学生恋愛や離婚で破滅…女性の人生が詰む代表的な4パターン

女性人生詰みパターン

女性は、美人に生まれつくか不美人に生まれつくかで人生が雲泥の差、さらに基本的に恋多きライフスタイルによるものから男性との恋愛関係のもつれにも発展しやすいので、女性の生き方にはその特性上、人生のそこかしこに落とし穴が隠れている状況といえます。女性の人生が詰む代表的なきっかけとパターンを調べてまとめました。

スポンサーリンク

死路その1.男性に嫌われるたぐいのダメな性格をしている

女性人生詰みパターン

〔1〕男性の経済力を当てにしすぎる

嫁に貰われることを前提に、パラサイトシングルとして過ごしている女性は、結婚後も自身の稼ぎではなく、男性の稼ぎに期待している面が大きいです。しかし近頃の男性は女性にも経済力を求めていることが多く、仕事をして稼いでいく心づもりのない女性はダメ女のレッテルを貼られがちです。

〔2〕料理のセンスがない

結婚まで考えてのお付き合いとなれば、女性はどうしても料理の腕を期待されるものです。もちろん女性が必ず料理できるわけではなく、付き合っている段階での経験不足ならいいのですが、本人は料理が得意だと思っているのに不味いというのは問題です。

そういった女性の多くは、分量を量らなかったり、味見をしなかったり、アレンジが裏目に出ていたりします。なまじ料理が好きなために、自分への評価を認められないことが多いのも、ダメ女と見られる一因です。

〔3〕他人に厳しく自分に甘い

男性に対しては厳しい要求を突きつけるのにもかかわらず、自分自身のことに関してはだらしがない女性は、かなりレベルの高いダメ女です。仮に男性が忠告をしたり、優しく諭したりしても、もっともらしい言い訳を並べて自分を正当化してしまいます。

そのわりに自分ができないことを他人に求めるため、ひんしゅくを買いやすいです。誰しも自分には甘い面がありますが、度を過ぎるとダメ女として見向きもされなくなります。

〔4〕感情表現が極端

気にくわないことがあるとヒステリーを起こす、落ち込むとネガティブにしか考えられなくなる等、感情表現が極端すぎると、男性は手に負えないと感じてしまいます。ある程度までは目をつぶって貰えても、度重なると話は別。面倒くさい女だという理由で振られることが多い場合は、間違いなくダメ女のレッテルを貼られています。

〔5〕口うるさい

男性のやることなすことに口を挟み、一日の行動を把握していないと気が済まないような女性は、男性から次第に恋愛対象として見て貰えなくなる典型的ダメ女。束縛の強さもそうですが、男性の行動に注文をつけすぎるのもNGです。よかれと思って細かいことまで言い過ぎると、いずれ母親の代わりとしか思って貰えなくなってしまいます。

女性のための社会進出は女性自身がイラつく誰得政策へと暗転
使われずに埋もれている労力を発掘して役立てる…という意味では女性の社会進出は有意義ですが、肝心の女性勢が社会へ押し出される事...
恋愛強者だった女性が30歳付近で人生が落ち目に変わる残酷現象
若いうちは完全に恋愛強者だった女性も、ある年齢を境にして急に男性からのアプローチが減少し、人生が落ち目へと変わってしまいます...



スポンサーリンク






死路その2.子持ちで離婚しシングルマザー化

母子家庭子ども特徴

シングルマザーの道を選ぶ人たちには、大きく二つのケースがある。ひとつは、「仕事があり自活していける」か「支援してくれる親・親族などがいる」という人たちだ。こうした人たちの多くは、約半分を占める「貧困ではないひとり親世帯」だ。

一方、もうひとつのケースは「仕事も無く、支援のあてもなかったがシングルマザーになった」という人たちである。

新たに仕事を探すことになるシングルマザーの前途は厳しい。というのも、なにかと時間的な制約のある育児中の女性を、多くの企業は「ハイリスクな人材」とみなすからだ。そして多くの人は思うだろう。「でもなぜ、貧困や就職難といったリスクを背負ってまでシングルマザーの道を選ぶのか?」と。

しかし、リスクを背負わざるを得なかったシングルマザーたちにはもちろん、そうせざるを得ない理由があるのだ。

生活意識について「大変ゆとりがある」から「大変苦しい」の5段階で聞くと、母子世帯の49・5%が「大変苦しい」と答えた。

シングルマザー…非正規率47%!貧困層へ突入する問題まとめ
「もうこんな家庭イヤ!よし!周りもみんな離婚してるし、私も離婚してやる!」といった感じで、現代ではわりとさらっと女性側から離...

死路その3.在学中にアホな不良と付き合って以後転落人生

同窓会落ちぶれ逆転

  • 美人だけど中学ぐらいでDQ/Nと付き合って、いきなり人生詰むってパターン多いな。
  • 生んだ子の母親が育児やって
    生んだ本人は何事もなかったかのように普通のJK続行
    卒業したらすぐに男が逃亡
    たいてい、母親も片親。不幸の連鎖、貧乏底辺家族の血が続いていく
  • 女はリスク回避のためにも十代のうちは相当な玉の輿が期待できる相手以外とは絶対にや.るべきじゃねえよな
    ヘタすると人生むちゃくちゃになる
  • うちの学校にも居た。女の子とうぇーいwwwするのが上手い奴だった
    高校1年製1学期の学校始まって3ヶ月で丸坊主になっててそのまま退学した。相手の同級生と一緒に退学。あれは申し訳無いがク.ソワロタ
  • ちなみに養育費は相手が成人でもないかぎりでねぇから覚悟しとけ
    合意でしょ? 民事裁判は間違いなくこう言われますから
  • 女は幾つであれ子ども.できたら人生終了だからな。
    学歴も就職も昇進も全部パア
    旦那の職業で格付け、○○ちゃんのママで終わる。

超陰湿な友人関係や男に命運を左右される女性の生きづらい人生
女性同士の人間関係がややこしすぎたり、他者依存が行きすぎて必然的に依存先に自身の生殺与奪を握られたりと、女性の人生は生きづら...
失恋ショックや病気等で人生がおかしくなったきっかけまとめ
「彼女は今、何処にいるんです?」 「穴の中、かな」 「……穴?」 「まあまあ、そんな怖い顔しないでよ。これは、別にたいした話でもないん...




死路その4.学歴や職歴をむやみに高めすぎて詰み

womanworkorlove7

清掃バイトで食いつなぐ研究者…年収200万円“高学歴女性”の悲哀
「年収ですか?180万円です。これは大学の非常勤講師としての収入です。もちろん生活は成り立たちません。だから運送店の仕分けのバイトもしています。それで何とか年収350万円です。でも、ここから奨学金の返済や、家賃の支払いもしないといけない。もうどうしたらいいか……」

こう話すのは都内の中堅私立大学から東京大学大学院で文学を専攻し、博士課程まで学んだ笹本さん(仮名・44歳)だ。修士、博士課程と順調に進んだ笹本さんだが就職は順調にはいかなかった。

「大学院に入ることを“入院”という人もいます。博士課程に進まず、修士課程修了時に“退院”していれば、今のような生活を送らずに済んだかも。正直、後悔してます」(笹本さん)

究極の選択!女性は仕事か結婚か?実は答えはほぼ決まっていた
女性がなるべく人生の早い時点で決断すべきなのが「結婚するか、結婚しないか」。どちらかはっきりと決めてから行動しないと、ただ年...

  • ほんと婚期を逃した女共は悲惨すぎる
    無駄に学歴取ったり、働きすぎた連中が産廃になっとる
  • 男も女もだけど仕事っていうのは生活はさせてくれるけど幸せにはしてくれない
    女はそれがより明確
    女は認められたい生物だから容姿や学生時代に恵まれなかった連中はここぞとばかりに仕事に打ち込んで認められよう褒められようとする
    35過ぎて取り返しがつかない年齢になるとその先には何もない事に気付く
    そして周りの出世した役職のついた女性はみんな家庭と子供がある事に気付く
    女は出産して完成する事がわからないこら困るな


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ