広辞苑…簡潔で的確な解説文が魅力の百科事典的な万能辞書

広辞苑特徴解説

その言葉の意味を、上限から下限まで、短文できっちりスマートに言い表す語句説明が魅力的な、日本の権威ある辞書「広辞苑(こうじえん)」。広辞苑を使っていて、「あっ、この説明なら、ほとんど全ての状況をカバーできる!」と感動したことは数知れません。さすがに重くて大きいので現物の広辞苑は使っていませんが(コレクションとして第5版広辞苑の現物辞書を所持しています)、広辞苑ソフトをPCにインストールし、日々活用しています。

広辞苑とはどのように生まれたのか?どうやったら、あんなに的確で美しい語句説明ができるのか?広辞苑の成り立ちについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

広辞苑とは?

広辞苑特徴解説

広辞苑』(こうじえん)とは、岩波書店が発行している中型の日本語国語辞典である。

昭和初期に出版された『辞苑』(じえん)(博文館刊)の改訂作業を引継ぎ、第二次世界大戦後新たに発行元を岩波書店に変え、書名を『広辞苑』と改めて出版された。中型国語辞典としては三省堂の『大辞林』と並ぶ両雄で、携帯機器に電子辞書の形で収録されることも多い。収録語数は、第六版で約24万語。

出版以来版を重ね、日本国内はもとより、世界の社会情勢や約3,000点の図版、地図などを収録し、百科事典も兼ねる働きを持っている。

広辞苑と大辞林の特徴的違い

①『広辞苑』のほうがマニアックに書いてあります。

たとえば両方で『挨拶』を調べてみると・・・

広辞苑 :「〔仏〕禅家で、師僧が門下の僧と問答して、その悟道・知見の深浅を試みること」
大辞林 :「人と人とが出会ったときや、別れるときに交わす儀礼的な動作や言葉」

②広辞苑は岩波書店の国語辞典。
大辞林は三省堂の国語辞典。

③編集の基準
広辞苑:歴史的背景から
大辞林:現代側から見た背景



スポンサーリンク






広辞苑のコンセプトと語句解説の作成法

広辞苑特徴解説

広辞苑の前身として『辞苑』という国語辞典があり、それは岡書院の経営者・岡茂雄氏の依頼をうけて新村出氏を筆頭にした編者が5~6名で作成したそうです。
その後版元が大手である博文館へ移り、『辞苑』の改訂を重ね、今の広辞苑の形になったとか。
国語辞典に百科事典の内容をあわせ、中高生でも使える一般家庭向けの辞典をつくる、というのがコンセプトだったそうです。

辞書編纂の際、見出し語の選定は「既存の辞書」や「出版社や研究室のデータベース」を利用して行います。広辞苑の場合もほぼ同じでしょう。
そして本文執筆。
新村氏は「雲」という言葉1つについてもノート4冊も使って意味を調べあげたという話があります。
書かれた解説は「雲」の語源や意味、科学的な定義、用法など。
そんなことを何十万もの単語に対して行うのですから、想像を絶するような作業ですね。
『辞苑』を『広辞苑』へと一新した際には7年を掛けて編纂作業を行ったそうです。

広辞苑が辞書の王様として日本で人気の理由

広辞苑特徴解説

○何しろ歴史が古いので,知名度がある。
「『明鏡』(注。大修館書店から出ている国語辞典)によると」などと話しても通じない人は(残念ながら)多いでしょうが,『広辞苑』によると,と言えば,ああなるほどと思う人は増えるでしょう。

○通常の国語辞典に比べ,百科語(専門用語,人名・地名・作品名などの固有名詞,その他)を多く収録しているので,ミニ百科事典として使える。
難しい用語を調べたいとき,いきなり専門的な文献や百科事典を引くのは煩わしかったり,そもそもどの本を見たらいいのか分からなかったりすることもあるので,まず広辞苑で大まかな意味を把握してから,必要があればより詳しい文献に移る方が理解が進むことが多いです。
プロの物書きや編集者の間でよく使われているのは,このへんの理由が大きいのではないでしょうか。

○さまざまな形で電子化されているので便利。
職場や通勤途上で,新聞や本などを読んでいて,ちょっと調べたくなったときに便利です。
また,CD-ROM版も出ていますので,これをPCにインストールしておけば,説明を書くときにすぐ引用できます。




10年ぶりの改訂で発売された第6版の広辞苑のコンセプト

広辞苑特徴解説

岩波書店は2008年1月、『広辞苑』の第六版を出版。10年ぶりの改訂で、目標を超える34万部を売り上げた。編集局副部長の田中正明氏にお話をうかがった。

── 改訂ポイントは。

日本語の移り変わりや社会情勢の変化に対応するため、既存項目を見直し、解説の修正やデータの更新を行いました。新収録語は、カタカナ語、経済、情報通信、環境などの分野が増えているのが特徴です。また、『広辞苑』は用例の豊富さで定評がありますが、第六版からは古典作品に加え、夏目漱石や森鷗外など明治期以降の作品も収録の対象としています。当社発行の『ことわざ辞典』『四字熟語辞典』などの経験を反映させているところもポイントです。なお、重量のある机上版は、高齢の読者にも配慮し2分冊にしました。

── 紙の辞書ならではの魅力は。また、圧倒的な部数と人気の理由をどう分析されますか。

紙の辞書は、調べたい言葉以外の情報も目に入り、知識の広がりを楽しむことができます。字数に制限がないネット百科などは、解説が長く散漫になりがちですが、『広辞苑』は1語につき2行半程度と簡潔でわかりやすいのが魅力です。また、言葉が生まれた背景や原義の解説がまずあって、次に派生した意味や新しい用法が続く構成も特徴的で、言葉の本質や多義性を知ることができるという点でも広く支持されています。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ