芸大ってどんな大学?美大&音大の入試と風雅な講義内容まとめ

芸術大学講義内容特徴

教科書と問題集を相手にする一般受験とは異質な難易度の「芸術大学」の入試と、大学の講義内容は、ほとんどの高校生には知り得ないものです。

おしゃれなイメージがある芸術大学とは、どんな世界なのか?芸術大学の入試と講義について調べてまとめました。

スポンサーリンク

芸術大学の特徴

芸術大学講義内容特徴

芸術系大学と一言で言っても、芸術には様々な分野があります。
真っ先に思い付くのは、美術という人が多いかもしれませんね。美術もそうですが、漫画、落語、工芸、音楽など多岐にわたります。

美術分野では、絵画や版画、彫刻などが学べます。
中学・高校の美術の授業で触りはしますが、大学ではよりその奥深さを知り得ることができます。
工芸分野では、陶芸や和工芸、民族工芸など、学びたい分野によって異なりますが、制作をすることができます。

趣味で陶芸をする人が多いですが、興味が早くに出ると大学で学ぶことができます。
デザイン分野では、映像やインテリア、広告材料など、絵や文字を使った製品を生み出します。
とこのように、美術系と言っても、そこからさらに分野が分かれます。
人が生活する上の目にする、耳にする機会が多く、知らぬうちに生活に溶け込んでいることの多い芸術分野です。

芸術分野はまず、自分自身に強い興味・才能がなければいけません。
芸術系大学は、そんな人の集まりで、個性的な人も多いです。

芸術系の職業は、ヒットすると一般会社員よりはるかに稼ぐことができますが、それはほんの一握りの厳しい世界です。
優れた才能の持ち主が集う芸術系大学で、自分の才能のなさに落胆する人も少なくありません。

芸術系の職業は、自身で持つ才能が認められて、制作物が多くの人に受け入れられないとお金にならない仕事です。
趣味の範囲であれば自分が楽しめるので問題ないのですが、仕事となると少し違ってきてしまいますね。

とはいえ、大学は学問を追求して学ぶところです。
芸術系大学に在籍する教授陣はその道のプロばかりです。
また多くの才能ある人と出会うことで刺激を受けることは間違いありませんよね。

大学ってどんなところ?講義やゼミの大学生活の中身を完全公開
中学生・高校生の方や、高卒・専門学校生の方で、大学という場所や講義がどんなものかが気になっている人が多いと思われます。 ...




入学のために浪人は当たり前の厳しい世界

芸術大学講義内容特徴

東京芸大(以下「芸大」)が2016年度受験生向けの「大学案内」で公表しているデータによれば、美術学部入学者254名のうち現役は全体の 31.1%、1浪が26.8%、2浪が19.3%、3浪が7.5%、4浪以上が13.4%、その他大検等が1.9%という分布状況になっている。

約7割が浪人で、3浪以上の「多浪」も2割いる。

他の国公立大学、例えば東京大学では約7割が現役で3割が浪人。現役が明らかに優勢となっている。

現状の大学入試の趨勢とは真逆の芸大入試が、いかに「ありえない」特異な世界かがわかるだろう。

芸大受験生は現役の時から芸大合格実績をウリにする美術予備校に通い、競争率10倍の超難関に多浪覚悟で挑み続ける。

芸大入学者に出身校を問えば、ほぼ全員が高校名ではなく美術予備校名を答えると言われるほど受験産業ドップリ状態のこの「美校」入試に対して、さて芸大のもう一方の入試、「音校」入試はどのような状況に置かれているのだろうか? (※芸大内ではかつての東京美術学校と東京音楽学校の伝統から、美術学部を「美校」、音楽学部を「音校」と呼び習わす)

そこには、「美校」入試とは全く正反対の世界、実質的には受験予備校など皆無の個人レッスンのみの、これも世間一般から見たら「ありえない」世界が展開しているのである。

幼少期からヴァイオリンやピアノの個人レッスンをスタート。芸大あるいは附属の芸高(東京芸術大学音楽学部附属音楽高校)を狙う場合は、ある時期から芸大の教授陣(現・元)あるいは芸大出身の指導者に師事するのが普通だ。

「音校」入試でも、高校の音楽科や一部の音楽専門予備校といった受験対策のための「表の機関」が存在するものの、実質的には入試合否の鍵を握る専攻実技の力は、芸大教授陣に連なる門下、いわば「影の機関」において養成されているという現実がある。

当ブログでの別の芸術大学特集ページは↓からどうぞ。

芸術センスと努力とお金が必要…東京芸術大学ほか芸大とは?
一般人にはあまり縁が無くとも、小説や漫画を読んでいるとまれに見かける「芸大生」。風に聞く噂だけでも、芸術大学の入試倍率の異様...



スポンサーリンク



とにかく芸術の道はカネがかかる

芸術大学講義内容特徴

身内が芸大出身です。
通常の受験と違い、芸大(音大)の先生と弟子のつながりは、入学するずっと前から始まります。それはネットで調べて申し込むようなものではなく、才能、強 い意志、そして家庭の全面的協力の全てが揃うと見込まれた生徒にのみ、先生方の個人的なネットワークを通じてもたらされます。進学後は言うまでもなく、卒 業後、演奏の場や就職先が得られるかどうかも、これら先生方(演奏家)のネットワークに実力を認められるかどうかにかかっています。

あなたが真剣に芸大進学を希望するなら、相談すべき先はネットでなく、今習っている先生方です。出来ればレッスンの合間の立ち話ではなく、きちんと時間を 取って頂き、本気で芸大を目指したいこと、その為に今何をすべきか(楽器を変える必要があるかどうかも含めて)率直に伺って下さい。
先生には恥ずかしくて聞けないからネットで尋ねたのかな?ならば趣味に留めた方が幸せでしょうね。

お金のことについても、「なんとかなりますよ」というあいまいな話でなく、要項にある学費の他にかかる明文化されない出費(合格までのレッスン費用、楽器 や楽譜等の教材費、衣装、恩師のリサイタルのチケット引き受け、季節のご挨拶…)についても先生方にきちんと伺いましょう。もしかしたら「(ひと月あたり 10万じゃきかないけれど、うちの実家は裕福なので)何とかなっていましたよ」かもしれませんよ。

そして何より、あなたが音楽を専攻しようと思うなら、ご家庭の全面的な援助は不可欠です。
あなたは「なるべく親(周囲)に頼らずに」と思うかもしれません。その心構えは立派ですが、こと芸大進学を考えるなら、むしろ「実力を十分に磨きつつ、頭 を下げて頼れるご縁は全て頼る」くらいの気持ちでいた方が良いと思います。奨学金にしても、授与でなく貸与なら、卒業後安定した収入の得られる道に進めな ければ、結局返済を親御さんに頼ることになります。

ちなみにうちの身内は在学中、恩師から紹介される演奏の仕事の他は、全くアルバイトが出来ませんでした。(その仕事にしても、科の全員に等しく紹介されるわけではなかったようです)

芸術は何でもとにかく多額のカネがかかる。
一番安上がりな文芸ですら、研究対象の作家の全集をそろえただけで10万円だとか、すぐにそんなカネが飛んでゆく。
取材だの何だの言って専門書なんかを買いだしたら、もう本代はいつでも万単位、それで下宿の床が抜けるほどだ。
音楽やらの楽器の話、レコードやCD,ステレオの値段を考えたら、それだけでどうなることかと恐ろしい。
たぶん、百万や二百万のカネならいつでもポンと出す、それぐらいでないとやっておれないことだろうと思う。
しかも、芸能だの類の世界の住人は、三歳からバイオリンの英才教育、なんて当たり前だ。
才能だの親のコネだのというような話もあり、いくらカネがあってもどうにもならんようなこともある。
将来はプロとして喰って行くつもりなら、そうした連中と同じ土俵で勝負をすることになる。
それを承知で芸術の世界をお考えなのだろうか。
だったら私は何も言わないが。
趣味で済む程度のことなら芸大なんて止めた方がいい。




芸術大学の講義内容

音楽大学

美術系

芸術大学入学難易度解説

美大に通っている人が周囲にいないと、なかなかどのような生活を送っているのか知る機会がありません。
どんな大学であるのか調べてみたとしても、満足できる情報を集められないことは多いでしょう。
美大といっても、色々な学科があり、それぞれ特徴が異なります。

大きく分けると、デザイン系かあるいはファイン系に分類されます。
デザイン系というのは文字通りデザインについてのことを学びます。
デザインといっても、メディアデザインがあったり、プロダクトデザインがあったりするため、この中でも多岐にわたります。

基本的には商業デザインに関する仕事をしたい方に適しています。
企業で働いたり、デザイン事務所で商品のデザインをするなどです。
フリーでデザイナーとして働いている方や、イラストレーターの方の中には、美大のデザイン系の科で勉強をしてきた方が多いです。

一方、ファイン系というのはアーティストを志望する人の集まる科です。
こちらの方がより世間の美大のイメージに近づくでしょう。
彫刻や日本画、油画などで作家として、アーティストとして大成することを目指している人達が集まっています。

どちらの系統の学科に入るとしても、デザインについての幅広いことを学べます。
それは将来の仕事に役立つものもあれば、純粋に学問的なものも含まれています。
通常の大学とは異なったカリキュラムによる教育を受けていくことになります。

美術系の大学生の生活は…

美大には、一般科目としての座学と、実技として作品制作をする時間がそれぞれ半分ずつ存在します。
デザイン系の方がより技術訓練を目的とした課題が多く、課題の数も多くて、短い期間にどんどん制作していくことが求められます。
一方、ファイン系の方がもっとじっくりと一つの作品に集中して制作していきます。

自分の所属している学科やグループごとにアトリエがあり、そちらで作業を行います。
製作期間が長く設けられている場合、やる気のない人の中には暇な時間を過ごしている人もいます。
逆に、ずっと制作に没頭していて、他のことには一切手を付けないような人もいます。

ただし、同じデザイン系やファイン系であっても、何を専攻しているかによって雰囲気は大きく異なります。
放任主義でありとても自由なところもあれば、細かい部分まで管理されているケースもあります。

美大を受験する場合には、上記のようにそれぞれ雰囲気や特徴などが大きく異なっているため、どこに入るのかをよく考えておくべきでしょう。
たとえば、漫画やアニメの仕事をしたいという方はファイン系を選ぶよりも、デザイン系の方が良いケースが多いです。
周囲に自分と同じ業界や職業を目指している人が多い環境の方がモチベーションが高まるからです。

特にファイン系とデザイン系の違いはきちんと理解しておいてください。

音楽系

芸術大学講義内容特徴

音大とは音楽大学の略称であり、文字通り音楽や音楽学を専門としている単科大学のことです。
音楽に関するさまざまなことを学ぶことができるのが特徴です。
指揮や作曲、鍵盤楽器、管楽器、弦楽器、打楽器などの演奏技術を高めたり、学問的な知識を得ることができます。

通常の大学とは異なり、個人レッスンをメインとして教育手法を採用しています。
これはクラシックの世界では伝統となっている師弟制を格としています。
芸術大学の中に音楽学部が含まれているケースもあります。

日本には単科大学として国公立の音楽大学は一校も存在しています。
音楽学部が設置されている国立大学は東京芸術大学だけとなっています。
他には、公立大学として3つの大学に音楽学部が設置されています。

つまり、基本的には日本では単科の音楽大学は私立大学のみとなっているのです。
そのため、学費はかなり高く、そのために受験をするためのハードルが高くなっています。
学費が高い理由としては私立大学であるというだけではなく、個人レッスンがメインとなっていることにも原因があります。

また、学費以外にも、楽器を購入したり、それを維持するためにもお金がとてもかかります。
特にヴァイオリンを専攻している人では数千万円もする楽器を扱っているケースもあります。
どのような楽器でも良い物を揃えようと思えば数百万円のお金がかかってしまうでしょう。

そして、音楽大学を受験するような人は独学で勉強をしても合格は難しいため、先生を雇って特別指導を受けるのが普通です。
膨大な練習時間も必要となります。
そのため、誰でも簡単にチャレンジできるような世界ではありません。



仕事カテゴリーネットサービスカテゴリー健康カテゴリー美容カテゴリー恋愛カテゴリー教育カテゴリー知識カテゴリーお楽しみカテゴリー漫画カテゴリー小説カテゴリーアニメカテゴリーゲームカテゴリー購入技カテゴリー住宅カテゴリー趣味カテゴリータグブログ内検索トップページ