アリやハチ等の分業と数の暴力で他種を制圧する社会性昆虫

社会性昆虫ハチアリシロアリ

個の強さを失った代わりに群体での強さと文明社会を選んだ人間のように、巣という小社会でのエサ集めと繁栄を選択した、アリやハチのような「社会性昆虫」。数の暴力で大型昆虫を制圧したり、仲間に守ってもらいながら効率的に子育てしたりと、地球上に存在している昆虫個体数ではトップを占めていたりして、社会性の有無が地球上での成功の鍵を握るのでは?という示唆を私たちに与えてくれます。ハチやアリなどの社会性昆虫の生態について調べてまとめました。

スポンサーリンク

社会性昆虫とは?

社会性昆虫ハチアリシロアリ

社会性昆虫(しゃかいせいこんちゅう)とは、ハチやシロアリのように、集団を作り、その中に女王や働き蟻(蜂)のような階層があるような生活をしているなど、人間のそれに似た社会的構造を備える昆虫を指す。この集団は実際には家族集団であり、内容的には人間の社会とは大きく異なる。

ほとんどの昆虫は親が孵化した子の世話をすることがない。一部には子守りをする昆虫も知られるが、その多くは子供が大きくなる前に別れ別れになる。それに対して、ハチの一部と、アリ・シロアリは親が子の面倒を見るだけでなく、その子が大きくなっても共に生活し、大きな集団を形成するにいたる。このような昆虫が社会性昆虫である。




アリの社会

社会性昆虫ハチアリシロアリ

もっとも身近な昆虫の一つ。そして最も身近な社会性生物。女王アリを中心とした母系社会を築いている。

アリとはいうものの、木々を食い荒らすシロアリとは別の種であり、近縁種としてはハチが存在している。シロアリは種としてはむしろゴキブリに近い。

ゴキブリ…おぞましい姿形から駆除の対象&数々の超絶生命力
不快害虫の筆頭に挙げられる「ゴキブリ」。生理的嫌悪感をもよおす姿と動作で、家の中で見つかると真っ先に抹殺対象にされる存在です...

ハチもまた社会性を持つ昆虫で、アリと同じく地面に巣を作る種類が存在する。

上述のように社会性を築いており、基本的には卵を産む1匹の女王アリ、女王と卵の世話を焼く無数の働きアリ、そしてそれを監督する兵隊アリ、女王と繁殖するためだけに発生する雄アリの4種が基本構成員。
しかしアリの科によって様々な分化が起こっており、グンタイアリ・アミメアリ・ハキリアリ・ミツアリなど変種が多い。
中でも火蟻(ファイアーアント)は人間にかみつく上にアルカロイド系のアレルギー性毒を持っているため、これに噛まれて死んだ人間もいるという。


寄生虫…動物や虫の体内に居座って養分を奪ったり行動を操作
食べ物や生水などを通して体内に侵入し、そこに居座って養分をかすめ取る「寄生虫」。下水道が完備された先進国の日本ではほとんど縁...

ハチの社会

社会性昆虫ハチアリシロアリ

社会性のハチの社会は、雌のみで運営されている。雄バチは女王と交/尾した後に死亡し、巣作りには関わらない。産まれた卵からかえった幼虫を育てながら産卵を繰り返す。幼虫は成長して羽化すると働きバチとなり、巣に残って女王を助け、子守や餌運び、巣作りをし、自らは繁殖しない。次期女王蜂候補のハチにはロイヤルゼリーをべらぼうに飲ませ、働き蜂には少量与える。つまり、生まれてくる際には姫と兵士たちに特に差は無く、あとの環境で待遇が変わるのである。 ほとんどのハチでは、秋になると女王と雄バチが生まれ、それらは巣から飛び出して交/尾ののち、女王は越冬するが、それ以外のハチは死滅する。従って、多くの蜂の巣は1年限りである。



スポンサーリンク



スズメバチ…力ある存在&生まれついての完全戦闘生物
日本国内のみならず、世界全域においてさえも最強レベルとされる昆虫・スズメバチ。 日本が世界に誇る(?)、凶暴・凶悪にし...

巣の中で家畜を養うアリまでいる

社会性昆虫ハチアリシロアリ

これらは巨大な巣を作るものもあり、それが新たな環境を提供し、そこに生息する多くの生物群を生み出している。彼らが栽培する菌類や家畜的に飼育するササラダニやカイガラムシがいるのは特殊な例であるが、彼らの巣には、人間の場合のネズミやゴキブリのようなもの、あるいは居候や食客や居直り強盗などに類するような、さまざまな小動物が住み着いている。植物においても、巣の周辺では蓄積された食料や排.泄物が土壌の窒素の含有率をたかめたり、周辺の昆虫類をアリが排除するため、巣の周辺に選択的に見られるものがある。

さらには巣の中で農耕まで…!!

社会性昆虫ハチアリシロアリ

我々人間以外に、農耕や牧畜を営む生き物がいることをご存知でしょうか?

その生き物の名前は、ハキリアリ。

彼らは、葉を顎で切り取ってせっせと巣穴に運び込みます。

何のために葉を巣穴に運び込むかというと、アリタケというキノコを栽培する苗床とするためなのです。

アリタケは、ハキリアリの巣穴以外では見つかりません。

つまり、アリタケというキノコは完全にハキリアリの作物であり、野生のアリタケは全くこの世界に存在しないのです。

ハキリアリはアリタケを育てて、アリタケの胞子から糖分を摂取します。

巣穴に空気穴を作って、しっかり温度や湿気の調整までしているというから驚きです。

また、ハキリアリは巣の中でアブラムシを育てています。アブラムシから分泌される甘い汁は、ハキリアリ達の大好物であり、この甘い汁を獲得するため、ハキリアリ達はアブラムシの卵を巣で飼育しているのです。




社会性昆虫の数の暴力を象徴するグンタイアリ

社会性昆虫ハチアリシロアリ

アマゾン川流域が原産地なのだけれども、アジアとアフリカにすんでる亜種がもっともたちが悪いと言われている軍隊アリ。なんでも噛み砕いてしまうそのアゴの力の強さから、解体屋との異名を持つ。数十万、数百万匹で軍をなして行動し、一匹ずつそれぞれに毒針を持っている。小動物なんかあっというまに噛み砕き食い荒らされてしまう。盲目であることでも知られているが、それが残酷さを拡大させているとも言われている。軍隊アリが行進した跡は、まるで焼け野原状態となり、そのジャングルの生態系は再び元に戻るまで100日は掛かると言われている。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ