魔法少女…変身して戦う女の子の勇気と希望を描くアニメ分野

魔法少女アニメ特徴解説

主に小学生から中学生の女の子が、魔法的な力によって変身(特殊コスチュームをまとってパワーアップ)し、平和を守るために敵と戦う「魔法少女モノ」。女児向けアニメ分野では常に人気を博す王道ジャンルであると同時に、大人の男性向けにも魔法少女アニメはひんぱんに作られ、何年か一度に社会で爆発的にヒットするアニメは魔法少女モノである事が多いように感じられます。

魔法少女モノというジャンルについて調べてまとめました。

スポンサーリンク

魔法少女モノとは?

魔法少女アニメ特徴解説

主に現代を舞台にした作品に登場する魔法や不思議な力を扱うヒロインや、そういった少女が主人公の作品のことを指す。
血筋などで先天的に魔法が使える場合と、不思議な生物などに魔法のステッキ等のアイテムをもらって後天的に魔法能力を付与される場合があり、現在では後者のほうが一般的。
超能力者やアンドロイドのヒロイン(エスパー魔美、キューティーハニーなど)も含まれる場合がある。
少女・女児向けの作品が主だが、近年では男性・大人向けの作品も増えている。

現在では「可愛らしいコスチュームを着込んだ姿に変身する」という要素も魔法少女の類型イメージとして定着しているが、これは1990年代前半に『美少女戦士セーラームーン』シリーズが大ヒットした影響が強い。

敵を素手でぶん殴る女の子達…プリキュアシリーズ人気の理由
シリーズ初代のキャッチコピー「女の子だって暴れたい」が象徴する、キャラクター達の肉弾戦が多い事で知られる魔法少女アニメ「プリ...




主人公達が変身する「魔法少女」の特徴

魔法少女アニメ特徴解説

魔法少女は常に純真で無垢であり、純粋さを別にすれば普通の女の子である。たいていの魔法少女は力を振るうためにコンパクト、ステッキ、クリスタルといったアクセサリーを用いるが、それらの道具が実際に力の源であることは稀であり、ヒロインの純真さこそが愛と命の力を引き出す鍵である。

魔法少女の年齢は多くが10歳から14歳であるが、これは第二次性.徴期にあたる。魔法少女の「変身」は、子供から女性への成熟を象徴している。大人になりたいというのは子供がよく抱きがちな願望であり、魔法少女はしばしばヒロインが成長した姿へと変身する。そうした作品では変身した自分と本当の自分との違いに悩むという二重生活の困難さが主題であり、特に恋愛が絡むと事態はいっそう複雑になる。ヒロインが憧れる少年が、彼女の変身した姿のほうに恋したりするのである。こうした筋書は人々の見た目に惑わされがちな傾向への批評である。

魔法少女モノにありがちな事

魔法少女アニメ特徴解説

1. 主人公は元気がとりえな平凡な女の子
2. でも魔法少女として特別な力を持っていたりする
3. 大体中2
4. ツインテール率高し
5. マスコット的生物がいる
6. マスコット的生物はとんでもない秘密を知っていることが多い
7. 変身する
8. 変身しても思いっきり顔とか露出してる
9. 髪型も同じ
10. 現実にいたらただのコスプレイヤー
11. でもバレない
12. 家族にもバレない
13. クラスメイトにもバレない
14. 親友にもバレない
15. でもたまに好きな男子には見破られる
16. ミニスカート
17. 2000年代からニーハイも目立つ
18. パン.チラはしない
19. そのほか何気に露出が大きい
20. 手足も思いっきり露出
21. 軽装備で悪いやつと戦う
22. しかし擦り傷・切り傷を受けることはまれ
23. コスチュームの可愛さは異常
24. 変身グッズの可愛さも異常
25. 武器の可愛さも異常

巴マミ…ぼっち・マミる等魔法少女まどか☆マギカのネタ要員
2011年放送で、もうかなり前のアニメ作品であるにも関わらず、いまだにネット上で強い影響力をもつ「魔法少女まどか☆マギカ」。...

魔法少女モノの分野と歴史

魔法少女アニメ特徴解説

魔法少女モノは大別すると以下のようなジャンルに分類できる



スポンサーリンク



  • 魔法の国からの来訪者:魔法使いサリー(華の魔法使いマリーベル)
  • 道具を授かって魔法:秘密のアッコちゃん(ぴえろ魔法シリーズ)
  • 大きなお兄さんにも大人気系:魔法のプリンセスミンキーモモ(CCさくら)
  • 戦闘系:美少女戦士セーラームーン(プリキュアシリーズ)
  • 過去の魔法少女のパロディ系&スピンオフ:魔法少女プリティサミー(魔法少女リリカルなのは)
  • 肉体言語:ぷにぷに☆ぽえみぃ(大魔法峠)
  • ダークファンタジー:(魔法少女まどか☆マギカ)

近年で魔法少女モノの歴史に大きな影響を与えた作品

  • 1990年代前半
    • 山吹三姉妹(有言実行三姉妹シュシュトリアン) – 東映実写枠の最後の作品
    • ククリ(魔法陣グルグル)
    • チャチャ(赤ずきんチャチャ)
  • 1990年代後半
    • 沢野口沙絵(魔法使いTai!)
    • 日下部まろん(神風怪盗ジャンヌ)
    • 木之本桜(カードキャプターさくら)
    • MAHO堂(おジャ魔女どれみ)
  • 2000年代前半
    • 高町なのは(魔法少女リリカルなのは)
    • 虹原いんく(もえたん)
    • ルイズ・フランソワーズ・ル・ブラン・ド・ラ・ヴァリエール(ゼロの使い魔)
  • 2000年代後半
    • 秋姫すもも(ななついろ★ドロップス)
    • 桂心(マジカルハート☆こころちゃん)
    • 宮藤芳佳(ストライクウィッチーズ(アニメ版))
  • 2010年代前半
    • 鹿目まどか(魔法少女まどか☆マギカ)
    • すばる(放課後のプレアデス)
  • 2010年代後半
    • 朝日奈みらい/キュアミラクル、リコ/キュアマジカル(魔法つかいプリキュア!)




いまだに根強い人気がある魔法少女作品

魔法少女アニメ特徴解説

カードキャブターさくら

魔法少女アニメ特徴解説

小学4年生の少女木之本桜は、父・藤隆の書斎で不思議な本を見つける。
本の中には美麗なカードが収まっており、そこから羽の生えたぬいぐるみのようなカードの精霊・ケルベロスが現れ、そのカードが大魔道師クロウ・リードの遺産である強力な魔法を宿したカード『クロウカード』であることを明かす。
「クロウカードの封印が解かれるとき、この世に災いが訪れる」
些細な不手際からカードの封印は解けて散らばってしまった。カードが災いをもたらす前に再封印を施すべく、ケルベロスは桜から魔法の才能を感じ取り、彼女にカードを封印する力を託す。
かくしてさくらは、ケルベロスはともにカードの完全収拾を目指していく。
その先に、大きな運命の転機と試練が待ち構えていることを、このときは知る由もなく……

人気作品なだけあり、2009年教育テレビで再放送以来、2年ぶりにデジタル衛生ハイビジョンで再放送され、再放送中にキッズステーション(スカパー!:CS専門ch)で放送される事が決定し、それ以来毎年再放送されており人気が衰えない作品である。(2015年現在)


http://iitokoronet.com/2016/06/15/post-11083/

魔法少女まどか☆マギカ

魔法少女アニメ特徴解説

大好きな家族がいて、親友がいて、時には笑い、時には泣く、そんなどこにでもある日常。
見滝原中学校に通う中学二年生・鹿目まどかも、そんな日常の中で暮らす一人。ある日、彼女に不思議な出会いが訪れる。
この出会いは偶然なのか、必然なのか、彼女はまだ知らない。

それは、彼女の運命を変えてしまうような出会い——
それは、新たなる魔法少女物語の始まり——

魔法少女まどか☆マギカ 少女達の希望と絶望の物語のアニメ
2011年1月から深夜アニメとして放送され、異色の人気を集めた「魔法少女まどか☆マギカ」シリーズ。 どんな願いごとでも...
その名は神名あすみ!まどマギの嘘の魔法少女で釣る作戦が面白い
可愛いビジュアルの魔法少女達と、それに似付かわしくない魔法少女達が背負った悲惨な運命、というギャップで大きな話題と大流行を生...

アニメーション制作はシャフト。原作はMagica Quartet(新房昭之、虚淵玄、蒼樹うめ、シャフトの共有筆名)。新房昭之監督による印象的な演出、『ひだまりスケッチ』の蒼樹うめ氏のキャラクター原案による可愛いらしいキャラクター、『さよなら絶望先生』などの制作に参加した劇団イヌカレー による幻想的な映像(カットアウトアニメーション)、そして虚淵玄氏の描くハードなストーリー展開が特徴。
放送以前の評判は、『可愛らしい蒼樹うめ氏の描くキャラクター』と『暗く、重いシナリオに定評のある虚淵玄』の組み合わせは異色なものだと捉えられ、『登場キャラが誰か死ぬんじゃないか』といったような予想が立てられるほどには、アニメファンの中で話題を呼んだ。
放送が始まった当初は、『可愛らしい魔法少女アニメ』であることを示すようなオープニングアニメーションや、ヒロイックなストーリーで、『正統派な魔法少女ものアニメ』であるかのような雰囲気を醸し出していた。しかし、第3話『もう何も恐くない』でそれを大いに覆す衝撃的な展開が起こり、それ以降は先ほどの予想通りと言える悲劇的かつダークなストーリーが展開される。

2017年冬アニメの視聴継続中の作品 第1位!




仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ