資格も取りやすく正社員就職も簡単な介護士が無職の救いの道

kaigorec6

学生時の就職活動が上手くいかなかった人や、無職の方やニートの方が、どうしても働かざるを得なくなったとき、「介護」の仕事が就職しやすくておすすめです。

たしかに仕事はキツいのですが、「誰でも歓迎!」という参入の敷居の低さは魅力的ですし、実は数年も働けばデスクワークにも移れる、介護の仕事について調べてまとめました。

スポンサーリンク

人手不足に反して需要の高さから誰でも介護士になれる

kaigorec1

介護職は医療系で、専門的な分野ですが唯一、未経験無資格でも働くことが出来ます。未経験の場合、仕事内容は介護ヘルパーの補助になりますが、それでも医療系の中で無資格で働けるのは介護職だけです。

介護職はご存知の通り人手不足で、なり手の少なさと需要の多さがアンバランスです。
そのため、資格取得支援が強く、未経験無資格でも、派遣社員として働きながら資格取得をサポートして、資格取得したら正社員にする、という未経験者の進路が充実しています。

30代の求職者にとって、働きながら、おまけに資格取得のサポートが手厚い業界というのは介護職しかありません。

介護職に就職する人は30代、40代が多く、年齢層も比較的高いので、物怖じする必要もありません。
介護職は今や30代や40代の職の受け皿として人気になっているのです。




介護士の仕事

kaigorec2

介護職の仕事は、高齢者やサポートを必要としている人々の身の回りの生活を支援することです。
仕事の場としては、利用者の自宅や老人ホーム、デイサービスなどの施設があります。
無資格でも働ける仕事もあり、働きながら資格の取得を目指すこともできます。
介護福祉士、社会福祉士、ケアマネジャーなどの資格を取得することで、それぞれに専門領域でのステップアップをはかることが可能です。

就職先に困っている無職やニートの受け皿として機能

kaigorec3

就活をしたことがある方ならご存知と思いますが、介護・福祉関連は他の職種より求人が多くあります。

しかも、派遣・アルバイトなどの非正規雇用が主流になりそうな現代でも、正社員での募集も比較的多くあるのです。

老人ホームやデイサービスなどの介護スタッフは、必ずしも介護の資格がいるわけではありませんが、正社員での雇用となれば、やはり資格が必要となってきます。

まず何より、資格を待たず、家族の介護などもしたことがなければ、どんなことをしていいのかもわからず不安なだけです。

仕事のお相手は生身の人間なのですから、何の知識もないままに介護の仕事に就いても「もしケガをさせたら・・・」など、必要以上に臆病になってしまうものです。(私は初めそうでした)

もちろん資格だけあっても実践や経験がともなわないとうまくいかないことも多いですが、介護の業界においては資格社会であると言えます。

そのため介護福祉士をはじめとして、さまざまなキャリアアップ、スキルアップのための資格が用意されています。

介護の資格を取る人は多く、就職のためにはもちろん、家族の介護のためという理由もあります。

以下に介護の資格を取ることの主なメリットをあげてみました。

介護の資格のメリット

① 年齢・性別を問わず取得できる



スポンサーリンク



② 1度取得すれば以降は更新などがない

③ 日本全国どこでも通用する資格である

④ 比較的短期間・低予算で資格取得できる

⑤ すぐに仕事や生活に活かせる

介護士の需要は高く食いっぱぐれない仕事

kaigorec4

日本が少子高齢化で超高齢化社会を迎えることは避けられません。

そのような社会で高齢者の介護は必要不可欠なことであり、介護を受ける利用者は確実に増加していきます。

現在でも人手不足といわれる介護の仕事では、外国人のスタッフを雇い入れるなど、スタッフを確保するためにさまざまな工夫や苦労がなされています。

超高齢化社会が進む今、2025年には高齢者の人口は3600万人に達するといわれ、総人口の30%を越えると予想されています。

それに伴い、介護が必要な人口に対して介護職が100万人不足するとも言われています。

少子高齢化と人口減少によって日本の経済活動は縮小していきますが、そんな中でお客様が増加する数少ない業種が介護業界と言えるでしょう。

kaigoreex1

「MedFit(メドフィット)」は無料で利用できる介護士求人サイト。無料でごく簡単に登録完了するサイトで、後は介護士就職のサポートを向こうから勝手にしてくれるので、自宅にいながら簡単に介護職を探すことができる、ブログ管理人推奨の、とても使いやすい求人サイトです。




介護で働きながら楽な事務へと異動することもできる

kaigorec5

今は介護事務という仕事の浸透率が低く、認知度もあまりない事から、介護施設で働いている介護福祉士やケアマネジャー、へルパーの人達が兼業で介護事務をしている所が多いです。

その為に、介護事務の求人が少ないのも現状で、介護事務としてだけで働くという事が難しいです。しかし介護事務の仕事を将来的に主としてやっていき たいというのであれば、まずは介護福祉士などとして介護施設に就職する、そして介護事務に変えてもらうというルートもあります。

ただ、介護事務というのは、だいたい一つの施設で1人の場合が多く、いきなり1人で介護事務を行うのには分からないことやプレッシャーも多くなると思います。

介護福祉士など別な角度から介護に関わる事で、のちに介護事務に大きく役に立つ事はあるでしょう。

介護事務の資格は合格率70%と高く、医療事務と比べても取りやすいと言われています。通信でも資格を取れますので、まずは介護事務の資格を取得するといいでしょう。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ