高時給で学力を活かせる家庭教師のアルバイトは楽でおすすめ

家庭教師アルバイト個人契約時給待遇

学生が行うアルバイトの中でも、珍しい部類の知的労働として独特の存在感を放つ「家庭教師」のアルバイト。家庭教師のアルバイトの仕事内容や時給はどんなものなのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

家庭教師のアルバイトの始め方

家庭教師アルバイト時給待遇

「募集情報に応募」→「登録会に参加」→「生徒とのマッチング」→「仕事の依頼と選択」→「指導開始」→「研修やフォロー」といった流れ

まずは自分のお住まい地域で活動している家庭教師会社に登録することから始めます。

その後、会社側が自分に合った生徒を探してきてくれるので、自分の希望・指導条件に合えばスタート出来ます。

地域によっては生徒探しがうまくいかないこともあるので、複数の家庭教師会社に登録する先生が多いです。

個人契約の場合は事情が違ってくる

家庭教師には一般的なアルバイト契約で始める方法と個人契約で始める方法があります。

仲介業者(家庭教師派遣会社)を介するアルバイトに対して個人契約はあまり耳慣れなく、どんな形で指導を行うのかわからない人も多いでしょう。

個人契約の家庭教師バイトの場合、指導料はご家庭から家庭教師に直接支払われます。

一般的にアルバイトよりも個人契約の方が時給は高くなります。ただし、個人契約の場合はご家庭との契約手続きなども自分で行う必要があります。中外業者がいないためにトラブルが起きた場合の対処も考えておかなければいけません。

このため、家庭教師が初めてという人には向いていません。家庭教師が初めてという人はアルバイトをおすすめします。




応募資格の例

syukatsuregret2

一般には…

  • 大学生・短大生・看護学生・高専生・主婦(夫)・フリーター・社会人

当然といえば当然ですが、家庭教師会社によって必要とされる学力や学歴は違ってきます。高校生を対象に大学受験対策を請け負うような会社であれば高学歴が必要となりますが、勉強の苦手な小中学生を中心に指導するような家庭教師会社であれば学歴は重要視されません。

まずは自分の登録しようとしている会社がどういったタイプに分類されるのかを確認しましょう。

受験対策用の家庭教師はある程度の高学歴が必要

大学受験や高校受験を控えた生徒を多く抱えているような家庭教師会社の場合は高い学力・学歴が要求されます。具体的には国立大学や私立であれば、早稲田・慶應、MARCH(明治、青山、立教、中央、法政)、関関同立(関西大、関西学院大、同志社、立命館)とった大学です。日東駒専(日大、東洋、駒澤、専修)レベルだと少し厳しいかもしれません。

ただ、こういった受験に特化したタイプの家庭教師の会社はそれほど多くありません。

勉強が苦手な小中学生用の家庭教師はそこまでの学歴はいらない

割と最近多いのが、勉強が苦手な小学生、中学生(一部高校生)向けの家庭教師会社です。こういった会社では高学歴や高い学力は重視されないため、やる気さえあれば誰でも登録可能です。

偏差値的に俗に二流・三流(低学歴)とされる大学の学生の場合、家庭教師に登録することを躊躇する人も多いのですが、少なくとも大学に合格出来るだけの学力ああるわけなのでまったく問題ありません。



スポンサーリンク



また、応募資格を「高卒以上」としている会社であれば大学生はもちろん、短大生や専門学校生でも家庭教師のアルバイトを始めることが出来ます。

家庭教師のアルバイトの時給

家庭教師アルバイト時給待遇

家庭教師のアルバイトの時給は1500~3000円ぐらいが相場です。経験の有無や実績、指導力などによっても給与は大きく変動します。未経験の場合は時給1500円以上としている家庭教師会社が主流です。

学歴を気にする人も多いかもしれませんが、学歴がそのまま給与・時給に反映する過程教師会社というのは少数です。大抵は経験や指導力が重視されます。

給与とは別に交通費が支給されることも。勤務形態は「週1日・1科目OK」「1日90分~」となっている場合があり、スケジュールを組みやすいのが魅力。

○学生の出来るバイトの中でも最も時給が高額なものの一つ。
○学歴・学業を活かすことが出来る。
○放課後や土日といった大学の講義の無い時間帯にアルバイトが出来る。
○自宅近くや大学の近くでバイトが出来る。
○夏休みや冬休み、春休みといった長期休暇の利用してバイトを始めることも可。

家庭教師の仕事内容

家庭教師アルバイト時給待遇

家庭教師の目的は生徒に勉強を教え、成績をアップさせたり、高校や大学などの受験対策を教えること。教える科目は生徒によって異なるが、基本は「数学」「英語」をはじめとする5教科。「宿題の解説」や「苦手科目の指導」「模試の採点や指導」も仕事のうちだ。

塾講師とは違い、完全なマンツーマンによる指導なので、生徒のレベルに合わせた教え方が必要になる。自分が教えた生徒の成績が上がったときには、大きなやりがいを感じられる。これまで経験してきた受験対策を活かすこともできるため、男女を問わず学生に人気だ。




家庭教師のアルバイトのメリット

家庭教師アルバイト時給待遇

・時給が高い

これが家庭教師のバイトをする最大のメリットです。
最低でも時給2000円、だいたい学生の家庭教師ならば、時給2500円が相場です。

東大や医学部在学の学生ならば、裕福な家庭に雇ってもらえるならば時給5000円以上も
可能です。

学生のアルバイトでこのくらいの時給の仕事は他にはほとんどないでしょう。

ただ注意点として一回当りの指導の時間をなるべく多くとってもらう、また、移動時間をなるべく少なくするということは重要です。

例えば指導時間が一回当り90分で、片道1時間もかかるような場所だと、普通の時給1000円のバイトと変わりなくなってしまいます。

・コミュニケーションスキルが身に付く

家庭教師は生徒に教える仕事がメインなので他のバイトよりも当然ながらしゃべる時間が圧倒的に多くなります。

またわかりやすく説明するということは思いのほか難しいものです。どうしたら生徒が理解してくれるかきちんと考えながらしゃべることを繰り返していけば相当なコミュニケーションスキルが身に付くでしょう。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ