メガネや眼科で視力検査を!近視や遠視で視力低下する仕組み

視力悪化視力回復仕組み

人間が外界から得る情報は、大部分を視覚に頼っており、聴覚や触覚よりも、もっともっと大事なものです。それだけに、事故や病気で失明することの人生の損失度と絶望度は測り知れません。

スマートホンやタブレットPCの大普及で、何かと目を酷使することが多い現代人。視力はどうして悪くなるのか?調べてまとめました。

スポンサーリンク

視力が悪くなる原因

視力悪化回復仕組み

目が悪いと言われる日本人の多くは、近くはよく見える代わりに遠くが見えない近視の目です。他の国・他の民族と比べても近視人口が多いと言われる日本ですが、近視になる原因は、現在の医学でも、はっきりとはわかっていません。

親からの遺伝など、生まれつきの要素が大きいとする「遺伝説」と、目の使い方や照明の明るさ・栄養バランスなど、生活要素に重点を置く「環境説」とが知られており、この二つの説をあわせた複合的な原因によって近視が進むと考えられています。
専門家のあいだでは、近視の原因は遺伝的要素の占める割合が大きいという見方が有力です。近視は89%の高確率で親から子へと遺伝し、それに関連した遺伝子も見つかっています。

また、近視の進行しやすい時期というのもあります。よく聞かれるのが、子供の頃は目が良かったものが、思春期あたりから急に視力が落ち、眼鏡をかけるようになった、という体験です。

視力低下の進みやすい時期は0才~20代前半

一般に、0才から20代前半にかけては、近視による視力低下の進みやすい時期と言えます。




視力が悪化するメカニズム

視力悪化回復仕組み

目が悪くなる理由として、疲労がありますが、疲労は毛様体などの目の筋肉が衰えることが原因です。近くのものを見続けると、水晶体を厚くしようとして、毛様体が緊張し続け眼精疲労が引き起こされます。その疲れを回避しようとして、近視が進み、毛様体が疲れて衰え、目が悪くなるのです。メガネをかけ始めると目が悪くなる理由はここにあります。メガネをかけると、目はその状態に適応しようとするため、メガネの視力で物が見えるようになりますね。それは毛様体が楽をすることになり、衰えていくのです。さらに目が悪くなり、メガネの強度を上げていくにつれ、近視が進んでしまうのです。

長時間のパソコンやテレビ、ゲームなどで目に負担をかけることで眼精疲労を起こし、それが目を悪くする。

パソコンやスマホで目の疲れの防止にはまず画面を暗く設定
「目」の重要度は他の体の器官よりもずっと上です。失明により世界から光と景色が失われたら、その絶望は想像を絶するでしょう。 ...

低視力の症状の種類

視力悪化回復仕組み

近視

近視とは、遠くを見たときにピントが合わず、字や物がぼんやり見えてしまう状態の事です。

近視の症状は、『近くははっきり見えるが、遠くを見ると字や物がぼけて見える』 というのが代表的なものですが、メガネやコンタクトレンズで矯正しない場合、『目を細めて字や物を見る』 『肩こりしやすい』 『つまづきやすい』 『根気がなく飽きやすい』 といった症状が出る場合もあります。



スポンサーリンク



遠視

遠視は近視の逆で、網膜よりも後ろに光の焦点が結ばれてしまう目の状態で、やはりピントが合わず、字や物がぼんやり見えてしまう屈折異常のことです。

特徴は、弱度の場合、視力検査などではいい視力として結果が出ることも多く、遠視に気づきにくい事があげられます。 

これは、軽い遠視の場合、若い人であれば調節機能を使って焦点を網膜上に持ってくる事ができるからです。しかし、常に毛様筋を使い、眼を緊張させている為、眼が非常に疲れるケースが多くなります。

遠視の場合も、メガネで矯正した方が見やすく楽になります。

乱視

乱視は、物が二重にぶれて見えます。角膜の歪み方によってぶれ方も縦方向だったり、横方向だったりと異なってきます。軽い乱視は目が疲れる程度ですが、乱視が強くなると、どこを見てもピントが合わなくなり、目が疲れやすく視力の低下を招くことになります。網膜や視神経が未発達な幼児にとって、乱視は斜視や遠視と同じように、視力の発達が遅く、屈折異常がより強くなる弱視の原因になることがあるので、注意が必要です。

老眼

老眼とは、年齢を経ることで、カメラでいうフォーカスがスムーズに行えない状態になることです。

カメラのレンズにあたる水晶体が老化(硬化)することが原因で、30歳ぐらいから始まっています。

正視の人で、40歳頃から眼が疲れたり、新聞の文字などが見えにくくなったりする場合、老眼の疑いがあります。

例えば、指を目の前に持っていき一番近くで見える所を近点といいますが、若いときは近点が30cmより近くにあり、年齢とともに近点が離れていき40歳を超えた頃から近点が本などを読む30cmより遠くなります。

それで近点を近くにもってくるために凸レンズを使ったメガネ(老眼鏡)を使うことになります。

視力が悪化する原因

視力悪化回復仕組み

  1. 近くの見すぎ(暗い場所だと、文字が見づらいため、目を細めたり、凝視してよく見ようとしたりして、目が緊張します。また顔と本との距離も自然と近くなります)
  2. 光(コンピューターの使いすぎも、文字が画像のちらつきが多いので、目を疲れさせ、目が悪くなる理由になります)
  3. 栄養(栄養不足も目が悪くなる原因だと言われています。食生活が乱れ、偏食になると目に必要なビタミンAやビタミンB12が不足し、目が悪くなる)
  4. ストレス(ストレスも目を悪くする原因の一つです。仕事や家庭での心配事や神経をイライラさせる出来事、体調不良などは目を動かす筋肉を緊張させてしまうのです)
  5. 遺伝(目が悪くなる原因として遺伝もあげられます)




視力の悪化を感じたら眼鏡作成や医療機関での視力検査を

視力悪化回復仕組み

眼科でも昔からそのままでやってる様な眼科だと器械で視力を測るのではなく、
離れた距離から片目を抑えて「C」を見る昔ながらの測定で測るので
かなりアバウトな「アナログ」的な測定法なので
そんな方法の眼科に行くなら、器械で視力を測定するメガネ屋の測定器の方がずっと「デジタル」的な正しい測定が出来ます。

今どきの眼鏡屋はどこも器械によって視力を正確に測れますが眼科の場合は古い眼科は未だに器械の無い所もあるのでそういう場合は眼科よりも眼鏡屋の方が良いという事になります。

最新の器械で測定する眼科であれば、逆に眼鏡屋よりは良い!となるので
眼科が良いか、眼鏡屋が良いか、という問題ではなく「どの様な測定法を採用しているか」という部分が一番重要です。

特に乱視があるなら器械の方が正確に測定出来るので眼科でも眼鏡屋でも良いので器械で測定出来る所を捜し求めてください。
眼鏡屋はどこも器械測定法を採用しているので眼鏡屋でも良いですし器械測定を取り入れている眼科であれば、その他の検査も出来るので眼鏡屋よりもプラスがあります。

予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ

コメント