83%が自信無し!失敗を恐れる恥の文化では自己肯定感が大不足

日本人自己肯定感自信

自信満々なイメージの欧米人や、陽気で紳士的なイメージのヨーロッパ圏の人達と較べて、日本人は自信が足りない、とよく言われます。さらに言うと、日本人は自分で自分の性格・存在を認めるための「自己肯定感」が育ちにくい種類の教育を受けているようです。日本人に自信や自己肯定感が足りない理由を調べてまとめました。

スポンサーリンク

多すぎ…日本人の83%が自分に自信が無い

日本人自己肯定感自信

このアンケートは2010年、日米中韓の高校生7,233人を対象に実施されました。

この調査結果によれば、“自分は価値のある人間だと思うか”との質問に“全くそうだ”と回答した学生は、アメリカで57.2%、中国で42.2%、韓国で20.2%にのぼったのに対して、日本では7.5%と、明らかに低い数字でした。

また、“自分を優秀だと思うか”との質問に、“そうではない”と回答した日本の学生は83.2%にまで達した一方、米国では11.2%、中国では32.7%と、明らかな差がみられたのです。

この結果から、やはり日本の学生は“自分に自信がない”と感じているといえますね。

欧米の日常会話では“Perfect”、“Excellent”などのポジティブな言葉が頻用され、日本の日常会話では“ダメ”、“違う”などのネガティブな言葉が頻用されます。

そして、それが米国学生と日本学生の“自信”の差につながっているということ。

日本人の精神性を語るうえで外せない、ルース・ベネディクトの言葉を借りれば、日本人は人前で嘲笑されたり拒否されることで恥を感じるため、その恥をかかないように外からの強制力が働くという、一種独特の“恥の文化”を生きています。

不動の精神力を手に…メンタルが強い人の特徴と心の鍛え方
現代のストレス社会を生き抜くためには「強いメンタル」が非常に大事。頭が良くても、ただそれだけでメンタルが弱いと、賢さが災いし...
自信は何によって増減するのか全部知れば自信を持つのは簡単!
これまでの人生が負け続きで、自信は皆無・自己評価も最悪……という人でも、仮に突然10億円を手にしてしまったら、誰にどんな罵倒...




日本の「失敗を恐れさせる教育」が自信を奪う

高学歴ワーキングプア学歴難民問題

まずは、文化面で、

日本は、古くから謙虚さを美徳とし道徳心を大切にしている文化です。
奥ゆかしさ、品の良さを大事にしてるんですね。

あと、日本は平等性が高く、国民全体が豊かで、国に守られています。

だから、自分を必要以上に率先してアピールする必要がありません。それでも十分普通に暮らしていけるからです。

そして、教育面。

日本の教育は、テストの点数や成績で優劣が決められます。

テストの成績がいいと褒められ、出来ないと叱られます。

基本的に、「失敗すると叱る教育」をしているのです。

日本での教育の多くは、失敗が「学び」はなく、「いけないことだ」と教えます。

だから子供は、失敗すると「自分はダメなんだ・・・」と思ってしまいます。

つまずく事を許さない社会風潮で若者が失敗を恐れすぎている
2010年代に入ってから、「若者世代が過剰に失敗を恐れている」という傾向がテレビ番組や書籍でよく取り沙汰されるようになってき...


スポンサーリンク



また褒めたとしても、抱きしめたりのスキンシップはせず、「良かったね」のたった一言で終わりだったりと、過剰に褒めたりはしません。

そして、その子自身の持っている個性も褒めません。むしろ個性的なことを、嫌う傾向にあります。

日本は平均的なこと、普通を好む傾向があり、出る杭は打たれるみたいな傾向があります。

そのような教育の結果、

「失敗するのは悪いこと」
「失敗するのは恥ずかしいこと」

というイメージが、子供の潜在意識の奥に根付いてしまいます。

だから、失敗すればするほど「自分はダメなんだ」と思い込んでしまい、自分の自信を失っていってしまうのです。

このような教育が、自己肯定感を低くし失敗をネガティブに捉えてしまう原因なのです。

自信…精神の安定や自己肯定感をもたらす心理の性質まとめ
心の安定を常時もたらしたり、勝負に出る時に有ると無いとでは大違いの「自信」。自信が無くて自信が欲しい人はたくさんいると思われ...

謙虚=美徳の風潮も自己肯定感を下げる

日本人自己肯定感自信

謙譲の美徳、とも言われるように、日本人はどちらかというと、自信ありげにふるまう態度よりも、「私なんか」と謙遜する態度の方に好感を持つところがあります。
自分自身や自分の家族について、良いところを語るよりも、いかに大したことがなく、ダメでつまらないものであるかを語ることに慣れています。

本当に心からそう思っているかどうかは別として、そのような謙遜の態度をとっている方が、人から受け入れられやすく好かれやすいということでしょうし、自信ありげに目立つ人は、ともすれば「傲慢だ」と叩かれ、一方で、謙遜して控えめにしている人は「いい人だ」と評価されたりすることを、長い文化的歴 史的背景の中で皆が了解しています。

自分を低くし、謙遜することによって人から受け入れられる。
つまりそれは、集団の中での安全と安心を意味し、究極、生存にとって有利であることを意味します。だから、安全と生き残りの手段として、自分を低くするということが必要だ、と皆が思い込むようになっていくのです。

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他...
自己評価…日常での幸福感や自己への満足に繋がる大事な要素
「自分の事が好きか」「自分で自分を認めているか」という自己評価は、「自信」とはちょっと違います。自信は自己評価を基礎土壌とし...




自己肯定感がある外国人は自信満々

子ども教育言葉名言

根拠のない自信があるからな。
根拠のない自信ってのは実は鬱とかにならない為にはとても大事
アメちゃんは割と本気でホー.ムレスでIT土方のバイトとかしてたり、
失業してストリートバスケぐらいしかしてなくても
「自分はなぜか成功する」とかいう根拠のない自信を持ってたりする
日本人の自信って学歴とか年収とか容姿とか運動能力とか成績とか何かで賞をとったとか
自分に付随するステータスに対する自信が多いじゃん。そういうのは自分より上の年収とか
成績とか学歴とか勉強や運動での挫折するとポッキリ折れちゃうんだよね
実は結構真面目に日本人に自/殺が多い理由の1つと言われている

英語圏での教育では、まず出来たことを過剰と思えるほどに褒め、得意なことを伸ばすと
いう教育法です。

褒め方も、抱きしめたり、キスをしたりスキンシップを多く取る傾向にあります。

そして、失敗を失敗だとは教えず成功への階段、次への前向きなステップだと教えます。

なので、スポーツの分野でも外国人選手の多くは、例え失敗しても余裕だったり、笑みすら浮かべていたりします。

このような教育が、自己肯定感を高くし失敗をポジティブに捉えられるのです。

自己肯定感の差は、いかに幼少期から褒められて認められて育ってきたかの差らしいです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ