少子化が進むし女は働きたくないし…女性の社会進出の問題点

女性の社会進出問題点

女性の社会進出にともなうモノ…それは企業に採用されるために女性が高学歴化する事と、人生に対する仕事の割合が大きくなるために必然的に婚期が遅れたり非婚化する事。

高学歴化は女性が男性相手に自分と同等以上の学歴を求めるようになるために結婚相手の選択肢がいちじるしく狭まり、生活に占める仕事割合の増加はそのまま非婚・少子化へと直結します。

「女性の社会進出」は先進的でキャッチーなフレーズであることは間違いありませんが、長い目で見れば国が少子化へと進む、いわば遅効性の毒のようなもの。女性の社会進出の問題点を調べてまとめました。

スポンサーリンク

女性の社会進出は晩婚化と少子化の原因となる

女性の社会進出問題点

女性が活躍する社会が出来上がってくるにつれて、間違いなく問題になってくるのが「晩婚化」です。

女性が自由に活躍できる環境が出来上がるにつれて「若いうちに頑張って、落ち着いてきたら結婚して子供を産めばいい」という価値観を持つ人が増えてきます。

特に都市部においてその傾向は強いです。

晩婚化が進めば当然出生率も下がります。

少子化になれば労働人口も減り「女性が働くことを自由に選ぶ社会」から「女性が働かなければいけない社会」に変わっていってしまいます。

既にこのような傾向が出てきている地域もあり「結婚したけど旦那の稼ぎが少ないから、賃金が安くても働かなくてはならない」ということに縛られている方も出てきているようです。

女性の社会進出は社会の流れが変わるいいチャンスですが、このようにデメリットも生まれます。

出生率の問題は女性の社会進出の以上の問題となってしまいます。

出生率が下がりすぎるようだと、女性の社会進出への風当たりが強くなってしまうかもしれません。

究極の選択!女性は仕事か結婚か?実は答えはほぼ決まっていた
女性がなるべく人生の早い時点で決断すべきなのが「結婚するか、結婚しないか」。どちらかはっきりと決めてから行動しないと、ただ年...
女同士の潰し合いに出世拒否!女性はそもそも仕事に向かない説
「仕事が好きで、キャリアウーマンになりたい!」という方なら応援しますが、そんな熱意も無いのに、わざわざ若さと結婚の道を捨てて...
今すぐ脱出を!女性の派遣社員は35歳を越えると将来が終わる
女性で派遣社員、という生き方は、のちのち派遣先が急激に減って仕事を失ったり、年をとってしまったせいで結婚できなくなったりと、...




政府が何をどうお膳立てしようがそもそも女性自身が「働きたくない」

ニート生活あるある解説まとめ

「一流企業には入りたいけど、子供が生まれたら子育てに専念したい」

難関国立大学に通う女子学生たちが口々にそう言うのを、一橋大大学院商学研究科のクリスティーナ・アメージャン教授は、複雑な思いで聞いている。みんな成績優秀だが、野心はかつての若者ほどにないと感じる。




スポンサーリンク





アメージャン氏は1980年代に日本企業に入社。ハーバード大を出た自分の仕事は、灰皿の片づけだったのを思い出す。

「過去に比べて改善したと、日本企業は満足してはいけない。国際競争が不可避のいま、男性ばかりの組織が世界でいかに異様かを知るべきだ」とアメージャン氏。多くの日本企業は残業、飲み会で長時間労働が前提だ。家事で夫の助けは、たいして期待できず、子育てをしながら働くことが「女子学生には魅力的にみえない」と指摘する。

共働き世帯が増え、安倍晋三政権が一層の女性活用を働きかける一方で近年、女性の間で専業主婦願望が高まっている。厚生労働省の調査では、独身女性の3人に1人は専業主婦を希望。内閣府の2012年の調査では「夫は外で働き、妻は家庭を守るべきだ」と考える人の比率が前回(09年)より10.3ポイント上昇し51.6%になった。20代では20ポイント近く伸びた。

女性のための社会進出は女性自身がイラつく誰得政策へと暗転
使われずに埋もれている労力を発掘して役立てる…という意味では女性の社会進出は有意義ですが、肝心の女性勢が社会へ押し出される事...
専業主婦…働きたくない!専業主婦になりたい夢見る20代女子
俺は嫁さんにこう言った。 「ゴメンな、いつも大変な思いをさせて」 「主婦の仕事は大変だよな」 「大変なことを君にさせておくわけには...

女性の社会進出を疑問視するネットの声

脂肪吸引痩身効果費用

女が責任感薄くてすぐ感情的になるかは知らんが、少なくとも社員として男より劣ってるってのはあると思う。何故なら女は男に比べて問題解決能力が生まれつき低い。脳の仕組みがそうなってるから。
男ってのは何か問題があった場合、物事を「解決」する方向に脳が働く。しかし、女ってのは何か問題があった場合、物事に「共感」するように脳が働く。
これは仕方ないことで、男ってのは昔は外で狩りをするのが仕事だった。狩りの場で何か問題が起こった時は、それを解決しなければ生死に関わる。だから脳が「解決」するように働くように進化した。
しかし、女は逆に集落で子供を守って共同生活をする。共同生活の場では問題が発生した場合でも死んだりはしないが、周りとの関係が悪いと後々不利益を被る。だから相手に「共感」する能力が発達した。
社員に求められる能力は当然、問題が起こった時にそれに「共感」するだけの能力ではなく、それを「解決」する能力。残酷な話だが、男と女じゃ使える人材に差が出るのは当たり前。「馬と鶏で馬車引かせるのに適してるのはどっち?」ってくらい分かりきった話だ。そもそも生物が違う。
正直「女性の社会進出」なんて聞こえはいいが、不適材不適所を推し進めるだけの茶番でしかないよな。それぞれ得意な分野で力を発揮するべきなんだよ。

でも、そもそも女が社会進出を主張したのが原因だよね
男が働き、女が家庭を守る
それがやっぱり一番なんだよ



スポンサーリンク



恋愛強者だった女性が30歳付近で人生が落ち目に変わる残酷現象
若いうちは完全に恋愛強者だった女性も、ある年齢を境にして急に男性からのアプローチが減少し、人生が落ち目へと変わってしまいます...

所得の低下
雇用の不安定化
非正規雇用の増加
格差の拡大
女性の社会進出の推進
増税
これ全部少子化要因な。つまり政府はむしろ少子化を推進してる。
移民導入の口実にもなるから。

恋愛の最終到達点は結婚という日本人の古い価値観が根底にあって
昨今の経済事情、女性の社会進出、結婚への価値観の変化がある今
男女ともに恋愛が自身のライフワークにおいて優先順位が低くなってしまった事
男にとってはリスクを冒してまでも手に入れたい魅力的な女がいないという事実
女にとっては待ってさえいれば、いつか自分を理想の王子様が迎えに来てくれるバカな妄想
折衷案をお互い見つけようとしないから解決は無理だわ
国が問題の解消をするしかない

女性が働かなかったら社会進出してないという女性蔑視&人権無視だべ
家庭だって社会だろ 家庭で子供育てたりすることを社会貢献だと認めないのがオカシイ

社会「女性を社会進出させろ!!」 零細企業「はい……」
女「突然ですが,結婚するので退職します。」
女「突然ですが,妊.娠したので産休&育休とります」
女「1年間休んでましたが復帰します。勿論ポスト空いてますよね?」
零細企業「もう無理,やっぱり男だけ採用する」
社会「会社に未だ蔓延る男性優遇!恥を知れ!」
何故なのか

出産育児って人生でそう何度もない女性にとって、ひいては人類存続にとって極めて重要な仕事なんだよね
それを軽視して後回し、社会進出を優先するとか
明らかにおかしいんだよ
人類の長い歴史のなかで培ってきた価値観やシステムを急激に変えようとするから社会がおかしくなる

今や公務員の採用はどこもポジティブアクション導入してるみたいよ
男の実質採用倍率は10倍なのに女の倍率は3倍とかザラ
あと一般企業でも政府指針に乗っかって管理職に無理やり女性詰め込んでるとこ多い
俺のいる会社でも、男性社員が40歳前後で管理職になるところを
30歳かそこらの右も左も分からない女性社員を無理やり管理職に押し上げたせいで
部署全体の業務がガッタガタになったことがある

女性だらけの職場にありがちなお局様支配や派閥争いの人間関係
女性が多い職場は女性同士の衝突が多いと聞きますが、具体的にはどんなトラブルが多いのか? 女性だらけの職場に起こりがちな...

40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 22:50:44.33 ID:xBDxsdA40.net
これ(※産休・育休の取得)が許されてしまうから
結局女の採用はますます消極的になってしまうんやんけ

46: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/03/20(日) 22:51:26.83 ID:SlBL9wDp0.net
>>40
女なんか派遣から可愛い子だけ連れて来て事務か受付やらせときゃええねん
正社員にするメリットがないわ
能力もないし

ネット上に女叩きの記事が多い理由を調べてみると闇が深かった
ネット上では「女叩き」に関する記事やコメントが多々見受けられます。その事が良いか悪いかはここでは置いておいて、なぜネット上で...

女性が社会進出すれば社会が豊かになる…?本当に…?耳に心地良い言葉にだまされてませんか?

女性の社会進出問題点

そもそも、社会で会社員として働くという事は、社員を募集している会社に雇ってもらって働かせてもらう、という事。仮に会社が社員を募集していなければ、働きたくとも働けないという状況になります。

不景気下では、「民間の消費が冷え込んでいて、これ以上企業の活動範囲を大きくすることはできない」という理由から企業の数と規模が頭打ち状態となり、それにともなって企業が募集する社員の数も頭打ちとなります。

女性が社会進出したからといって、それはただ社会全体の求職者数が増えるというだけで、企業側の雇用数が増える事にはならない。ここが肝心です。女性の社会進出と、景気が回復して社会が豊かになることは全くの無関係です。

景気が良くなる見通しがあまりない日本の未来では、企業側の求人数が低い段階で頭打ちになることが予測され、女性が社会進出したからといって、ただ男性との就職の椅子の奪い合いが激化するだけです。

それだけならまだしも、最初から婚活と、家庭に入っての子育てに全力を注げば主婦として活躍できたであろう素質をもつたぐいの女性が、「女性の社会進出」という言葉に踊らされていっぱい勉強をして社会に出てみたら、男女が職を奪い合う異常な求職競争率の前に全く就職できず、就職のために人生設計をしてきたので結婚もできずに、八方ふさがり…という悲惨な状況にも陥りやすくなります。一言で言うと、「女性の社会進出」という無責任な言葉に人生を狂わされる女性が激増することが予測されます。

最後にヒントを伝えておきます。「女性の社会進出」を訴えているのは、女性の支持票を集めて政権維持をしたい自民党です。人気取りのための、一見すると「これは良さそうだ」と思えるスローガンに良いように踊らされていませんか?




婚活サービス利用のススメ

bridnet1

「やっぱり、女性の独り身は寂しいし、厳しいかも…?」と感じるようでしたら、結婚難の現代では、専門の婚活サービスを利用することをおすすめします。

■婚活サービス「ブライダルネット」がブログ管理人のおすすめ
1.毎月15000人のカップルが成立している、信頼性の高さ
2.月額3000円程度と、他の婚活サービスよりも圧倒的に安い
3.しかも、「もしもカップル成立しなければ全額返金」という強気な会社
4.東証一部上場の有名で安全な企業が運営
5.入会特典としてQUOカードなどがもらえる

ブライダルネット公式サイト↓



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ