浮気や会話無しで荒廃した家庭は、離婚弁護士に清算要請しよう

離婚方法弁護士

「結婚生活にはまず恋愛感情ありき!」という恋愛至上主義が世の中に行き渡った結果、「そういうことなら、年月が経って恋愛感情が無くなったら結婚生活もお終いだね」と簡単に離婚へと進むようになってしまいました。恋愛至上主義が広まる前は、結婚という契約はむしろ男女間の恋愛感情抜きで家同士の結びつきと、しっかりと子孫を残すことが結婚の大目的だったわけですが…。

離婚が普通の事になってきた現代では、離婚には「離婚弁護士」を味方に付けた方が色々な点で有利なことを解説します。

スポンサーリンク

離婚を有利に進めるために離婚弁護士を味方につけよう

離婚方法弁護士

離婚弁護士に依頼することで得られる3つのメリット

弁護士が間に入ってくれるので相手と顔を合わせずに済む

養育費についての話し合いや、雑多な離婚手続きは、依頼した弁護士に代行してもらうことができます。

「もう相手の顔も見たくない」という方も多いので、自分が交渉の場に立たずに済むのは非常に気が楽です。

正確な法的判断を弁護士に任せられる

正式な離婚をするためには法的手続きが必要なので、法律の知識が乏しいと親権を決める際に不利に追い込まれたりします。

離婚弁護士を味方に付けると、法律の専門家から正確なアドバイスを受けることができ、離婚調停の際に有利に立ち回ることができるようになります。

調停委員への対策をしてもらえる

「調停委員」とは、離婚調停の際に中立の立場で夫婦それぞれの言い分を聞き、調整案を出す男女2人組のことを指します。

調停委員が夫婦それぞれから聴取した内容が裁判官へと伝えられ、その内容をもとに離婚裁判が進められます。

そのため、調停委員からの心証を良くして、いかに彼らを味方につけるかが離婚裁判でのカギを握るといっても過言ではありません。

離婚弁護士に付いてもらうと、調停委員への正しい接し方・好まれる話し方などを指導してもらえます。また、調停委員が担当する人物に弁護士が味方に付いているとなると、ぞんざいには扱えないため、調停委員に丁寧に対応してもらうことも可能となります。



スポンサーリンク






簡単な方法の「協議離婚」ではほぼ養育費を受け取れない

シングルマザーの大部分が養育費を受け取れない理由

  1. 日本の離婚は、裁判所を通さない「本人同士の話し合いのみの離婚=協議離婚」が9割であり、協議離婚は離婚届を提出するだけのもの
  2. 「協議離婚」は、養育費支払いの法的義務が無く、元妻側は支払われないと泣き寝入りをするしかなくなる
  3. 調停離婚・裁判離婚のような裁判所を通した離婚では、74.8%の割合で養育費についての話し合いがなされている。しかし、協議離婚では30.1%しか養育費の話し合いがなされていない(厚生省の統計より)

日本のシングルマザーが貧困生活を強いられやすいのは、日本の離婚の9割が「裁判所を通さない、離婚届を提出するだけの協議離婚であるから」です。

離婚を希望する女性の方は、手間と費用をかけてでも離婚弁護士を通してしっかりと離婚裁判を行ったうえで離婚しないと、離婚後は子どもの養育費をほぼ受け取れない状況になってしまいます。離婚後、継続的に養育費を受け取っているシングルマザーは、離婚者全体のわずか2割程度です。

離婚にためらいが無くなった現代女性…もはや結婚はオワ婚?
「結婚は人生の墓場」という格言が昔から連綿と受け継がれてきましたが、現代ではさらにその先まで進化した「結婚は人生の地獄」とい...

離婚へと突入する夫婦にありがちな事

離婚方法弁護士

  • 夫婦が、お互いに必要最低限の会話しかしない
  • 相手を「汚いモノ」として認識するようになる
  • もはや夫婦喧嘩さえも起こらないようになり、お互いに無視し合うか、喧嘩が始まっても片方が黙ったままうんざりした態度で部屋から去っていく
  • 家の中の廊下で鉢合わせをすると、何とも言えない恐怖感・嫌悪感を味わう
  • 朝会社に行く辛さよりも、夜に会社から帰宅する辛さの方が大きくなってしまう
  • お互いに家にいるのが嫌なので、外出が多くなったり、家以外の場所に寝泊まりするようになる
離婚秒読み段階!無視や喧嘩など離婚寸前の荒廃した家庭の特徴
いがみあいや無視しまくり、時には暴力も振るわれる、離婚寸前の荒廃しきった家庭はいったいどんな感じの修羅場なのか? 人間...
夫婦の離婚が確定した壊滅家庭の殺伐とした空気がもう怖すぎる
夫婦間の愛も冷え切ってお互いが結婚生活に耐えきれなくなり、離婚が確定的になった後も、離婚が実行されるまではしばらくの時間的猶...




離婚寸前の荒廃した家庭内状況

離婚方法弁護士

離婚寸前の荒廃した家庭状況では、夫婦は「家庭内別居」の状態にあることがほとんどです。

家庭内別居状態では、夫婦はお互いに会話をすることもほとんど無く、顔を合わせるのも嫌なため、「いっしょに住んでいる意味が無くなった」と男女どちらか・もしくは両方が判断し、別居を始めるか、その前にダイレクトに離婚へと進んでしまいます。

離婚方法弁護士

両親の離婚は、子どもの生活環境も一変させてしまうため、大変な負担をかけることになってしまいます。

離婚の際には、ちゃんと家庭内に子どものための居場所を確保してあげることと、子どもの意見を聞いて、それを今後の取り決めに反映してあげることが大切です。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ