えり好みしなければいける!Fランク大学生の就職情報まとめ

Fランク大学生就職活動

有名大学在籍の4年生でさえも内定を取るのに苦労するこのご時世、有名大学ですらないFランク大学の大学生の就活事情はどうなっているのか?

「ああ、やっぱり……」といった感想を抱く一方、意外としぶとく内定を勝ち取ったりもしている、Fランク大学就活戦線について調べてまとめました。

スポンサーリンク

Fランク大学生は意外にもたくましく就職しているらしい

Fランク大学生就職活動

「入学時に四則演算がまともに出来なかったり、小学校で習う常用漢字が書けないというのが、Fラン大学生の実情です。でも、大学生全体の就職率の中で言えば、Fラン大学が特化して悲惨とは言えない

こう語るのは、当のFラン大学で講師を務めるD先生。意外な実情を話してくれた。

例えばある程度以上のランクの大学卒業生は、その大学を卒業『するからには』ということを意識してエントリーシートを出していくため、そもそも過当な競争の中で『お祈りメール100通』といった事態が起きてくる。専門性の高い学部の卒業生についても、選択する職種の幅が狭いためにそうなりがちです。ですが、 例えば入学時の偏差値が40付近といった最底辺の大学でも、福祉系の短大なら介護系求人などが充実しています。一方で、国際○○学部、総合○○学部といった何の専門性があるのか分からない学部の生徒については、在学時代の専攻とはまったく無関係な就職先に入っていく傾向がある」

そもそも就職先を選り好みしないFラン大学生は、意外にも逞しく生きているようだ。

“Fラン”と割り切れる学生は強い

基本的に、非常に低所得。だが就職に挫折したり、昨今の『就活に挫折し続けてうつ病に』といった悲壮感は、いまいち感じない。前出D先生は、その理由を「Fランの割り切り」と言う。

「Fランとバカにされますが、彼らはしたたかで逞しいです。その理由は、第一に彼らの親に経済的な余裕がないから。実際に就活相談を受けても、常に出る言葉が『親のこととか考えると遊んでられない』という言葉で、学費や大学在学中の生活費を『親からの借金』と捉えて卒業後に『返済していく』という意識の学生もこの5年ほどで一気に増えた感覚があります。以前の高卒就職先がFラン大学にシフトしているというご指摘はその通りで、彼らは就職先に選り好みをしないし、在学中もよく働くし、一昔前の『大学生のモラトリアム』は、いまのFラン大学生には当てはまらない。確かに信じられないほどバカですが、働かなければ生きて行けないという感覚が非常に高い彼らは、ある意味高偏差値の大学に通う学生よりも『目覚めている』って印象を受けるんですよ

Fランク大学…低偏差値すぎて誰でも入学可の無名底辺大総称
昔よりもずっと大学進学率が上がりましたが、偏差値が高くて有名な大学の定員は限られています。かなり多くの人が、無名&低...




Fランク大学生の就職先の特徴

Fランク大学生就職活動

なんにしても、Fラン大学生が大手ホワイトカラーに就職した奴は少ない
大手有名企業の子会社に入っただけでキャリアセンターから歓喜の声があがり
大学中の教授の間に噂されるほどだ。
半分くらいのやつが小売とかサービス業とかに就職する。
難しいことが少ないからそれはそれでいいのかも知れない。

Fランは、高学歴に対抗するのは無理だが
退学さえしなけりゃ就職くらいは可能だそ。もちろん正社員。
ただ個人の資質がどうしようもなくク/ソなら、学歴の盾は無いから落ちるのは当たり前だし
社内に学閥とかあったら除け者になるのも必然。
退学者は論外。

学校に説明会来てくれる企業にエントリーしてけばだいたい受かる

選ばなければどうにでもなるって先輩が言ってた。怖い

元Fランだけど、卒業生のフリーター率かなり高いよ
かなり良くて営業、警察官
大学出て、飲食や自衛隊とかが主



スポンサーリンク



大阪のガチF卒業したけど、上位数%が地銀、公務員だったな。
その次が家電量販店、自動車ディーラー、ブラック中小、約半数は就職できずにフリーターしてたわ。
俺はブラック中小だったけど、嫌気がさして勉強して、今は地方公務員。

使えるコネは使うべき。特に親のコネ。
実力勝負とか言ってるばあいじゃない。
あと、Fランは、営業か工場の現場のどちらかしかないから、人の顔と名前を覚えるのは必ず必要。そういう訓練はしておけ。

Fラン大だが、正直自分の頑張り次第やで。 4年のこの時期に内定あるやつもいればないやつもいるし、大手の内定もらってるやつもいればブラック内定もらってるやつもいる。 いろんな会社を受けてフットワーク軽めに行動しておけばおそらく大丈夫だと思う

世の中高卒人口ってのは予想以上に多いということ

Fランつっても同年代の上位半分だから学歴としては悪くないんだよな 理系なら優良企業にも行きやすいし、文系は自分次第かな

就職先を選ばなければF欄でも就職はできる。ソースは私。 まわりを見ても、大手、ホワイトへの就職はかなり厳しいが、中小にアピールすればなんとかなる。教師、公務員の方向は勉強次第の完全実力主義。 就活で学歴はスキルの一部として不利になるのは事実だと言えるし、なによりF欄はアピールポイントがないのがネック。まわりがダラけてるなかで、自分が流されないで何かしら行動できるかどうかがカギ。

F欄の奴は自分自身も周りからもアホと認識されてるから「だったらどうすべきか」を考えてる奴が多いんよ 向上心も無いから高望みしないし就職はそこそこ無難な場所に行く 真面目に授業出て中退しなければ平気よ

就活経験者が語る後悔した事とこうすれば良かった事まとめ
自己分析や企業分析も済み、いよいよエントリーや会社説明会や面接が本格化してくる時期。就活を終えた先人達が語る「こうしておけば...




Fランク大学生は大手にこだわらなければ内定をもらえる

Fランク大学生就職活動

Fラン大学生にはどうやっても通ることが出来ない学歴フィルターが存在します。

一番のポイントは、そういった企業に応募して余分な力を使わないこと。

もうはっきり言います。Fラン大学生が学歴フィルターのある企業の説明会に行っても、ESを送っても無駄なんです。

通ることはほぼありません。十中八九不採用通知がきます。

そして不採用通知を受け続けることはあなたが考えている以上に就活への気力を奪われます。

無い内定の学生は何人も見てきましたが、その多くがいわゆる大手病。

無名大学にも関わらず、大手への就職を夢見て応募し続け、不採用通知の連続に耐えられなくなった人たちです。

まず、自分の大学のレベルに応じた企業を受けて、結果を出すのです。

見分けるポイントは、「学内説明会(わざわざ大学に来てくれる企業は優先採用を行っている可能性も高く、学歴や肩書きではないあなたの本質を見て採用活動を行ってくれます)」と「OBOGが就職した企業」。

狙う企業さえ間違えなければ、あとはリクナビや就活本に書いてあるように普通に就活すれば問題ありません。

「学歴フィルター」という就活の本質とも言える部分から目を背けずに、自分を「Fラン大学生」と認識して就活を見据えているのは立派ですが、必要以上に大学名を気にする必要もまたないのです。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ