親自らが勉強しよう!高学歴親の学習塾や英会話で教育成功例

高学歴親教育成功

たとえ両親が高学歴で、良い仕事に就いていて教育資金も潤沢であっても、子どもの教育に失敗してしまうケースは珍しくありません。エリートならではのプライドと気負いが、子どもをダメにしてしまう、という現象も起こりやすいようです。

高学歴な親がおちいりがちな教育失敗パターンと、それとは逆の学ぶところが多い高学歴ならではの教育成功パターンを調べてまとめました。

スポンサーリンク

2種類に分類される高学歴な親

高学歴親教育成功

1. 高学歴な家系エリート

3代、4代と続いた、その地域に根付いた名家出身のタイプが当てはまるのがこの家系エリート。父親の帝王学などを刷り込まれながら育ってきたケースが多いのが特徴です。

2. 高学歴な頭脳エリート

優秀な頭脳を武器に、エリートと呼ばれるキャリアを形成してきたタイプが当てはまるのが、この頭脳エリート。有名企業のサラリーマンや、国家公務員、法曹関係などの職業についている場合が多いです。

1. 家系エリートがはまる5つの落とし穴

家系エリートがよく陥ってしまうのが、下記の5つのこと。

  1. 「家柄・血筋」が万能だと信じている
  2. 自覚症状がない過干渉
  3. 勉強以外で子どもの才能に目を向けない
  4. 恵まれた環境に甘えて脆弱な子育てをしてしまう
  5. 一般社会の常識とのギャップに、親も子も気がつかない

恵まれた環境ゆえにタフな子どもを育てることに失敗してしまうこともあるようです。

2. 頭脳エリートがはまる5つの落とし穴

同様に頭脳エリートにも子育てに陥りがちなことが5つあります。

  1. 自分の子供に対する自信
  2. 知育優先で、しつけを軽視してしまう
  3. 情報に流されて自分で分析できない
  4. 公立が悪であり私立が善だという意識
  5. 子どもの目的意識の欠如に気づかない

自分が頭脳を武器にしてキャリアを形成してきたため、自分のこどもが学業が出来ないはずはないと考えてしまう傾向があります。

現実の社会状況に合わせて子供を強く育てる為の6つの重要な教育
結婚して子どもが生まれても、親となった人の誰もが子育ての素人で、毎日ぶっつけ本番で教育をするしか方法がないため、どうしても他...
安全で安心な質の高い中学校で子どもを学ばせる中学受験の魅力
まだ心身共に幼い小学生に受験競争を強いることや、私立中学校の学費の高さなど、たしかにリスクはあるものの、劣悪な学習環境の「公...



スポンサーリンク






子どもが高学歴のニート系になりやすい教育パターン

ブラック人材特徴解説

高学歴ワーキングプアにしやすい親の特徴5つ

(1)「とにかく勉強さえできればいい」と教える親
学歴があると、色々な可能性に挑戦しやすくなります。それで、「子どもの仕事は勉強だから」と偏った考えを持ち、生きていく術を教えない親が増えています。

(2)「学歴が全て」「人生は学歴で決まる」と教える親
「いい大学に入れば、将来は安泰」といったような安直な考え方を教えると、
子どもは大学に入ることだけを目標にしてしまいます。すると、その後の目標を自分で見つけにくくなります。
子どもの個性を尊重して、学歴以外にも大事なことがあることを
しっかり教えないといけません。

(3)自分の娘にちゃんと”女子”教育をしない親
才色兼備と呼ばれる女性はやっぱり、”女性らしい”と思いませんか?
もちろん、単に女性らしければいいというわけではないです。ただ、社会に出たら他人の目を意識したり、どうすれば好かれるかを考えたりすることも必要になりますよね。
勉強のことで頭をいっぱいにすると、視野が極端に狭まってしまい、自分が他人からどう見られているのかを全く考えなくなることが多いです。

(4)自分の息子の前で父親を否定し続ける親
男の子にとって、父親は重要なロールモデル(模範、手本)です。
「お父さんみたいになっちゃダメ」と父親を否定すると、子どもが”理想の大人の男性像”が描きにくくなります。反面教師にして頑張る男の子もいますが、親の言葉は呪縛となりやすいです。

(5)子どもの教育だけが生きがいになっている親
最後は、最もありがちな教育ママ・教育パパ。このような親も、子どもを高学歴ワーキングプアにしやすいです。
やっぱり子どもの教育だけに情熱を傾けてしまうと、子どもは親の意見ばかり気にするようになります。すると、自分で何か行動しにくくなります。

高学歴ニート…勉強はできても主体性の欠如や高プライドで脱落
驚くべきことに、あの「東京大学」でさえ、学部卒業後に就職も進学もしない進路不明者が全体の2割にもおよぶそうです。この2割は、...




教育に成功する高学歴親の家庭環境と教育方針

高学歴親教育成功

例えば、お茶大の調査結果ですと、低学力の子どもの保護者の特徴として
・携帯でゲームをする
・カラオケが好き
・スポーツ新聞、女性週刊誌を良く読む
・テレビが好き
・競馬、パチンコなどのギャンブルが好き

逆に高学力の子どもの保護者の特徴としては
・家庭に雑誌や漫画以外の本がたくさんある
・(携帯よりも)パソコンでメールをする
・新聞の政治経済欄を良く読む
・美術館などによく行く
・食事の時にテレビを見ない

等々が挙げられていますね。
これは、つまり家庭の「文化」と学校の「文化」の親和性が高いということで、そのため、子ども達が教師の言葉や学習の言葉に対して、親しみを感じ、理解力が高くなるためではないか、と言われています。

教育社会学では常識です。特に難しい論文でなくても、一般向けの書籍でいくらでもそうした調査結果は出ています。
もちろん、個々には「例外」もありますが、統計的には(つまり確率的には)はっきりと有意に差があります。

そのほかにも、親自身が学校の学習内容を勉強し直して、子どもといっしょに勉強を進めてあげる、高品質な学習塾や英会話教室をしっかり下調べした上で子どもに通わせる、など、意欲的な教育態度をもっていることが特徴です。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ