努力家は苦痛の声に鈍感だった!脳と遺伝から見た努力の性質

努力脳科学

人体の中の神秘の領域として、いまだに多くの謎と可能性を秘めている「脳」。科学実験の積み重ねで、神経細胞単位や遺伝子配列といったミクロレベルでの解明はまだ無理でも、「脳全体がどのように働いているか?」というマクロレベルでの現象はいろいろと解明されてきています。

「努力」ができる人は、どのような脳の働き方をしているのか?科学的視点から見た「努力」の構造を調べてまとめました。

スポンサーリンク

努力できる人は努力できない人とは「脳の働き方」が違う

努力脳科学

人には、どんなに退屈な単純作業であっても最後までやり遂げようとする意志の強い人と、途中であきらめてしまう人がいる。人間の内側では常に、何かをやり遂げようとする「動機の維持」と、つまらないから逃れたいという「動機の放棄」がせめぎあっている。そんな時、外からの刺激はとても新鮮だ。努力を続けるその決意は、一時の快楽を得る為にもろくも崩れ果てていく人も多い。

マイケル・トレッドウェイが率いる研究チームの実験で、「努力ができる人」というのは、「報酬が得られるかどうかわからない不確実な可能性」からも、ほんの少しだけど他の人より「快楽(左線条体と前頭前皮質腹内側部のドーパミン活性化)」を得ることができ、その一方で、自分の内なる「不満(島皮質のドーパミン活性化)」の声に鈍感でいられるという脳の働きをしているということが推測された。

要するに「努力できる人」は、努力を続けることで得られるかもしれないほんの少しの可能性の方からも「快楽」を引き出せ、なおかつ、「悪魔の誘惑」の声に惑わされない脳の働きをしているということだ。つまりは多大な努力をそれほど苦労と思わずにできる人なのだ。

「努力に勝る天才なし」とは言え、天才はその「多大なる努力」を続ける能力にも恵まれているということになる。




努力できるか否かは「遺伝」の影響を受けている

努力脳科学

「すぐれた音楽家は、その技能を獲得するために必要な長時間の練習ができるよう遺伝子にプログラムされている」と米ミシガン州立大学心理学教授のザック・ハンブリック氏らが発表
・双子850組を使って研究し、100%同じ遺伝子を共有する一卵性双生児と50%の遺伝子を共有する二卵性双生児を比較するというもの
・その結果「より多くの練習を行う傾向は遺伝の影響も受けている」という結論に至った。




スポンサーリンク




2014年6月、『Psychonomic Bulletin & Review』に掲載された新しい研究結果によれば、「すぐれた音楽家は、その技能を獲得するために必要な長時間の練習ができるよう遺伝子にプログラムされている」という。米ミシガン州立大学心理学教授のザック・ハンブリック氏らによって発表された。

音楽やスポーツなどの専門的技術の発達については、これまでにも「生まれ(遺伝)か育ち(環境)か」という論争が繰り広げられてきた。最近は 「遺伝と環境が相互に関連している」とする説が有力だ。過去には、エリート音楽家は20歳になるまでに平均して約10,000時間も練習に費やし、普通の (エリートと呼ばれる域に達しなかった)音楽家より数千時間も多いという研究結果もある。生まれつき音楽的な才能に恵まれていても、大成するには努力が不 可欠だとわかるが、今回の研究のユニークな点は、その「努力」さえも遺伝の影響を受けていると示唆した点だ。

エジソンは「天才は1%のひらめきと99%の努力だ」と言ったが、「努力」できること自体が天賦の才能であるらしい。

ネット上で明かされた努力の真相…相性の問題や成功保証無し
現代の若者の間では「才能>努力」という考え方が主流になってきており、その考え方を支持する著名人も出始めました。 ...
才能が無い人の悲しみの声とありがちな特徴、幸せになる2大方法
業界の第一線や、テレビ番組で活躍しているような人達は何らかの才能を持っている人達ばかりなわけで、そういったごく一部の才能豊か...


スポンサーリンク



その腐った環境から抜け出せ!努力が報われず無駄になる3大原因
いつまで経っても努力が報われないと嘆いている人は、そもそも努力の方向が間違っていたり努力の種類と自分の適性とが全く合っていな...

おすすめ!正しい方向の努力を解説した当ブログでの特集ページは↓からどうぞ。

努力の適性と戦略的撤退も含めた現実的で正しい方向の努力方法
「努力は誰にでもできる!」「努力は素晴らしい!」「ほんのちょっとだけやる気を出してみよう」などと、具体性を欠いた精神論と、い...

知能や努力の適性は何百という遺伝子の相互作用によって決定づけられるので原因を見極めるのが困難

努力脳科学

人間の遺伝子に書き込まれている遺伝情報を全て解読する「ヒトゲノム計画」が完了した現在でも、たとえば「数学が得意になる遺伝子」や「英語が得意になる遺伝子」が発見されているというわけではない。東京大学大学院教授で、分子生物学者の石浦章一氏がこう説明する。

「仮に、数学が得意な父親と苦手な母親の間に、数学が得意な息子が生まれたとしましょう。でも、コンピュータを使ってこの一家の遺伝子を詳細に調べても、父親と息子にあって母親にない遺伝子というのは、意外と見つからないんです。

これは、頭のよさが数百、数千というたくさんの遺伝子の組み合わせによって決まるせいだと考えられます。ですから、特定の遺伝子が原因で起こる病気などと比べれば、後天的な要因も大きいのではないでしょうか。

むしろ、一つのことをじっと考え続ける持続力や集中力などの能力が遺伝することの方が、学業には関係しているのかもしれません

たとえ知能そのものが完璧に遺伝するわけではないにしても、「辛抱強く勉強する才能」まで遺伝で決まってしまうのだとしたら—結局のところ、それすら持たない凡人には、逆転の余地はないのだろうか。

「芸術的才能は後天的なもの、つまり練習でなんとかなる。例えば、何年か音楽の勉強をした後では、脳の中の音を処理する部分が広がるということがわかっています。音痴の家系というのもまず見当たりません。

それに、発想力も遺伝では決まらないといえるでしょう。一般的に、20~30代でピークを迎え、だんだんと衰えてゆくような能力は後天的に鍛えられるものだと考えられます」(石浦氏)

事実、絶対音感は才能のあるなしにかかわらず、6~8歳頃までの訓練によって身につくか否かが決まるという。日本人には「勉強は努力、芸術は才能」というステレオタイプも根強い。だが専門家たちの意見を総合すると、どうやらこれは正反対—「勉強は才能、芸術は努力」と言ったほうが、遺伝的には実情に近いようである。

頑張る事から逃げまくる、努力する才能が無い人の特徴と人生
できる人にとっては生まれつき当たり前にできる「努力」、そしてそれと同様に、できない人には生まれつき当たり前にできない「努力」...
いつも努力できない人と努力できる人が違っている3つの点
まるで空気を吸って吐くかのように当たり前に努力ができる人が存在する一方で、どうしても怠ける方へ気持ちが向かってしまって努力が...




おまけ:ブログ管理人のこれまでの人生で感じた努力の性質

努力脳科学

  1. 人間は「努力を苦にしない人間」と「努力が嫌で頑張りたくない人間」がいる。努力が嫌な人を無理矢理努力できるようにするのは多分無理だし、努力を強要するのはむしろ余計なお世話に近いので、努力型の人は努力が有効に働く生き方を、頑張らない人は頑張らない生き方を、それぞれ選ぶのが適切だと思う。
  2. 「報われる努力」と「報われようがない努力(自身のレベルと目標のレベルの差があまりに大きすぎるような種類)」がある。努力で何でも叶う、という根性論は大間違い。努力に過度の期待と信仰を抱いてはいけないと思う。
  3. 努力を続ける人は克己心や向上心が育つので魅力的になる。努力を続けると熟練の武道家のような感じの物腰が身に付くというか何というか…。
  4. 人間は生まれつきそれぞれの「能力の階級」に振り分けられていて、階級間の移動は不可能のような気がする。(例えばレベル7という階級にいて、努力してレベル7.999999…まではいけてもレベル8には一生届かないし、堕落し続けてレベル7.000000…までは落ちても、レベル6.999999…まで落ちることはない、といったイメージ)
    ダイヤモンドの人、ルビーの人、ただの石ころの人、それぞれ階級が決まっていて、ルビーをダイヤモンドへ努力で変えたり、石ころをルビーへ努力で変えることはできない(そもそも石の化学的組成が分子レベルで違っている)。石を磨いてツヤを出して綺麗にしたり、無駄な部分や役に立たない部分を美しくカットして見栄えを良くするのが人間にできる努力の限界だと思う。
  5. 「努力→報酬」のスパンが短い種類の努力行為を取れる人は生きていて楽しいし、楽な生き方だと思う。例えば文章を書くこと自体が好きで日記を書いたり作文を書いたりすることそのものが楽しい、というたぐいの人。自分の楽しみのため、自分の欲のために努力できる人も楽しいと思う。
    それとは逆に、「努力→報酬」のスパンが長いような種類の努力行動を取る人はかなり生きづらいと思う。例えばテレビや文壇で有名人になりたいとか、自分の思想で世界をより良くしたいという使命感をもつ人は、努力が報われにくいので途中で心が折れやすいと思う。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ