お手頃価格でメリット多数!新築&中古マンション購入のススメ

お手頃価格でメリット多数!新築&中古マンション購入のススメ

マンション新築中古購入

働き盛りの人生段階で、年収も増え、貯蓄も貯まってくるころになると、そろそろ自分だけの家が欲しくなるもの。

なにしろ一戸建ては値段が高く、持て余すほどの広さから結婚相手や子どもがいないとわざわざ建てる必要性もあまり無くて選択肢に入りにくいものですが、マンションならば独身でも手ごろな広さで、購入価格も現実的な値段です。

独身者と、家庭持ちの方のどちらにもメリット大の、マンション購入のあれこれについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

マンション購入のメリット

マンション新築中古購入

マンションを購入した場合のメリットです。

1.固定資産として自分の持ち家になる
2.自分の持ち家なのでリフォームなどが自由に行える
3.住宅ローンの支払いが終われば毎月の負担が減る

購入の大きなメリットは、なんといっても住居が資産になるという点。
固定資産税の支払いが別途必要とはいうものの、毎月の家賃支払いが手元になにも残らず消えていく賃貸と違い、支払った分は自分の資産になることは最大のメリットといえます。
リフォームなどが自由に行える点も大きいです。また、賃貸住まいでは一生支払いが必要になる家賃が、購入なら住宅ローンを完済してしまえば毎月の負担がグンと減らすことができます。

その他の地味ながらじわじわ効いてくるマンション購入のメリット

マンション新築中古購入

○防犯性能が高い。
今はオートロックや防犯カメラ、24時間警備システムは常識になってきています。
進入口も少ないですし、一戸建てよりはずっと防犯性能が高いと思います。

○立地条件が良い
マンションはほとんど好立地ですよね。駅が近い、スーパーが近いなど生活しやすい環境が 揃っているマンションが多いと思います。

○虫が少ない
立地や階数によっては、ゴキブリって何?っていうくらい虫を見なくなります。
虫嫌いにはいいですよね。

○手頃価格でグレードが高い
一戸建てに比べれば手頃な価格。なのにグレードは一戸建てより良いかも!
オール電化だったり、最新で流行アイテムを取り入れてる事が多いです。
一戸建てでそんな風にしようと思えば、かなり値段が高いかも。

幽霊が同居人に!?家賃が安い代わりに訳ありの事故物件の特徴
賃貸暮らしをするためにアパートやマンションを選んだことがある人なら高確率で気に掛けるのが「事故物件」。いわくつきの部屋は、家...

おすすめ!当ブログでの住宅選び&部屋作りの総合特集ページは↓からどうぞ。

戸建てかマンションか?住宅選びのコツを知って心地良い生活を
大学生としてアパート暮らしをしていたり、社会人としてマンションに住んでいたり持ち家に住んでいたりと、大人になるにつれて考える...




あなたの性格タイプによって新築か中古か分かれる

マンション新築中古購入

「そうだ、マンションを買おう!」と思い立った時、多くの方が“新築にするか、中古にするか”という点で一度は思い悩まれるのではないだろうか。

『新築』の場合は、キレイで先進設備が導入されている…でも高い。
『中古』の場合は、建物も設備も古い…けれど安い。

というイメージで判断される方も多いと思うが、メリット・デメリットはそれだけではない。



スポンサーリンク



新築マンションは「不動産初心者向け」

マンション新築中古購入

まず『新築分譲マンション』の最大のメリットとして考えられるのは、情報量が実に豊富なこと。

豪華なマンションギャラリーの中では物件のイメージ映像を観ることもできるし、お洒落なモデルルームを見学して新生活をシミュレーションしたり、分厚いパンフレットで地盤・構造・管理といった物件特性を分析することができる。分譲価格に関しても、日当たりの良い角住戸はやや高めに、北向きの住戸はやや安め に…と、マンション内で“公平な価格設定”がおこなわれている点にも安心感がある。

つまり“不動産初心者だからマンションのことはよくわからない”とか“忙しくてじっくり検討する時間がないけど、とりあえずマンションが欲しい”という 『なんでもおまかせ派』のタイプの方には、交渉不要で安心して購入できる『新築分譲マンション』のほうが適していると考えられるのだ。

中古マンションは「交渉ができる上級者向け」

マンション新築中古購入

『中古マンション』の場合は、多くのケースで“信頼できる仲介会社を選ぶ”ところから作業がスタートする。

『新築』のように、テレビやチラシで大々的に宣伝されることもなく、モデルルームやパンフレットが用意されているワケでもないため、住宅情報サイト等をこまめにチェックしながら、限られた情報の中から厳選された一邸を探し当てなくてはならない。

また、分譲価格に関しても売主側と買主側の仲介会社同士の攻防によって数百万円単位で変動することがあるため、その地域の価格相場や過去の分譲実績を知った上で自らも交渉術に長けていないと、後あと“高い買い物”につながってしまうこともある。

中古マンションを購入した方は「最終的には、あいだに入ってくれる仲介会社のことを頼りにできるかどうか。担当者との相性の善し悪しも大きく影響してくる」と語っている方が多いため、“人を見る目”も必要な要素だと言えそうだ。




例として新築マンション購入の流れ

マンション新築中古購入

1.モデルルームを見学する

・パンフレット等の資料をもとに、マンションの説明を受ける。
・資金計画について簡単に相談する。
・モデルルームを見学する。

2.購入の申し込みをする

・申込書(書面の名称はいろいろある)に記入して提出する。
・前後して住宅ローンの仮審査(事前審査)を受ける。

3.抽選を行う

・先着順の場合は抽選はない。
・抽選と言いつつ、、、
住宅ローンの融資審査に問題ない人が優先されていることもある。
他の住戸でも購入する姿勢を見せれば、第1希望から除外されることもある。

4.売買契約を締結する

・契約前に重要事項説明を受ける。
・購入者が集団で契約会を行うこともある。
・手付金を支払う。
・契約前に第三者の専門家にアドバイスを受ける方が増えている。

5.住宅ローンの申し込み

・本審査に申し込む。
・上記4の際に住宅ローンの申込書を記入することもある。

6.マンションが完成する

7.内覧会を行う
・第三者に内覧会立会い・同行を依頼する人が多い。

8.引渡しと決済

・残代金を支払う

9.入居





仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ