住宅ローンやカードローンの解説

ローン特徴メリットデメリット

戸建ての家や車など、大きな買い物をする時に必要になってくる「ローン」。人生でそう何度もお世話になることもありませんが、要所要所で関わり合いがでてきます。また、企業の経営者や起業を考えている人は、「融資」という形で銀行からローンを受ける必要がでできます。ローンの性質や、ローンのメリット・デメリットを調べてまとめました。

スポンサーリンク

ローンとは?

ローン特徴メリットデメリット

ローン[LOAN]の言葉の本来の意味としては、
「貸し付け、貸すこと」となります。

日本で一般的にいわれるローンは、住宅ローンや、自動車ローンなどの目的が限定されている貸し付けのことを指す場合が多いです。

また、高額なものを買うとき、例えば30万円のテレビを買うためにローンを組むとか、20万円のパソコンを買うためにローンを組むなど、○○ローンという名称ではなくても、なにか高額なものを買うことを目的としている場合にもローンと呼ばれる場合が多いです。
これはショッピングローンなどとも呼ばれる場合がありますね。




ローンの種類

住宅ローン

ローン特徴メリットデメリット

家を買いたいと考えていても、数千万円もする一戸建てやマンションを自己資金だけで購入できる人はそうそういません。もし自分で現金を用意をして買わないといけないのであれば、ほとんどの人が人生の晩年、定年退職後にならないと家を買うことはできなくなってしまいます。

住宅ローンは住宅購入の目的に限定して、金融機関がお金を貸してくれるローン商品のことをいいます。もちろん、借りたお金に金利はかかりますが、通常のカードローンやフリーローン等と違い、購入した住宅が担保になるため金利も非常に低金利で借りられるのです。つまり住宅ローンは、住宅購入の大きな助けになる存在です。

カードローン

ローン特徴メリットデメリット

カードローンには、大きく3つの種類があります。

【1】銀行のカードローン:これは、大手銀行や信託銀行・地方銀行などに加えて、JAや信用金庫などの金融機関が発行しているものです。
【2】信販系のカードローン:信販会社やクレジット会社などが発行しているものです。
【3】消費者金融系カードローン:こちらは消費者金融会社が発行しているものです。

審査基準としては、銀行のカードローンが最も厳しくなっています。次いで信販系のカードローン、そして消費者金融系のカードローンとなります。また金利についても、銀行のカードローンが最も低く、消費者金融のカードローンが最も高くなっています。



スポンサーリンク



キャッシングとは、短期での小口融資となります。よく聞くのが、クレジットカードのキャッシング機能でしょう。カードローンと同じように、お金が借りられるものなので、機能的にはそんなに違いはありません。

ローンを受けることのメリット

ローン特徴メリットデメリット

ローンを借りることによって得られる一般的なメリットは、「本来なら、お金がないと買えないはずのものが、すぐにでも手に入る」ことです。「お金を貯めてから買う」という考え方は正しいし、そうするべき場合が多いもの事実です。しかし、住宅などの高額なものを買う場合には、ローンを上手に利用することで、 私たちは比較的早い時期に夢を実現することが可能になります。

ローンを受けることのデメリット

ローン特徴メリットデメリット

当然のことながら、ローンを借りると金利負担が発生します。現在、個人がローンを借りているケースで見ると、その金利は低い場合で1%くらい、高くなれば 29%近く払っていることだってあります。一般的には、住宅ローンのようにお金の利用目的がはっきりしていて担保を差し出すものほど金利は低くなり、カードローンのように利用目的に決まりがなく無担保(担保をとられないもの)のものは、金利が高くなる傾向にあります。




ローンを受けるには審査に通る必要がある

ローン特徴メリットデメリット

(気に入った物件に購入を申し込む)

事前審査(申込から結果通知まで1~7日

売買契約

本審査(申込から結果通知まで7~10日

住宅ローンの契約と融資受け取り

不動産登記・物件の引渡し

住宅ローンを借りるためには、金融機関の審査を通らなければなりません。

では、金融機関は、借りる人のどういったところを見て審査しているのでしょうか。

国土交通省の「平成26年度民間住宅ローンの実態に関する調査」の結果報告書によると、審査基準となる約20項目のうち、次の7つのポイントが重要視されています。

  1. 完済時年齢
  2. 返済負担率
  3. 借入時年齢
  4. 担保評価
  5. 勤続年数
  6. 健康状態
  7. 年収

完済時年齢、返済負担率、借入時年齢、勤続年数、年収の5項目は、完済までの間、継続・安定的に返済がなされるかどうかを見極めるポイントとなります。担保評価は、購入する物件の担保価値が低いとその評価額を上回る金額は借りられない場合があるということです。

このように、ローン審査においては一部上場企業などの大規模な会社に勤務していること、年収が高いことなどの条件よりも、年齢や勤続年数の方が非常に重要であるということを覚えておきましょう。極端な例だと、年収1億円のプロ野球選手や年収500万円の契約社員より、年収500万円の正社員や産休中の公務員の方がローン審査は通りやすくなります。

現在の収入が多くても将来はどうなるかわからない人よりも、毎月安定的に返済してくれる人や、公務員など解雇される心配が少ない人が審査に通るのです。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ