低ストレスだけど自発性必須の、SOHOや自営業等の在宅仕事解説

低ストレスだけど自発性必須の、SOHOや自営業等の在宅仕事解説

在宅仕事

社会人が仕事で負うストレスの大部分は「人間関係」によるものだと言われています。実際、理不尽なことばかり言う上司、嫉妬や足の引っ張り合いや悪口を言い合う同期、思い通りに動かない部下など、人間に関係する心労は枚挙にいとまがありません。

人間関係のわずらわしさから解放された「在宅での仕事」は、多くの社会人が憧れる仕事の形態です。

在宅仕事のメリット・デメリット、在宅仕事の種類などを調査したので、分かったことを報告します。

スポンサーリンク

在宅仕事のメリット

在宅仕事

  1. 「独りで集中して作業するのが好き」という人には天国の環境
  2. 仕事中に音楽をかけたり、仕事環境を自由に調整できる
  3. 他人とのコミュニケーション量が、会社勤めの人のそれよりも圧倒的に少ない
  4. 自分の好きなことで稼いでいける可能性が高い
  5. 仕事を終わらせるのが早い人は、その日の仕事は3時間で済ませてあとは自由時間、ということも可能
  6. 自宅で仕事ができるため、無駄な通勤時間・通勤費用などがかからない
面接や会社が嫌?それなら悠々自適な個人事業主という働き方!
会社に勤務せずに、自分で考えて生計を立てる「個人事業主」「自営業」という生き方は、収入が不安定だったり、特殊なスキルが必要だ...

男性会社員へのアンケート調査では、「もしも自社で、在宅勤務の制度が導入されたら、在宅勤務をしたい」という回答が51%となり、過半数の会社員が在宅勤務に憧れているようです。(2016年、アイリサーチによる調査結果)




在宅仕事のデメリット

  1. 悪い意味で「誰にも強制」されないので、仕事をサボりがちになる
  2. 収入が不安定になりがち
  3. 在宅仕事であろうと、仕事を取ってくるための「営業活動」と他人とのコミュニケーションはほぼ必須
  4. 誰かに成果を確認してもらったり、ほめてもらうことがほぼ無いので、モチベーションを維持するのが難しい
  5. 在宅仕事は運動量が激減するので、運動不足で不健康になりがちになる
  6. 大金を稼ぐためには、特殊なスキルが必要になる
  7. クライアントから四六時中電話がかかってきたり、その日の仕事の止めどきが分からなくなったりと、仕事とプライベートの境界線が消えがちになる
  8. 何か問題が起こった場合、その損害は、会社ではなく自分に向かってくるので、大損失や破産することもある
想定の範囲外祭り!独立起業して初めて分かる会社経営の世界
会社勤めのサラリーマン達が一度は抱く夢の1つが「起業」。「もしも起業していたら、俺の人生はもしかしたら…」と期待と不安を抱く...

在宅仕事の実例

在宅仕事

テレコミューター

会社に通わず、自宅で会社の仕事をする勤務形態。

在宅ワーク

ネットなどを使って、在宅で仕事をしてお金を稼ぐ労働形態。自営業も在宅ワークと見なすことができる。



スポンサーリンク



在宅ワークの例

  • ライターのような執筆系
  • 楽器演奏の指導や、作曲して曲を売る
  • データの入力作業
  • 内職
  • 転売
  • ブログを使ったアフィリエイト

現代の在宅ワークで最も人気が高いのは、「ブログを使ったアフィリエイト」です。

ブログを開設して、そのブログに、商品やサービスの紹介文章を書き、そのブログを経由して商品やサービスを購入してもらうと、紹介料として金銭が支払われるという仕組みです。

在宅ワーク無職ニート

アフィリエイトをするためには、アフィリエイトサービスの最大手のA8.netに利用者登録するところからまず始めます。

→A8.net公式サイト




在宅仕事についての、ネット上の意見

在宅仕事特徴メリット

「フリーライター」って
かっこいいイメージがあるから、みんな格安で仕事を請けてしまう。
雑誌やサイトを作る人達の中で、フリーライターの待遇や実入りは最底辺に近い。

在宅ワークに憧れる人達が
最初に手を付けがちなのが「転売」。
しかし、思ったよりも手間暇かかったり、あまり儲からなかったり、大量に在庫を抱えるリスクのせいで、
多くの人が転売から撤退していく。

「クラウドソーシング」は仕事単価が安すぎて、
必死に大量の仕事をこなしても、食べていけるくらいに稼ぐのは不可能に近い。
あれは、クラウドソーシングサイトを運営している会社が、ユーザーが他のユーザーへ仕事を発注する際に発生する「手数料」を吸い上げるためにあるもの。

内職みたいな「誰でもできる単純作業」は、労働力がとことん安く買い叩かれる。
誰でもできて、みんなやりたがるから、その人が文句を言い出したら、他の人にやってもらえば良いだけだし。
「自分にしかできないこと」を突き詰めていかないと、安く買い叩かれる流れからは脱出できない。

個人事業主として自由に働いてきて判明した独立に必要な5つの力
この世には、会社勤めのサラリーマンに適した人と、適さない人の2種類がいますが、「会社に勤めなければだめなんだ…!」という強迫...

「この作業が好き・得意で、これからももっともっとスキルアップしたい!」
って人なら、ぜひとも在宅で続けてみるべき。
好きなことだから、やっていて苦にならないし、伸びしろも大きい。
最初は低収入時期が続くが、そのうちそれだけで生活していけるようになるから。

Web関係で自営を始めてもう10年だけれど、
自営って良いよ。
独りで、好きなことで自由にお金を稼いでいく毎日は、収入が高い低いでは計れない希少価値がある。

「誰かに使われる人生」って面白くないよな。
誰かの言いなりになって、一生を終えるだけ。
個人事業主でやっていきたいと常々思っているが、何でどうやって稼いでいけば良いのかさえ考えつかない。

コーヒーは危険な薫り?潰れやすいカフェ経営に学ぶ起業失敗例
会社を辞めて、自分のお店を出したい!と思っている人は多いと思います。雑貨店や、飲食店や、お店の種類は様々ですが、ロマン要素が...

在宅ワーカーは、その大部分が内職程度の小銭しか稼げない。
だから、みんな外へ出て会社で働いている。
在宅ワークで小銭以上を稼ぎたかったら、何年も継続して積み上げるとか、特殊な才能が必要。

在宅ワーク・個人事業主は向き不向きがはっきり分かれている。
起きている間はずっとその仕事を考えているのが平気な、ワーカホリック気味の人とか仕事=趣味みたいな感覚の人には天職。
そんなことはとうてい耐えられない!って人は、オンとオフの時間がはっきり分かれている会社勤めの方が良い。


仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ