ダイエットの奥の手!脂肪吸引の痩身効果と施術手順まとめ

脂肪吸引痩身効果費用

部屋に溜まりに溜まったゴミをゴミ袋に詰めて大量のゴミ袋を一気にゴミ捨て場に出したり、排水溝に溜まりまくったゴミを一気に捨てて水の通りを良くしたりと、邪魔なモノを大量に一括して捨てるという行為は得も言えない爽快感が得られます。

ダイエットが続かず、身に付いている脂肪をどうしても落としたい人が取る最後の手段が「脂肪吸引」。美容系のドキュメンタリー映像で、大量の脂肪がどんどん吸い出されていくのを見るのはこちらまで気分が良くなります。リスクとリターンが一体となった脂肪吸引について調べてまとめました。

スポンサーリンク

脂肪吸引とは?

脂肪吸引痩身効果費用

いち早く痩せることができる方法としているのが脂肪吸引になります。

これは美容整形の一つとしていて、比較的安全で人気がある整形の一つになっています。ではこの脂肪吸引はどのような整形手術をしているのでしょうか。

脂肪吸引はこの名前の通りで脂肪を吸引して細くする方法になります。

吸引する部分に小さな穴を開けるようにして、そこから小さな筒を指すようにして吸引をしていきます。無駄な脂肪をちょっとした外科的の方法によって減らすことができるのでとても簡単です。

一口に脂肪吸引と言っても、様々なスタイル・術式があります。しかし、一番初めに脂肪細胞を破壊して柔らかくしたあと、カニューレと呼ばれる細い吸引器の管、小さい部分なら注射器などを使用して脂肪を吸引する方法は、ほとんど同じです。

太りやすい脳の構造と体質の解説とセロトニン活用でデブ化防止
太ってしまう人は、たいてい「その人のだらしない性格に問題がある!」と非難されがちですが、もしかすると、脳の構造や体質そのもの...




脂肪吸引の効果

脂肪吸引痩身効果費用

取り除けるのはせいぜい1L-3L

実際には500CC以下のことも多くあります。
これは、通常のダイエットを考えれば脂肪1Lはほぼ体重1kgに相当します。7200kCal相当ですので、努力によっては2週間で減量可能な量です。

重さで言えば、たかだか500g~3kg

確かに、部位を狙い撃ちすることができる。体形の美容的改善は可能であるが、体重を大きく減らすことは難しい。

脂肪吸引はそれによる体重減少や脂肪細胞数の減少に拘わらず、メタボリック症候群の改善をなんらもたらさないことが知られており、肥満による医学的問題の解決にはならない(その意義は純粋に美容目的に限られる)。また、皮下脂肪細胞を除去することによって、余剰摂取カロリーが脂肪として蓄積される先が、脂肪細胞が除去されていない部位の皮下脂肪・内臓脂肪・異所性脂肪に転移することに伴う問題が生じうる。



スポンサーリンク



脂肪吸引にかかる施術費用

・顔
難易度によって異なる。ほほで25~40万円、あごで20~30万円程度が目安。

・お腹
部位(腹部上・下、ウエスト、腰部など)や吸引量、施術方法によって異なる。20~100万円程度。

・太もも
部位(内・外部、前・後部など)や施術の難易度、方法によって異なる。15~70万円程度。

・ふくらはぎ
手術の難易度によって異なる。30~50万円程度。

・おしり
部位(上・下部など)や手術の難易度、脂肪の吸引量によって異なる。15~40万円程度。

・二の腕
手術の難易度によって異なる。10~40万円程度が目安。

脂肪吸引の施術の手順

脂肪吸引痩身効果費用

手術前のトリートメント

ますは高周波機器による簡単に脂肪をほぐすトリートメントが行われます。これの所要時間は10分程度で、これは看護師さんによって行われます。 それが終わると、いよいよ担当医の登場!脂肪を吸引する部位に印を描きます。 まずは血圧と心電図を計ります。そこから麻酔の点滴が始まります。麻酔の所要時間は、手術の部位によりかなり大きな開きがありますが、局所麻酔であれば10分程度、全身麻酔であればおよそ1時間~2時間の時間を必要とします(体質により、かなり前後します)。

脂肪吸引開始

これも部位によりますが、二の腕、顔は約10分~20分以内、太ももやお腹は30分かそれ以上の時間を必要とする場合もあります。

手術後

局所麻酔の場合では、手術後すぐに診察室に入り、診察を受けたのち、必要なお薬を受け取るとともに、看護師さんから術後の注意事項を聞き、そのまま帰宅することがほとんどです。 ですが全身麻酔の場合には、勝手がかなり変わってきます。全身麻酔が切れる時間は約1時間後です(個人差があります)。麻酔が切れ次第、局所麻酔の方と同様の指示を受け、帰宅、あるいは入院をします。 脂肪吸引にかかる時間はその部位によってかなりな差がありますが、局所麻酔、全身麻酔に限らず、術後はどのような身体の変化が現れるかはまったく予測がつきませんので、手術当日はおおよそ6時間が必要であると想定しておきましょう。




脂肪吸引の肉体的ダメージ

脂肪吸引痩身効果費用

皮膚から強引に脂肪組織をはぎ取って吸引するため、施術後は吸引した組織がズタズタ。自然回復するまであざが残ったり痛みもある。

感染症

身体にメスを入れる手術である限り、どんな手術であっても感染症の危険性はあります。脂肪吸引の場合は、処置に伴う火傷やカニューレ挿入の際の傷、脂肪組織の吸引に伴う内部組織の損傷などによって感染症が起こる可能性があります。

多量出血

手術に伴って適切な止血が行われない場合や、出血量の多い施術を選択した場合に、多量出血による貧血やショック症状などが起きます。最悪の場合は死に至ることもあると言われています。

脂肪塞栓症

脂肪を吸引するためにゆるめられた脂肪組織が血管の中に入って血栓症を引き起こすことがあります。肺で血栓を起こすと肺塞栓に、脳に移動すると脳塞栓に至ります。すぐに対処しないと後遺症が残り、最悪の場合には死に至ります。

内臓損傷

腹部の脂肪吸引の際にカニューレの操作を誤ると、内臓を損傷してしまう可能性があります。内臓損傷による死.亡事故の報告もあります。




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ