低ストレスだけど自発性必須のSOHOや自営業等の在宅仕事

在宅仕事特徴メリット

社会人が仕事で負うストレスの大部分は「人間関係」によるものだと言われています。実際、理不尽なことばかり言う上司、嫉妬や足の引っ張り合いや悪口を言い合う同期、思い通りに動かない部下など、人間に関係する心労は枚挙にいとまがありません。

人間関係のわずらわしさから解放された「在宅での仕事」は、多くの社会人が憧れる仕事の形態です。在宅仕事のメリット・デメリット、在宅仕事の種類などを調べてまとめました。

スポンサーリンク

30代の2人に1人が「在宅仕事希望」

在宅仕事特徴メリット

一人暮らしの30代の男性会社員100人を対象にアンケートを実施。自分の会社に導入されたら、在宅勤務したいか調査してみた(協力/アイリサーチ)。

〈給料が変わらずに在宅勤務を選べるとしたら、希望する?〉
・在宅勤務を希望する 51.0%(51人)
・在宅勤務は希望しない 49.0%(49人)

「給料が変わらない」という条件付きだが、約半数が在宅勤務を希望する結果に。どうして希望するのか、51人を対象に理由を聞いてみると…。

〈在宅勤務を希望する理由TOP5〉
(7の選択肢からあてはまるものすべて選択)
1位 自宅でも問題なく仕事ができる環境にあるから 56.9%(29人)
2位 誰にも邪魔されず作業に集中できるから 54.9%(28人)
3位 通勤時間を省けるから 45.1%(23人)
4位 趣味の時間が作りやすいから 33.3%(17人)
5位 家事をする時間が作りやすいから 15.7%(8人)

※番外
6位 早朝対応があるなど変則的な業務体系に対応しやすいから 13.7%(7人)

現在従事している仕事ならオフィスに出社しなくても支障なく、むしろ集中して取り組める、という人が、半数を超えた。

目指せ在宅仕事人!アフィリエイトの方法とコツを全部公開します
自宅でネットを使った仕事をしたい!という方は多いはずです。ブログを開設してネット上のサービスや商品を紹介し、報酬を得る「アフ...
無職やニートに超おすすめの簡単に稼げる在宅ワーク法まとめ
会社という世界になじめずに退職した無職の方や、在宅で仕事をしたいと思っているニートの方は多いと思われます。現在はネットが発達...
面接や会社が嫌?それなら悠々自適な個人事業主という働き方!
会社に勤務せずに、自分で考えて生計を立てる「個人事業主」「自営業」という生き方は、収入が不安定だったり、特殊なスキルが必要だ...




在宅仕事のメリットとデメリット

在宅仕事特徴メリット



スポンサーリンク



利点

  • 無駄な通勤時間が必要なかったり、無駄な話しかけが多い先輩がいない
  • 寝たい時に寝て疲れ知らず
  • 成果物で評価しやすくなるのはいいんじゃないかな
    コスい無能が炙り出される
  • プログラミングとか、1人の方が集中できるよな
    他の人間と机を向かい合わせていると、モニター見てて
    ちょっと、視線をずらすと、目が合ったりして、気が散るし
  • 在宅サイコーよ
    絶対サボると思ってたけど意外と捗る
    職種によるとは思うけど
  • 在宅の何が良いって通勤時間もだけど仕事を終わらせれば終わりってとこだろうな
    会社だとやること無くても最低8時間はいなきゃいけないから作業効率最悪だろ
  • 私も会社員が向いておらず、
    協調性がないため、一人でコツコツ
    好きなことで食べて行くのが
    楽しいです。

凡人には無理?脱サラして起業できる人とできない人の境界線
現在の会社勤め生活に、ストレスややりがいの無さでうんざりしていたり、やってみたい仕事の構想を抱えていて多くのサラリーマンが一...
個人事業主として自由に働いてきて判明した独立に必要な5つの力
この世には、会社勤めのサラリーマンに適した人と、適さない人の2種類がいますが、「会社に勤めなければだめなんだ…!」という強迫...

マイナス点

  • 自宅で業務だから好きなだけ稼げる半面厳しく自分を律せないとどんどん収入落ち込んでいく
  • ノースキルの奴がタイピングがちょっと早い程度で稼げると思ったら大間違い
  • 自宅勤務は運動しなくなって駄目
  • よくある「ネット記事等のライター募集」に応募してみたら
    そのハードルの高さというか、文章でお金を貰うことの予想外の激ムズさに仰天した
    雑誌のライターとかラノベ作家をバカにできなくなった
    というかはるか雲の上の超人だとようやく気づいた
  • やる気の継続が辛い
  • 体力落ちそう
  • 受験勉強時にすぐ漫画読んでた勢は無理やろな・・・
  • 会社に通ってるからこそ「もう帰宅しました」で逃げられるんじゃん
    在宅はマジでプライベートと仕事との区別が曖昧になる
    クライアントからの電話は延々かかってくるし
    意志強く持たないと日中ダラダラして夜中やるかって感じになる事もままあるし
    規則正しくキッチリ働いて家帰ったら仕事は受け付けずしっかりくつろぐってのが一番良いよ
  • なんのスキルもない人間が簡単に自宅で稼ごうなんて時代じゃない。
    色々と調べ回って資料請求してやっと見つけたと思ったら高ーい商材買わされてたなんて悲惨なことにならないように注意しないとね。

ネットで仕事を受けている在宅イラストレーターが語る裏事情
pixiv(ピクシブ)のようなイラスト投稿専用SNSも増えつつあり、またイラストレーターの大量確保が急務であるソーシャルゲーム業界も...




在宅仕事の特徴

在宅仕事特徴メリット

現在、「在宅ワーク」というワークスタイルには、次の3つの意味があります。

(1)テレコミューター:会社に通わず自宅で仕事をする在宅勤務
(2)テレワーカー:ネット経由でクライアントから特定の仕事を請け負うネット内職
(3)在宅ワーカー:ネットを利用して自宅で仕事を行うフリーランサー

会社にお勤めのOLやサラリーマンは、そこで働くことで会社から給料という報酬を得ています。
そして、いやな上司や意見の合わない部下がいても、一応、仕事をこなしていれば、月々の安定した収入を得ることができます。

しかし、在宅ワークは違います!

自分から積極的に仕事を探しに行くか、在宅ワーク紹介会社に登録しなければ、したくても仕事はもらえません!

誰にも命令されることがないかわりに、自分から動かなければ報酬を得ることができないのです。

ただし、自分が働いた分は必ず収入として帰ってきます。
このやりがいという充実感は、実際に在宅ワークを経験してみなければわからないと思います。

また、在宅ワークは自由なのが特徴です。

朝早く起きてやるのも自由、夜遅くまでやるのも自由です。
ご自分の都合のつく時間に合わせて仕事をすることができます。

そして、受注した仕事さえきちんとこなせば、その間のプロセスなどは問われる事はありません。
ただし、受注した仕事がこなせない場合は、すべて自分の責任になるというリスクがありますから、その点は注意が必要です。

今日も一日がんばるぞい!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ