医療保険に自動車保険!重要度が高い保険を知って保険の見直し

生命医療保険必要性

いざという時に頼りになる各種の「保険」ですが、そのいざという時がなかなか訪れないのもまた事実。ばくぜんとした不安から、あれもこれも…と保険勧誘員に勧められるがままに保険に加入しまくっていると、無駄なお金を続けている可能性が高いです。

本当に必要度の高い保険とは何なのか?生命保険から自動車保険まで、重要な保険について調べてまとめました。

スポンサーリンク

医療保険は不安が強い人向け

生命医療保険必要性

貯蓄への不安

30代で家庭を持ち始めた頃というのは保険以外にも出産や養育費、住宅ローンなど様々な出費が必要となり、なかなか貯蓄にまわせる余裕が持てないことも多いものです。今後の収入や貯蓄に十分な見通しが持てない場合は、「貯蓄+保険」でバランスよく備えることが最善となります。

がんへの不安

今や、2人に1人が発症し最も身近で怖い病気が「がん」です。がんの治療費の平均は50~100万円程度とされています。身近にがんを経験した人がいるなど、貯蓄のみでがんに備えることに不安を感じる方は医療保険による備えも検討したいところです。

将来の医療制度への不安

人口の減少と高齢化による社会保障費の増大により、日本では将来的に医療費の自己負担の割合が高まっていくことが予想されています。

こうした将来的な自己負担増に不安を感じるなら、貯蓄や公的保険のみならず、民間の医療保険もあわせて備えることを検討していきたいものです。

医療保険について考える前にまず押さえておきたいのが、そもそも私たちはすでに国民健康保険(主に自営業)や健康保険(主に会社員)などの公的保険に加入しているということです。

民間の医療保険に加入するということはつまり「第二の医療保険」に加入するということです。

しかし、日本の公的保険はそれだけでも大きな保障を持った優れた保険です。その主な特徴は以下の通りです。

「3割自己負担」
医療費の自己負担額を3割とする制度。70歳以上は原則1割負担だが、70歳以上75歳未満は2割、現役並み所得者の場合は3割負担となる。

「高額療養費制度」
医療費の一ヶ月あたりの負担上限を定めた公的制度。上限は収入により3つの区分があり、一般区分であれば一ヶ月の医療費の上限は約9万円に抑えられる。

「後期高齢者医療制度」
75歳以上の高齢者は医療費の自己負担額は1割に抑えられ、1ヶ月の治療費の負担上限は約4万円に抑えられる。



スポンサーリンク



このように、日本の公的保険制度はそれだけでもとても充実しているので、そもそも民間の医療保険には加入せず、「公的保険と貯蓄だけで備える」というのも、選択肢のひとつとして十分あり得るのです。
このように、日本の公的保険制度はそれだけでもとても充実しているので、そもそも民間の医療保険には加入せず、「公的保険と貯蓄だけで備える」というのも、選択肢のひとつとして十分あり得るのです。

保険マンモス…95%が満足!生命保険等の各保険を無料相談
いくつかの保険に加入しているけれど、いつまで経っても何も起こらないし、ムダにお金を消費している気がする…。そんなモヤモヤした...




条件次第では必要になる優先度の低い保険

生命医療保険必要性

家を購入したら

  • 火災保険
  • 地震保険

家族(子どもなど)ができたら

  • 生命保険(死亡後に家族に保険金が支払われる)
  • 学費保険

海外旅行へよく行くなら

  • 海外旅行保険

ペットの医療費に備えたいなら

  • ペット保険

既存の保険をより強化したいなら

  • 介護保険
  • 個人年金保険

これらの保険は特定の限定的な条件下でのみ必要になってくるので、通常、優先度が低い保険です。資金に余裕があったり、条件を満たして必要になった時のみ、加入を検討するのが良いでしょう。




車を運転するなら自動車保険は非常に重要度が高い

生命医療保険必要性

交通事故の際に自賠責保険の対象にならない部分があります。「自車の損害」「自分の死傷」「相手車の損害」「相手の死傷の内自賠責上限を越えた部分」 「建物等の損害・休業損害」「動物(ペット)の死傷」・・・このように考えた場合、自賠責保険の機能しない部分がたくさんある事がわかります。

自賠責保険が無いからといって、法的賠償義務を免れたり賠償義務のない自分のケガや車の損傷が消えてなくなるものではありません。この部分をカバーする方法のひとつとして、任意保険があります。自分に充分な賠償能力があるといった場合であれば、任意保険の必要はないのかもしれません。自らが事故処理にあたるか弁護士を使って事故処理にあたる。その上で充分な賠償能力があるとしたなら、大丈夫でしょう。

※結論
任意保険は必要というわけではないが、賠償手段の内の一つ。他に手段があるのであれば、契約の必要性は薄い。ただし公道を走る以上、絶対に事故がないとは言い切れないし、当然賠償義務をかぶることもある。
自賠責保険は極限られた場面でしか利用できない。自賠責保険のみで全てを賄うことはできない。

  • 自動車保険には自賠責保険と任意保険があり、自賠責保険は車を持っている人は自動的に加入している。
  • 自賠責保険だけでは不足することがほとんどなので、自分で任意保険を探して加入したほうがよい。
  • 任意保険は、自賠責だけでは足りない損害賠償への補償(対人賠償・対物賠償)が基本。保障額は無制限にするべき。
  • 対人賠償・対物賠償以外の、その他の補償(車両保険など)については、各自が必要性に応じてつけるかどうかを考える。
  • 補償内容のほか、車種や自分の年齢、運転者の限定などによって保険料は変わる。
  • 任意保険に加入後、事故がないまま年数が過ぎれば「等級」が上がり、保険料は安くなっていく。反対に、事故があって保険を使うと「等級」が下がり、保険料は高くなっていく。
  • 任意保険に加入するには、車のディーラー、保険代理店などを通じて入るほか、一括見積もりサイトなどを使って自分で保険会社を探して申し込めばよい。
  • 事故が起きた場合は、加入している任意保険の保険に届け出る。
  • 事故の加害者・被害者双方の過失割合によって、支払われる保険金が決まる。保険金の請求は加害者からでも被害者からでもできる。
予想以上の大人気で品薄状態!残りわずか




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ